• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.314 「説得」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 39 号)

Wheat field / 小麦畑
(いつか見たコムギが──実るのは これから)

嵐のあとの静けさ──といった話でした。

メルエムが静かに階段を上る場面は、つい最近『バクマン。』の感想で書いた「ウヴォーギン対クラピカ戦」の直前を思い出します。

バクマン。 #145-2 「提供と停止」 イレギュラーとネームの元 | 亜細亜ノ蛾

あの時は、「嵐の前の静けさ」を表現していました。今回の王には本当に争う意志がなく、ただたんなる移動の場面というところが──なんだか悲しい。

大きな戦いが終わる時には、こんなふうに静かな風景が多いと思う。物事の終わりとは、そういうものですから……。

「円」の性質

現在の王が使えるようになった「円」は、あきらかにシャウアプフの能力が元になっています。「この光子からは誰も逃げられない」──という描写ですが、疑問が残りました。

ネフェルピトーやゼノが使っていた広範囲の「円」は、空間も壁も無視して、縦横無尽に広がります。それに対して王の「円」は、空中に漂う物体──言ってしまえば花粉のような存在として設定されている。

メルエムの能力は、その名前の意味(全てを照らす光)のとおりに、光の性質を持っています。そのため、光が届く範囲にしか使えないのかもしれませんね。

相手の情報を読み取れるという、「円」にしては便利すぎる能力だから、このような制約をつけたのでしょう。

たまたま今回は相手が近くの家に隠れていたから良かったものの、空気や光を遮断した空間(シェルタなど)に逃げ込まれたら、「制限時間」内に見つけられなかった。

同じ種として

つい先ほど、忠告まがいの発言をした臣下を殺す寸前だった蟻の王が、名も知らない人間の一喝を素直に聞き入れている──。

キメラアントの王が生まれてから今まで、彼のことを叱る者はいませんでした。それも当然のことです。「絶対の王」ですからね。メルエムを叱る権限を持つのは、女王だけでしょう。

そう、「王は王らしくあるべきだ」という意味を込めて、メルエムの土下座をパームは止めましたが、本来は女王の──母親の仕事です。

まるでパームが、メルエムの母親に見える──。

カレシ(ゴン)のことは許さずに反省文を書かせ、友人(キルア)は刺し殺そうとしたパームとは、とても同一人物には 見えませんね!(『HUNTER×HUNTER (21)』 p.136) あらゆる意味で、心も体も別人になっている。

あとから効く毒

なぜ、わざわざ「貧者の薔薇(ミニチュアローズ)」に「連鎖披毒者」を生み出す(後付けの)設定をしたのでしょうか? ──と いまさらながら疑問が再浮上しました。

プフが散ったのは、王の近くにいて「被毒」したから──ではありません。王に自分の体を献上したから──でもない。

薔薇の爆心地にいたから、プフは毒を受けて──無残な状態で放置されることになったのです。

(このあとプフは、正気に戻った国民たちに踏みつぶされるか、あるいは、何も知らないまま「被害者」として手厚く埋められるのだろうなぁ……、何人もの「披毒者」を出しながら)

王の命が消える理由も、「爆撃の際に受けた毒が回る」で良いはずです。そうしないと、困ったことになる。それは何かと言うと──。

彼女の毒

近距離で直接 会話をしているパームも、当然「被毒」しているはずです。それなら、コムギも間違いなく「被毒」してしまう。そんな状況で、メルエムとコムギを会わせるでしょうか?

──これには、2 つの考えを思いつきました。

1 つは、「人間として」のパームが、王とコムギとの再会を許した場合です。この場合は、以前の感想でも書いたように、「薔薇」用の解毒剤が用意されているのだと思う。

HUNTER×HUNTER #311 「期限」 貧すれば毒する | 亜細亜ノ蛾

「淋しい深海魚(ウィンクブルー)」で王たちを見届けるのも、コムギの症状を「視」(み)るためかもしれません。

もう 1 つは、「キメラアントとして」のパームの場合です。これは──、コムギという「昨日までは知らなかったヒト」には、犠牲になってもらうのでは……。パームが泣いていたり、キルアに謝っている意味も、これで説明ができてしまいます。

──ただ、解毒剤が存在せず、「短時間の接触だったから大丈夫」でもない限り、パームも生き残れません。それすらも、ストーリィに毒として織り込み済みなのかも……。

2011-09-07T12:50:13+09:00 追記

コメント欄でも書きましたが、「貧者の薔薇」の毒がどの程度の範囲に広がるのかが不明であるため、パームの意図が読み切れません。ヒトには冷酷無比になったのか、勝算のある作戦なのか──。

解毒剤の有無や毒の効力も、コムギと王の安否も、次回あたりで「普通の作品であれば」明らかになりそうだけれど──、あっさりと「後日談」が語られそうな気がするなぁ……。

また、「王は鼻血を出していた、だから被毒しているはずだ」(『HUNTER×HUNTER (29)』 p.199)という説は、今では疑わしいと思っています。あの時点で出血するほど毒が回っていて、現在のような健康状態でいられるのでしょうかね。

──『ろくでなし BLUES』の鬼塚みたいに、血を必死に飲み込んでいたりして。

王が生き残る方法

メルエムは、本当に もう助からないのでしょうか?

いま、「王の死期が近い」という前提で話が進んでいるのは、すべてパーム 1 人の言葉によるものです。メルエム自身も、パームの「念」から知ったことを信用しきっている。

ところが、モントゥトゥユピーのように何度も せき込んだり、プフみたいに吐血したり──といった症状が、メルエムには まったく出ていません。

王ほど賢明であれば、まだ最高の身体能力で動けるうちに、自分の助かる道を何通りも考えつきそうです。凡人の自分が考えても、いくつか思い当たりました。

たとえば──、おそらくこの国で一番の情報源であるビゼフ長官を、まずは見つけ出す。

彼なら、「薔薇」についても詳しいでしょう。知らない場合でも、「電脳ページをめくらせる」(懐かしい! 「インターネットで調べる」)ことで、解毒の方法が見つかるかもしれない。

同時にピトーも探せば、「玩具修理者(ドクターブライス)」で治せるという「可能性」にも、王なら たどり着きそうです。もちろん、ピトーの能力は外科治療に近いため、解毒は できないでしょう。それ以前に、彼(女)は もういない……。

しかし、ピトーの名を出した意図は、ほかにあります。

ビゼフの情報収集・処理能力を駆使すれば、ピトーのような特質系念能力者も探し出せるのでは? 「あらゆる毒が効かない」キルアがいるのだから、「すべての毒物を解毒する」能力者くらいは、何人もいるでしょう。

最後の選択

なぜ、王は自分が生き残る道を探さないのか。

──もう、どうでも良くなったのでしょうね。

「薔薇」の毒に対する処方を探している間に症状が悪化して、何もできないまま倒れる──という最悪の事態だけは避けたかった。だから、もっとも自分がしたいことに向かって行ったのでしょう。

仮に、王は被毒していないか、あるいは、プフとユピーのおかげで毒が抜けていたとします。いつでも神に近い存在として、この世を統べる力があるとする。

その状態でもメルエムは、静かにコムギと軍儀を打つ生活を選ぶと思います。人間たちを支配する意味も意欲も、すでになくなっている。

母との再会

ナックルやウェルフィンのように、メルエムも最期の最後の瞬間、その短すぎる生涯を振り返るでしょう。自分の母親のことを思い出すかもしれませんね。

王でありながら「女王の境地」に立った今なら、母親の気持ちも理解できるはずです。名前と一緒に、母が子に伝えたかったことも察するでしょう。

たとえば、こんなふうに──。

女王:
「メルエムや…… 最後に伝えるべきことがあります……」
メルエム:
「母上……」
女王:
「お前の尾に付いている針には…… どんな毒にも効く解毒剤が……(ガクッ」
メルエム:
「えー(遅いよママン!)」

いかにも何か ありそうなメルエムのシッポって、けっきょく武器としてしか使いませんでしたね(しかも針として使ったのは、名もなき幼女とコムギくらい)。ザザンの「審美的転生注射(クィーンショット)」みたいな発想も、当初は あったのでは?

おわりに

王や護衛軍との別れは悲しい結末だけれど、人類にとってはハッピィ・エンドと言えるでしょう。これで「キメラアント編」も すっきり終われるな──と思いきや、

ゴンさんのことを すっかりと忘れていました……。

これまでに明かされた情報から解決策を探ると、以前に書いた「グリードアイランドを有効利用する」しか思いつきません。

HUNTER×HUNTER 29 巻 「記憶」 「視」るだけでは分からない痛み | 亜細亜ノ蛾

幽☆遊☆白書』の浦飯幽助みたいに、髪の毛を切って寝たら元のゴンに戻った! というオチだったりして……。

ノヴ:
「ぐっすり寝たら 髪の毛が元通りになったよ」
パーム:
「(はぁと)」
読者:
「えー」

ついでにネテロ会長も元に──(もう寝てろ)。

[2] このページの一番上へ戻る