• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 148 ページ 「使い捨てと闘争心」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 42 号)

椿
(彼には──当分は縁がない風景)

今週号の「ジャンプ」は全体的に おもしろかった!

自分が感想を書いている『バクマン。』・『HUNTER×HUNTER』・『SKET DANCE』は当然のように楽しく読めたし(だから感想を書いている)、『めだかボックス』も意表を突いた展開で驚きました。

ああ、中学生のころから「ジャンプ」を買い続けて良かったなぁ──としみじみ思う、秋も(ついでに実年齢も)深まってきた今日このごろです。

どの作品も気合いを入れて書いてあったのは、もしかして『H×H』が巻頭カラーだったからかな──と今回の『バクマン。』を読んで思いました。現実世界の「ジャンプ」にも、「福田組」みたいな組合があるのかもしれない。

さて、今週も 4 回に分けて書いていきますね──。

小杉が OK を 出さなければ

編集長が追加した条件は、当然と言えば当然すぎる条件でした。七峰が小杉の言うことを聞くわけがないと分かっていつつ、体面を保つために出した条件でしょうね。

あくまでも、マンガ家は編集者と共同で作品を作らなければならない──「ジャンプ」では。

それならば、作品が面白くなかったり、打切りになった場合の責任は、編集者も何割かは負担しているのでしょうか? 「サラリーマン」に、そこまでのリスクはないかな……。


七峰は、普段からバカにしている担当者のことを、モノローグ(内心)でも小杉さんと呼んでいる。彼の「猫の皮」が かなり分厚くて、本人と一体化しているからです。

それ以前に、お坊ちゃまだから「育ちが良い」という面も大きいでしょう。環境も才能も恵まれている彼なら、その気になれば何でもできるはず。うらやましい!

──と思ったけれど、コミュニケーションに強い点と作画のほかには、七峰の才能について何も知らなかった。

じつは七峰は、世界チャンピオンにも片手で勝てるくらいの、ビリヤードの大天才だったりして。それがうっかり『この世は金と知恵』にハマったせいで、マンガの世界に……(『さよなら絶望先生』に出てきた「天は二物を与える」ネタ)。

そんな 厳しい 条件を

東や新井たちのようなベテランのマンガ家は、良い原作者と組ませることで いくらでも復帰できる。それなのに、編集者はその努力をしてこなかった。

──このブログでは何度も追及していることです。

その件を、軽~くサラッと語っている服部が気になりました。サイコーも(いつものように)カラッと乾いた ひとくちコメントを添えている。

ひとりの作家の人生を左右する大ごとなのに……。


経歴 年齢に関係なく 面白ければ 連載が獲れる──。ここで重要なのは、「面白ければ」の 1 点です。

つまりは、ストーリィが──原作さえ良ければ掲載される。極端な話、絵がヘタでも話が おもしろければ楽しめますからね。──ただ、あまりにもヘタな絵だと、読む前に拒絶するけれど。


自分の感覚で言うと、いまから数年前までは、「話はつまらないけれど、絵は美麗!」というマンガが多かった気がします。

あるいは、似たり寄ったりな「ゆるふわ日常系マンガ」とか。そういった作品は、これから自然に消えていくでしょうね。

それなら、1 冊丸ごとイラストの雑誌を作っては?

いや、『季刊 S』などの存在は知っているし好きな雑誌ですが、それらはカラー・イラストが主体です。

そうではなく、モノクロのイラストを主体にする。作家 1 人が毎月 20 枚くらいのイラストを描いて載せるのです。

よくあるこの手の雑誌とは違い、インタビューやマンガを載せずに、あくまでもイラストのみで勝負する。

「マンガ雑誌」のマンガ部分を、そのままイラストに換えたような雑誌ですね。月に 1 冊くらいは、そんな雑誌があっても良いのでは?

──まぁ、すでに存在しているけれど自分が知らないだけか、売れずに廃刊になったか、いずれかでしょうね。

ならば その機会を 与えよう

お互いの顔を見合わせているサイコーとシュージンが、なんだか笑えました。「おいおい こいつ何か言ってんぞ……」みたいな表情をしている。

ちょっと「白ドラ」(白けた表情をしたドラえもんと のび太)を思い出しました。

this is 白けズム~「白ドラ」の世界~


ひとりで爆発している福田を中心にして、「七峰透の連載と戦う!」という話から、その前の段階──「読み切りを潰す!」という展開に変わっている。あいかわらず展開が早い!

某マンガは、「一対一の戦闘中に後ろから攻撃される」という、真剣勝負では あり得ない展開を 2 回やっただけで、今週は終わったのに。

3 位以内に 入らないと

75%の作品が 3 位に入っているとはいえ、残りの 1 本はシンジツコーポレーションにとって汚点ですね。

原作が良くても、絵に力がなければ票は取れない……。

その点、七峰が自分で描いた作品は、ちゃんとアンケート票を集めています。彼の絵の才能はずば抜けていますね!

だったら最初から七峰が自分で描けよ──と言いたくなる。「用意周到で回りくどい──くせに短気」という やっかいな性格だから、仕方がないですね。

2 月末くらいの 号ということも

この場面では、七峰は読み切りだから『PCP』も一話完結の話にして、正々堂々と戦う──のかと思っていました。

今まではシリーズの 一番盛り上がる回を ぶつける作戦で やってきたのに、なぜ急に別の方法を試すのか──。


今年も正月休みを返上してマンガを描くつもりのサイコーは、やっぱり──亜豆に会う気はないようです。

女性という生き物は、そんなに放っておかれても恋心が冷めないものなのでしょうか……?

シュージンは、ちゃんとカヤの相手をするのでしょうね。『バクマン。』もあと 50 話くらい先には、「シュージン・カヤの子育て日記編」が始まる、かなぁ……。

[2] このページの一番上へ戻る