• 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.316 「本名」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 41 号)

saturday shopping
(妹が欲しがる物は──何でも与えられる?)

今回は、内容が盛りだくさんすぎでした! もしも某・作家が描いたら、この 1 話だけで 5 年くらいは引っ張れそう……だと……!?

そろそろ「キメラアント偏」も風呂敷をたたむ時期だと思われるのに、押し入れの奥から また大風呂敷を引っ張り出してきた感じです。ちゃんと最後には たためるのかなぁ……。

ほかにも「ジャイロは出てくるのか」とか「クラピカはネオンは どうする」とか「クロロは力を取り戻したのか」とか「リオ……レオリオ?」とかとか、広げっぱなしの風呂敷が散らばっているけれど。

戦い終わって……?

病院というと、イカルゴがキルアを連れて行った場所を思い出しましたが、さすがに設備が違いますね! 血だらけのナースが歩き回っていたり──はしない。

モラウの言葉を聞いて、「薔薇と一緒に散ること」こそがネテロ会長の責務だったのか──と思ってしまった。実際には、この会話の前に、会長の安否は知られているのでしょう。

「副会長派」とは

この「人間だか何だか分からない人物」も謎ですね! イカルゴのほうがヒトっぽい。

この人物は、パームのことを まるで敵側のように呼んだりして、モラウに反発するような発言が目立ちます。そのことから、彼(?)が副会長派なのでは──と思いました。隠し扉を開ける場面がアヤシイ!

しかし、ネテロ(元)会長に敬意を払う仕草からして、この人物は会長が好きだったんでしょうね。

そうなると、いまだに副会長の姿が見えてこない。

じつはゴレイヌ先輩が!? ──といったドッキリを狙っているのでしょうか。その線で行くと、誰が一番 意外だろう……。ビスケかな。

ゴンの容体

生命維持装置が必要なほど危険な状態にゴンがいるとは、思いませんでした。以前の感想で おもしろおかしく書いたような、「髪が ちょっと伸びた」程度じゃなかったのか……。

HUNTER×HUNTER #314 「説得」 最初で最期の願い | 亜細亜ノ蛾

全身から最大限にオーラと筋力を引き出したから、現在の彼は「しぼりカス」のような状況と思われます。普通の医療では「治療」できないでしょう。

キルアの向かった先が気になりますが、やっぱり──以前に書いたように、グリードアイランドじゃないかなぁ……。もしくは、都合の良い念能力者がゾルディック家にいるとか。

HUNTER×HUNTER 29 巻 「記憶」 「視」るだけでは分からない痛み | 亜細亜ノ蛾

「それはどっちの?」(『HUNTER×HUNTER (26)』 p.13)──というキルアの謎のセリフに、まさかの真意が書かれました!

ゴンが行こうと言ったのは、任務(チーム)として だったのか? それとも 友達として だったのか?

──キルアが疑問と不安を胸に抱いたことは、彼の気持ちがトレースできたら分かったはずです。自分で そこに たどり着けなかったことが くやしい!

冨樫義博先生は、こういった「答えが分かれば誰もが『なーんだ』と思える謎」を生み出す天才です。こういう謎を考えるには、もっとも高度な知能が要求される。答えを知ってから批評する「おりこうさん」の 10 億倍くらいは。

自分が ここのサイトのことを、「感想を書く場」と紹介している意味が、すこしは伝わったでしょうか。作品を「解釈」したり「解説」するなんて、恐れ多くて とてもできません!(本当に?)

「カイト」の正体は?

コルトが「レイナ」と呼んでいたキメラアントのセリフに、最近で一番ビックリしました!

あたちの 名前は カイト です !!

このたった一言に、いろんな可能性が頭に浮かんでくる。まるで、ウェルフィンが王の前で言った「コムギ…?」のように。

次回から『カイトと!』が始まるな──とかではなく。

同じ親から生まれた きょうだいなのに、メルエムは自分の名前を まったく思い出せなかった。未熟児として取り上げられた「カイト」は、あっさりと自分の名を思い出している。この対比も興味深い。

前回、「シドレ」がレイナだと判明した時に、「コルトが育てているキメラアントは何者だ?」という点までは感想に書きました。でも、そのコが自分のことを「カイト」と名乗るところまでは読めない!

HUNTER×HUNTER #315 「帰郷」 命など 火と血と死とで 奪われる | 亜細亜ノ蛾

──予想できないのも当然です。「カイトの肉体」は、何度も目にしている。それなのに、「カイトの生まれ変わり」が登場するなんて、誰にも(たぶん昔の作者にも)予測できないでしょう。

しかし──、本当にこのコはカイトなのか?

ネフェルピトーへの疑問

ピトーがカイトを独り占めしていたことは、ずっと不思議に感じていました。

キメラアントの女王に捧げられる「レアモノ」の中で、もっとも生きが良くて「栄養価が高い」のは、カイトだったはずです。(当時の)女王直属護衛軍であるネフェルピトーなら、まっ先に女王へ捧げなくては ならない。

今回の話で自分が考えたのは、2 つの可能性でした。

  1. カイトの脳だけを女王に献上した
  2. 再生したカイトは別の肉体で造っている

どちらも、「カイトの外見だけは再現できて、魂は宿らない状態」を作り出せます。ただ、1 番目の説は弱いと思う。極上のレアモノの一部分だけを女王に差し出すなんて、許されるはずがない。

ピトーがゴンに語った言葉を引用します。

「死人を 生き返らせる 事は…… 出来なかった」

「ボクの能力で 出来たのは 腐敗しないように 作り直す事と」「操る事 だけだった」

「彼の魂は もうここには ない」「もう…… 元には 戻せないんだ」

HUNTER×HUNTER (29)』 p.83

作り直すという意味と、カイトの魂の居場所(女王の腹の中)について、拡大解釈してみたのが、2 番目の説です。

つまり、別の人間の肉体を使って、「カイトのコピー」を創り出そうとしたのではないか。生まれたばかりのピトーは、魂の存在なんて知らなかった──。

ところで、よく考えてみると、ピトーの能力では死者は蘇らないけれど、女王は何人も「生き返らせて」いるんですよね。

封印されしネタ

良い機会なので、寝かせておいたネタを披露します。

ゴン:
「キルア…」
キルア:
「うん」「あのカマ… かなり ヤバイぜ」

HUNTER×HUNTER (19)』 p.142

「カマ」って、カイトのことかよッ!!

──えっと、本来であれば「口紅を塗りたくったカイト」のコラを貼り付けて、「カイトは どこか女性っぽい」(髪の長さ・手足の細さ)というネタを昇華させるつもりでした。そのまま 7-8 年も過ぎている。

性別なんて問題じゃない?

そもそも──、カイトが男性とも女性とも、作中ではハッキリとは描かれていません! だから、「レイナ・カイト」は、「彼女」の本来の立ち振る舞いをしているだけ──だったりして。

また、それとはまったく別に、幼いクルト少年は、「妹」の定義を知らない可能性もあります。自分より年下であれば、すべて「妹」と思っているのかもしれない(『めだかボックス』にも いたよね)。


それを言い出すなら、ゴンもキルアもクラピカも──ゴレイヌさんだって、作品の中で性別を明かしていないはずです。

ドラゴンボール』の孫悟空のように、「パンパン」して男か女かを確認する場面は、ハンター試験中のレオリオとレルート(『HUNTER×HUNTER (3)』 p.62-63)くらいでしょう。ヒソカのアレやソレだって、いくらでも疑える。

(ふと思ったけれど、『バクマン。』のヒロイン・亜豆美保が「男の娘」だった──という驚きのエンディングは あり得るだろうか)

混ざり合う魂

「カニの化け物」に おびえていたクルト少年は、師団長・コルトとして立派に勤めを果たしていました。その点にも疑問があります。

以前のコルトやイカルゴのように、「前世」の記憶が薄い者でも、自在に言葉を操っている。おそらく、個人的な記憶よりも、生きるために必要な知識のほうが優先して残るのでしょう。

自分が一番の不思議に思っているのは、「複数の人間の記憶・意識を持ったキメラアント」が現れなかったことです。「前世」を覚えている者は、全員が単体の記憶しか持っていない。

1 つの肉体には 1 つの魂が宿るということか。

あるいは──、受精時の生存戦略のように、キメラアントの肉体の中で「記憶の生き残り」を賭けた戦いがあるのかもしれませんね。

「複数人の記憶に苦しむキメラアント」というテーマで話が書けそうなので、あとは だれか たのむ。

おわりに

「キメラアントの部分」を上手に衣服で隠しているパームは、ドレスアップした美女にしか見えません! ゴンの次くらいに変化が大きい人ですよね。

彼女のことを知らない人が、「ベッドで一緒に泳ぐ」時には、驚くだろうなぁ……(オトナの『H×H』)。『レベル E』といい、作者は人魚好きなのかも。

最後にパームが見せていた涙は──、あれはキメラアントとしてだったのか? それとも人間として……?

[2] このページの一番上へ戻る