• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.318 「遺言」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 43 号)

#465 小鷺天使 Guardian Angel
(この世には光が満ちあふれ──母は子を はぐくむ)

いつも この冒頭の部分では、内容と関連しているような・いないような、ボンヤリとした話やネタを書いています。本編を未読の人が来られた時に、楽しさを台なしにしない配慮ですね。

あたちの 名前は」を貼り付けた人は、10 年間インターネット禁止の刑を食らうがいい!(じつは本誌の発売前に見てしまった)

そうすると、今回は何も書けなくなってしまう。

でも、べつに「冒頭にはネタバレは書かない」ルールを決めたわけでもありません。記事を読むことで、一段と作品を楽しみたくなるような、興味を刺激する文章を目指しています。

──何重にも自己弁護を張り巡らした上で書くと、新しい章に突入しました! 良かった、今回のシリーズで終わりじゃなかったんだ!

光が届かなかった闇

何ページも黒塗りの場面が続きます。これは、コムギの視点でしょうね。彼女はずっと、気配と音だけを頼りに生きてきました。

全てを照らす光」との祈りを込めて母親に名付けられたメルエムの姿も、コムギの目には見えない。彼女の視界の闇には、彼の光でも照らせなかった。

しかし、軍儀の盤上では、コムギは誰よりも「世界」が見えている。そしてこれからも、より広い宇宙を開拓していく──はずでした。

王との対局中に「目覚めた」コムギは、あとすこしの訓練で念を使いこなせたはずです。「円」を会得すれば、目の不自由さからも開放される。

軍儀以外のコムギの素質については不明だし、そんな「よそごと」には時間を使わなかったかもしれません。

いずれにせよ、すべての可能性は絶たれた──。

すべては王ひとりのために

「キメラアント編」は、失われたモノが多すぎます。

数多くの命が、女王の腹の中に消えていきました。その中には、将来が有望な子どもや若者も含まれていたし、以前から登場してハンターになった人物もいる。

たぶん、彼(女)も消化された命の 1 つでしょう。

HUNTER×HUNTER #316 「本名」 子どもの駄々には正面から向き合おう | 亜細亜ノ蛾

そのすべてが、王のためでした。コムギの将来を奪ったのも、言ってしまえばメルエムの わがままです。

軍儀に関して言えば全宇宙で もっとも優れた才能を、彼のことを一番 愛してくれた人間を、もっとも彼が愛したヒトを──、自分のせいで死なせてしまった。

すべては神の御業・仕業

ところが、誰もメルエムを責められない。

客観的に見れば、「極悪非道な化け物」が「無実の人間を犠牲にした」話なのに、なぜか感動してしまう。なんだったら、コムギと一緒におやすみ なさい… メルエム…と言いたくなる──。これが不思議で絶妙です!

こんな物語は、冨樫義博先生にしか描けないし、マンガでしか表現できません。

毒と血に まみれたコムギは、音声付きの映像で観ても、文章で再現しても、違う印象になるはずです。ホラーになりそう。

おやすみなさい

最期の最後にコムギから名前を呼ばれて、さぞかし安らかにメルエムは眠れたでしょうね。

よく考えてみると、『H×H』の世界には「死後も残り続ける念」が あるのでした。

もしもメルエムがコムギと出会うことなく、ネテロ会長が「貧者の薔薇(ミニチュアローズ)」を使っていたら──、恨みがこもった王の念は、死後に「全てを照らす」として猛威を振るったかもしれません。

穏やかな最期を迎えられて、本当に良かった。

同じく世を去る者

ようやく長い長い物語が幕を閉じたと思いきや、「ハンター会長選挙 編(仮)」が続けて始まりました。

──って、なんだ このコミカルな口調は!

「マジメな話をしている時ほど、鼻毛とかが気になるよね」というテレビ的な小ネタをカマしてくるところが、じつに作者らしいですね。数ページ前との温度差で、ハリケーンが発生しそう。

しかし──、どう考えても、副会長派や「上の者」の策略によって、ネテロ会長は「言わされている」に違いない。強制的に「遺言」を残させる本当は残酷な場面でありながら、ついつい笑ってしまう。

この手の皮肉を描かせても、作者は天下一品です!

つどいし者たち

ハンター協会の本部に集まってきたハンター・十二支んたちは、後ろ姿からでも分かるくらいに、ド派手で個性的でした。ちょっと『ジョジョの奇妙な冒険』っぽいセンスですよね。しかし──、

陰獣」以下の においがプンプンするぜッーーーッ!

この人たちの顔などは、選挙の本編に出てこないのでは? そもそも次回には消えていて、キルアたちの話に移りそうです。

中央付近にいるバニーさん(バーナビー・ブルックス Jr. 的な意味ではなく)くらいは、活躍して欲しいですけどね。


あと気になるのは、右下にいる「細身で長髪のシルエット」でした。これは──キルアの兄・イルミでは? 彼もハンターだから、たしかにハンター協会の中で のし上がった可能性はある。

しかし、ゾルディック家にメリットは ないような……。あ、それも「偉いさん」から依頼された仕事という可能性は あるか。


左から 3 番目のシルエットは、あきらかにゴンの父親であるジン・フリークスですよね! ネテロも認めた念能力者だから、それなりの地位にいるのは当然です。

ジンが「十二支ん」だった場合は、何の動物だろう?

丑(うし)・寅(とら)・卯(う)──あたりは確定として、ほかの十二支も消していけば分かるのでしょうが、それは みんなに任せた!(誰?)

完全に たんなるカンで、ジンは辰(たつ)と予想しておきます。ドラゴンっぽい獣に乗っていたから。

2011-10-05T16:06:06+09:00 追記

「十二支ん」についての感想を追加しました。

おわりに

母親が子を生む準備の場面から始まり、まるで我が子を抱く母親のような少女で終わる──。こうして「キメラアント編」は幕を閉じました。

まるで 2003 年から続いていたような、長~~~い数か月(数週間?)の話でしたね。ゴンの容体やノヴの髪の毛など、まだまだ問題を残していますが、ひとまず区切りです。

「キメラアント編」とは何だったのか──。

ひとりの だだっ子が暴れた記録でしたね。

直接メルエムと対面して生き残っているのは──、ゼノとウェルフィン・パームだけかな。会話らしい会話をしたのは、後半の 2 人だけでしょう。

できることなら、キメラアントの王を たんなる「生物災害の記録」としてだけではなく、孤高で孤独な ひとりの男として、狼と人魚の 2 人には覚えておいて欲しい。


この世を去るときに、ありがとうと言える存在が近くにいて、こちらこそと返してくれる──。なんて幸せなのでしょう。

文字どおりに「有り難い」できごとが、世界には普通に充ち満ちている。

この国に生まれて、この時代に生き、この作品に巡りあえた。その奇跡に、ありがとう!

[2] このページの一番上へ戻る