『バクマン。』 151 ページ 「ゾンビと悪魔」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 45 号)

Christmas Cat */* Gatinho Natalino *** + de 40 mil visitas em 1 mes!
(こんなサンタなら──人間じゃなくても いいな)

主人公に 洗脳されちゃうで あろう ちょっと 可愛そうな ヒロインという設定だけで、ご飯が何杯もいけちゃうじゃないですか……! そう強く思った一場面でした。

このエグイ設定を「味付け」程度に使うと、亜城木夢叶の強力な武器として使えますね!

おそらく新妻エイジからは、こういった発想は絶対に出てきません。彼のことだから、どろどろした人間関係を描いた作品も観ているはずだけれど、作品には表われない。

作家のインプットとアウトプットは、別口なのです。

いけるよ このやり方

この黒い衣装は『D.Gray-man』の「黒の教団」っぽいなぁ──と思って久しぶりに見てみたら、全然ちがった。この手の制服は よくあるし、サイコーも本気でデザインしていないでしょう。

キャラクタのデザイン案から原作をふくらませる方法は、じつは実際にも行なわれていました。

DEATH NOTE』の連載時に、小畑健さんのキャラデザを見て、大場つぐみさんが性格を固めていった──という話が『DEATH NOTE (13)』に載っています。おそらく、『バクマン。』も同じなのでは?

とりあえず 主要キャラは

シュージンはノリにノっているけれど、サイコーは物足りなさを感じている──。この「温度差」が あるまま話を進めて、良い結果になった試しがありません。

やはり邪道は、王道には勝てないのか──。

王道バトルの 主人公のような

『DEATH NOTE』のリュークは、外見だけを見れば「いかにも悪魔」でした。実際には死神ですが、ありがちなデザインであることは間違いありません。「主人公の家に居候する異世界の住人」という点でも目新しくない。

ところが、「傍観者」という設定が最高に面白かった!

リュークは、主人公の夜神月に同調しない。それだけではなく、何の感情も抱いていなかった──と分かるラストが素晴らしかった! 彼は最初から最後まで、人間では なかったのです。

死神は、ただたんに「面白!」だけを求めていた──。

以上から考えても、登場人物は分かりやすいほうが良いですね。あまり奇抜なデザインを出されても、「──何のマンガ?」となってしまう。

だから、悪魔だから 黒を多くは正解です!

魔法少女まどか☆マギカ』だって、見た目は「魔法少女アニメ」ですからね。ただし、中身もその通りだったら、こんなにもハマらなかった。

“魔法少女まどか☆マギカ” アーカイブ | 亜細亜ノ蛾

思いっきり エグいの

てっきり、「やっぱり邪道は やめよう」とサイコーが言い出すのかと思いきや、まったく逆です。これには驚きました。

いつものように遠慮のない物の言い方が、サイコー☆クオリティです。たしかに、「ジャンプ」らしからぬエグい話が書けること──はシュージンの得意技だけれど、何だか非難しているようにも聞こえる。


いまでは「ケータイ」というと、シュージンが持っているような「スマートフォン」を指すことが多くなりましたね。サイコーが使っている折りたたみ式の携帯電話は、「ガラケー」などと呼ばれたりする。

ガラケーとは - はてなキーワード

個人的には、iPhone などのタッチパネル方式は、「道具を使っている感じ」がしなくて、好きではありません。手応えがない。その感覚も、もう古すぎるのでしょうね。

しかし、この場面のサイコーのように、「何かを思いついた!」と表現するには、古いタイプの携帯電話のほうが向いている。たとえば据え置き型の電話なら、「もういい!(ガチャン!)」と怒りも表わせる。

そうは言っても、人物の表情や動きで十分に感情は描けます。あらゆる機器からボタンなどの操作感覚が失われても、そんなことで困る作家は いないでしょう。

もう ネーム できたって?

このページに来るまでは、雄二郎のように自分も、ゾンビ かーというモヤモヤした感情でした。『CROW』が好きだった読者も、その気持ちは同じなのでは?

ところが、雄二郎の反応からすると、その面白さが すぐに分かるような、良い意味で「シンプル」なマンガのようですね。

設定を凝るだけ凝って、いつの間にか大半の設定を作者も忘れてしまうような作品よりは、何倍も良い。


いまごろ気がつきましたが、『CROW』が終了しても、エイジは背中の翼(羽ぼうき)を外していませんね。あれは、主人公に なりきるためのアイテムだったはず。

今後のエイジは、クロウではなく、ゾンビの格好が定番になるのかも。ちょっと寂しい。というか──、女子の人気が下がりそうな気がする……。

[2] このページの一番上へ戻る