• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.320 「投票」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 45 号)

Steve Jobs memorial outside Apple Store Chicago
(花以外にも──贈り物はある)

毎週毎週 『H×H』が面白すぎて、生きるのが辛いです(HOT という意味)。ひとことで言うと今回の話は、

「同窓会回かい?」

──といった感じの一話でした(「2 点」)。

この冒頭だけは、いつもネタバレを避けているのですが──、そんなことは自分で勝手に決めただけなので、あっさりと書いちゃおう。

懐かしい登場人物たちが、たくさん出てくるでェ!

5 マイナス 1 のルール

投票者は 必ず名前を 記入することというルールは、前回でチードルが否定していました。その理由は、パリストンに有利だから──、つまりは「副会長派」が裏切れないからです。

「おもしろいから」記名式を強制しているジンですが──、その真意は読めません。自分が 楽しむことしか 考えねェと評されているけれど、そんなに単純な人物ではないことは明らかです。

最高責任者を決める やり取りは最高でした!

ジンは何も考えていない──と読者に思わせておいて、チードルやサッチョウですら気がつかなかった「裏技」を出すことで、彼の賢明さを表現する。

その一方で、すぐにルールの弱い点を突いてくるパリストンも見事です。揚げ足取りが上手すぎる。

この場面によって、ジンとパリストンが「思考の瞬発力」の面で対等であり、残りの 10 人は一段以上は下がるような印象を受けました。

あいかわらず、作者の人物描写は神がかっていますね! 人数が多いのに「キャラが立って」いて分かりやすい。

しかも、まだ作者に だまされているという──。

四つで十分ですよ!

マイペースだけれど「ちょっと」切れ者だな──といったジンのイメージが、2 日前の場面で一変しました。「十二支ん」の中で最高の頭脳を持った人物かもしれません。

前回のラストでビーンズは、これが ハンター !! と心の中で叫んでいました。けっこう不思議なセリフだったけれど、今回のおそろしいと同じで、ジンひとりに対する言葉だったのか!

ジンが つぶやいた四つ… いや 八つ だなというセリフは、また新たな謎を残しました。

シンプルに考えると、今回で採用された 4 つの条件が通らなかった場合を想定して、あと 4 つの案をジンは考えてあるのでは?

そして その案は、『レベルE』に出てきた「マクバク族から人類を守る もう一つの方法」のように、けっして語られることはないのでしょうね。作者も考えていない──と見せかけて、読者よりも斜め上の発想を、誰にも語らず墓まで持っていく気だったりして。

──冨樫先生の毒は我々の身近に 存在し これらから 身を守る方法は 将来にわたり皆無である

ところで、手近にある物を利用して「くじ引き」をする──、と見せかけて仕込みがしてあったという展開は、『カイジ』を思い出しました。

料理と同じで勝負にも、始まる前の下ごしらえが肝心です。そんな余裕があれば──の話だけれど。

献花と献本

第 13 代会長総選挙は、同時にネテロ前会長の葬式でもある。投票よりも、献花と祈念のために訪れたハンターが多いでしょうね。深夜から並ぶ人なら なおさらです。

この「花を捧げる風景」は、不謹慎ながら、時期的に狙いすましたかのように見えました。「被毒者」といい、不吉なタイムリィさが続いている──。

アップルストア銀座に献花が集まる、ジョブズ氏の訃報受け -INTERNET Watch

ところが、湿っぽくならないところは冨樫流でした。

供えられた花たちに まぎれて──いや、まぎれず目立つ位置に、アダルティな華が咲いています。同じ「大人向けの雑誌」好きのビスケが、シレッと飾っている姿を思い浮かべました。

ネテロ:
「はーっ また表紙に 騙された…(あの世にて)」
ビスケ:
「けけけっ」

ハンター試験中、メンチに向かって会長らしい威厳のある言葉を吐きながら、チチ でけーなと心の中で思っていた(『HUNTER×HUNTER (3)』)ネテロのことだから、ずっと現役で「お盛ん」だったのでしょう。

──ふと思ったけれど、ハンターたちの何人かは、ネテロの子孫なのでは? 某・有名「ジャンプ」マンガのように、全員が兄弟だったりして。

あの人は いま

懐かしい顔ぶれが並ぶ中、「ポンズやポックルは いないの?」などと不謹慎なことを書きそうになりました(←書いている)。しかし──、こんな展開もあり得ますよね。

ポックル:
「あたちの 名前は ポックル です !! 」
ハンゾウ:
「うお イメチェンか?」
ポックル:
「敵の女王に 食われました」
ハンゾウ:
「何だよ まさか 負け
ポックル:
「負けたよ!」

(途中から『HUNTER×HUNTER (22)』ネタ)

でも、ポンズは──、奇跡の復活劇もムリなはず……。シャウアプフみたいに、「じつは蜂の一匹が本体だった」みたいなことでもない限りは。

「ポ・コンビ」たちと同様に、キメラアントの討伐に向かったハンターは、ほかにもいたはずです。再登場したハンターの中には、アリになった人物は いなさそうですね。

いや──、もしかして、ゴレイヌ先輩がッ!?

非・密かに登場!

大好きなヒソカが久しぶりに見られて感激です! いつものように不敵な態度な点と、尻デカ衣装が面白かった。

ヒソカはハンター試験に 2 回しか出ていないはずなのに、ミザイストムやカンザイ・ピヨンが知っているくらい有名なのですね。

というか──、ヒソカは大量殺人の指名手配犯なのでは? せっかく「十二支ん」が 3 人もいるのだから、本来は取り押さえるべきだと思う。殺人鬼にライセンスを普通に与える協会だから、ナニヲイマサラか。

イルミが大昔の格好で出てきたところと合わせて、アニメを見たファンへのサービスかもしれませんね。だったらヒソカは、「なんだ ギタラクルか」とイヤミを言って欲しかったけれど。

ファン・サービスといえば、クラピカとレオリオが見たかった! ベラム兄弟でさえ参加しているのに(しょげた表情が似合わなくて笑える)。

あと、ヒソカが 95 点… !! と感じた場面では、「ついに モタリケが来たかッ!!(ガタッ」と思──わなかったけれど、ゴレイヌ神は 256 点くらいだと思う。

ゴレイヌ最強伝説 : 2のまとめR

弟が心配

まるで何年も続いていたようなキメラアントとの戦いを、たった一言二言で まとめてくれるイルミは親切ですね。長々と話しても、ヒソカはすぐに忘れるからでしょう。

この見開きページだけで、疑問が山積みです!

  • もしもヒソカとネテロ・メルエムが戦っていたら?
  • クロロの念能力や生死は?
  • キルアはシルバに何を頼む?
  • なぜゴンだけではなくキルアも死ぬ?
  • ゾルディック家のもう 1 人の弟とは?

キルアが向かった先は、グリードアイランドでは ありませんでした。何度も何度も過去の記事へリンクしているけれど、アイテムの組み合わせでゴンを救えると思うのですが──。

HUNTER×HUNTER 29 巻 「記憶」 「視」るだけでは分からない痛み | 亜細亜ノ蛾

これは「もうそんなレベルじゃないと思います」状態なのかもしれない。

ドラゴンボールのアックマイト光線についての考察~もしくは富樫先生がドラゴンボールを描かれたら - tyokorataの日記

複雑な兄弟

では、どういう状況なのか──。自分もイルミ ちゃんと説明しろと思いました。

話の行間を読むと、「いままで未登場だった弟の能力を借りるために、キルアは父親に頼み事をしている」という感じでしょうか。でも、それなら、弟に直接 言うことだよなぁ……。

その弟とやらは、かなり危険な人物なのかもしれません。そのため、地下か どこかに幽閉してあって──とか? どうも話が つながらない。

このゾルディック家の兄弟が集合している写真は、「カルトが幻影旅団に入った理由」を回想する場面で出てきました。兄を取り戻すために、カルトは入団したという──。

「取り戻す」という表現も絶妙です。「どこかに囚われている」とも取れるし、「現在は正気ではない」とも読み解ける。

イルミ以上に兄弟思いの人物で、キルアのことを心配するあまり──あるいは嫉妬して、ゴンもキルアも殺してしまうような人物なのでしょうか。

何度も繰り返す

第 1 回目の選挙結果が出ました。この「名前が並んでいるだけなのに楽しめる」感覚は、『幽☆遊☆白書』のラスト付近を思い出しますね。

レオリオ:
「──で 誰が会長になったんだ?」
キルア:
「だから その イックションペって おっさん」

16 位以上のハンターを対象に再選挙が行なわれるわけですが、現時点でパリストンが絶対的に有利です。

投票率が 95% 未満であれば、人数を減らして再選挙になる。このルールだと──、全体の 5% を無効票・欠席票になるように「副会長派」の人間が調整すれば、最後まで やり直しになります。

とはいえ──、「副会長派」の絶対数は 249 名しかいません。全会員 661 名の半分には満たない。今後の再選挙で この数が増えなければ、「会長派」(に見える)チードルに票が集まりそうです。

ただ、再選挙のたびに投票率は減るのでは?

前回の感想に いただいたコメントで、会長選挙をハンターのほぼ全てに投票させること、が達成難度”D”なのでは──との意見をいただきました。

コメントに対して自分は、「いやいや、会長になることが D でしょう(キリッ」と返したのですが──、選挙の成立自体が難易度 高すぎでしたね! また自分の読解力が足りなかったか……。

ちょっとだけ(ミザイストム 3 人分くらい)くやしいので、「95% の投票率は難度 D・会長になるのは難度 A」という意味だと思っておこうっと。

コメントで書いたようなルールに変更しない限りは、投票率を増やせないと思う。ネテロもジンも、意地の悪い決めごとを考えたよなぁ……。

実際の選挙でも「無記名投票」が行なわれているので、 協会の人間がハンターの元へ票を取りに行き、 断わられたら無記名投票と見なす──と決めれば、 投票率 100% にもできますよね。

HUNTER×HUNTER #319 「抽選」 つわものどもが夢の跡継ぎ | 亜細亜ノ蛾

おわりに

最後のコマで、ほかのメンバからジンはアホ呼ばわりされています。しかし、このビーンズとの会話すら、ジンの計算なのでは──と思う。

ここで派手に騒ぐことによって、選挙の最高責任者であるビーンズだけが投票権を開示できる──と強調されました。パリストン以外の「十二支ん」が不正を行なうとは思えないけれど、いちおうの防止策になるわけです。

でも──、逆に言えば、ビーンズが裏切り者だった場合は、投票の結果を完全にコントロールできる。自然な形で会長を決められるのです。

いや、そもそもこの作品には、「念能力」が出てくる。操作系の能力者にビーンズを操られたら、すべてが終わりです。

ジンもマイペースな性格なので、そう言えば操作系能力者っぽい。まさか──!?

ジン:
「いつから 念能力を使っていないと 錯覚していた?」
ビーンズ:
「なん……ですと……!?」
パリストン:
「そう思って 僕も“挟み込んで”おいたよ」
ビーンズ:
「なん……ですと……!?」
サッチョウ:
ジン・パリストン・ビーンズ
「サッチョウのオーラが……消えた……?」

サブタイトルの元ネタは、下の短編集からです!

『心の鏡』に『アルジャーノンに花束を』の原点あり | 亜細亜ノ蛾

[2] このページの一番上へ戻る