• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 145 ページ 「提供と停止」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 38 号)

Animal friendship 2
(種を超えた友情ごっこも良──なんかベトベトする)

(かつての?)「ジャンプ」マンガの三本柱である、「友情・努力・勝利」への皮肉が出ましたね!(「友情」と「感動」だったけれど)

「皮肉グルメ」の自分は、今週号の『HUNTER×HUNTER』と一緒に、おいしく いただきました(?)。

バトルマンガの多い「ジャンプ」では多くの場合、この三本柱が語られるのは、命懸けの場面です。ところが──、戦いも友情も「ごっこ」に見えることが多い。

自分は何度も何度も書いてきましたが、一対一で命懸けの戦闘をしている最中、「敵に背後に回り込まれる」なんて あり得ないから! そこから「九死に一生を得た」としても、何回も描かれると萎える……。

こんな調子では、『めだかボックス』で一番好きなキャラ・球磨川禊のように、「ジャンプ」を批判する登場人物が増えてきそうです。


同じような「メタ批評キャラクタ」は、ほかのマンガ雑誌にも いるのでしょうか?

──自分が知る限りでは、『さよなら絶望先生』くらいです。あのマンガは、「マガジン」どころか「ジャンプ」や「サンデー」にもガンガン食い込んでくるけれど。

負けたことに気付けない

七峰透の主張からすると、亜城木夢叶の 2 人に会社を見せるのは、完全に成功したあとでも良かったはずです。

でも、その「ガマンができずに先走る」ところが、いかにも七峰らしい! 自分の(にごった)目には、犬の耳とシッポの付いた七峰が見える……!

このページの構図も見事です。七峰のほうがエスカレータの下側にいるのに、発言は挑発的になっている。「下から見上げる上から目線」ですね。ややこしい!

七峰透作品 なんです

七峰は、まるで映画監督のようだ──という話は以前に書きました。本人も、十分に意識していたようです。

バクマン。 #119-1 「過信と宣伝」 革新的と言いなり : 亜細亜ノ蛾

サイコーの反論は「マンガは編集者と作っていくモノ」という一方的な決めつけであることに対して、七峰は「そのやり方だけではない」という提案です。客観的に見て、どちらが公平なのかは言うまでもありません。

肌の合わない編集者と組まされて、散っていったマンガ家たちも多かったでしょうね。亜城木の 2 人は この問題について、何一つ言い返せません。

七峰ほど明確な答えを示した人物は、誰もいなかった。

否定できない はずだ

現時点では、七峰の会社の方針について、サイコーとシュージンは文句を言える筋合いでは ありません。たとえば、七峰が亜城木に直接的な嫌がらせをしているとか、亜城木を引き抜きに来た──という話でもないし。

それにも かかわらず──、揚げ足を取るような文句を言い続けるのは、じつに亜城木らしい。この 2 人は、こうじゃないとダメですね! さすがは、「ジャンプ」編集部に何度もケンカを売っていたコンビです。

亜城木夢叶の 2 人から、七峰透のような「子どもが生まれた」のは、必然ですね!


ただ、亜城木は編集部に不満あるわけではなく、自分自身の作品に納得ができないだけでした(そのせいで編集部と読者を困らせるほうが問題だけれど)。基本的には編集部の方針に従っている。「ルールの盲点を突く」感じです。

それに対して、七峰は「週刊少年ジャンプ」というシステムに不服があり、壊して作り直そうとしている。じつにスケールが大きい。大きすぎて──七峰の器には入りきらない気がします。

七峰は、優秀な右腕を早急に確保したほうが良いと思う。このままでは、彼はパンクしてしまいます。彼の父親は、お金だけではなく、人材も貸すべきでしたね。絶対に社員は嫌がると思うけれど。

引っ張りだこですよ

このページから、ほかの出版社へも会社を宣伝する話が出て、なんだか雲行きが怪しくなってきました。たしかに、これだけの規模の会社を支えていくためには、「ジャンプ」一誌だけを相手にしていられません。

そうか、金もうけのことも考えていたのか……。

前回の七峰が言っていた、ボランティアという言葉を真に受けてしまいました。考えてみれば、息子の趣味のために大金を投じて会社を立ち上げるような お金持ちは、そうそう いませんよね。

富豪ほど、無駄金を惜しむものです。

担当とはやっていけない

正直 超悔しかった ですからね──と七峰が叫んでいて、個人的に大満足でした! まさに、「その言葉が聞きたかった」です。

「その言葉が聞きたかった」 ブラック・ジャックの名セリフを語るスレ:アルファルファモザイクだった

サイコーとシュージンへ この一言をぶつけるために──、ただそれだけのために、バカバカしいほど巨大な空間を七峰は作り上げました。

だから、どんだけ亜城木好きなんだよッ!!!!

七峰なら、ガラス貼りの女子寮(ごくり……)や、24 時間さわがしい娯楽施設などを、亜城木夢叶の仕事場のすぐとなりに建てて、嫌がらせしそうです。とくに前者は、ぜひとも作るべきだと強く強く思う。

[2] このページの一番上へ戻る