Sony α77 (SLT-A77VQ)

Jackpot!
(777──2 つで十分ですよ?)

カメラ・レンズの情報が満載の海外サイト・DxOMark にて、Sony α77 の映像素子をテストした結果が発表されていました! 早い!

DxOMark - Sony A77, measurements and review of the world-first 24 MP APS-C camera
DxOMark - Sony A77, measurements and review of the world-first 24 MP APS-C camera

英文で分量の多い文章に圧倒されますね!

肝心のテストは、リンクの先に 3 つも用意されています。α77 を含む 合計で 7 台分のテスト結果を比較する──のは大変なので、テストから漏れた Sony α900 を加えた 8 台分のテスト結果を表でまとめました

下で表にする 8 台は、以下のとおりです。

α77 は、どんな結果になったんだろう──。

センサ・テストの内容

下の 3 つの比較テストを──

──まとめた表は、こちらです。

DxOMark Compare camera sensors
↓項目 / カメラ→ α77 α55 α580 D7000 7D 5D2 D700 α900
総評: α77 は色の再現域が素晴らしく広い!
全体のスコア 78 73 80 80 66 79 80 79
色深度 (bits) 24 23 23.8 23.5 22 23.7 23.5 23.7
ダイナミック・レンジ (Evs) 13.2 12.4 13.3 13.9 11.7 11.9 12.2 12.3
許容できる感度の上限 (ISO) 801 816 1121 1167 854 1815 2303 1431

ご覧のとおり、α77 に搭載されているセンサは、色深度の項目が 1 番です! ダイナミック・レンジも上位に入っている。

フルサイズの Canon EOS 5D MarkII や Sony α900 と比べても、α77 は大差がありませんね!

──高感度での撮影を除けば。

ただし、α77 には最大4.5段分の手ブレ補正効果を発揮する、ボディ内蔵手ブレ補正機能がありますよ!

このメーカ公称どおりなら、低い ISO 感度のまま低速度で撮影しても、手ブレを気にする必要はなさそうです。

発売予定日の 2011 年 10 月 14 日が楽しみになってきましたね!

SLT-A77VQ | デジタル一眼カメラ“α”(アルファ)[Aマウント] | ソニー
SLT-A77VQ | デジタル一眼カメラ“α”(アルファ)[Aマウント] | ソニー

おわりに

上の表ですぐに分かることは、フルサイズのセンサは高感度での撮影に強い──ということです。カメラ通なら何度も聞いてきた「常識」ですね。

ところが、APS-C センサの Nikon D7000 は全体的にバランスが良い! しばらくは APS-C クラスのトップにいるでしょう。

Nikon D7000 - 名機 D90・D300S を古い機種に変える小型の狼 | 亜細亜ノ蛾

残念なことに、D7000 と肉薄しているα580 は、日本では売られていません。なんと もったいない! タイミングが良ければ、オークションで見つかりますけどね。

Yahoo! オークション: α580


わが愛しの 7D は「えへへっ」という結果でした。

しかし、このカメラの使い勝手の良さは、プロ用の機種しか比較になりません。手になじむ感じが たまらない。自分の手や目を拡張する感覚です。『HUNTER×HUNTER』の読者なら、「周」の 1 文字で通じるはず。

そろそろ 10 万円を切るか!? という価格に なってきた 7D も、絶対の おすすめです!

追記

2012-05-12T14:29:20+09:00 追記

キヤノン用・ニコン用のレンズ合計 80 本以上(!)も集めて、おすすめを紹介する記事を書きました! ここに挙げた最高級のカメラに合わせるレンズとして、ぜひ参考にしてくださいね。

[2] このページの一番上へ戻る