『バクマン。』 153 ページ 「世界と相手」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 47 号)

Silver Persian Chinchilla Kitten
チャンチャラおかしいって──私のこと?)

亜城木コンビの態度が、すこしだけ気になりました。

自分たちの作品である『REVERSI』の連載について話しているのに、他者の作品──新妻エイジの『ZOMBIE☆GUN』を引き合いに出している。

いや、当然の主張ではあるのですが、いつもの 2 人なら、『REVERSI』のことだけを話すはずです。亜城木らしくない。

たとえば、「『ZOMBIE☆GUN』は読み切りのつもりで書いた」なんてエイジが言いだしたら、サイコーもシュージンも『REVERSI』の連載を あきらめるのでしょうか。そうは ならないはず。

うわ……私の感想、気にしすぎ?

大体 亜城木くんは

港浦グッジョブ! な場面でしたね、珍しく。元・担当者だっただけに、亜城木夢叶の応援をしたくなったのでしょう。あるいは──、

班長が雄二郎なら「反論しやすい」と思っただけかも。

雄二郎のなかでは、「『ZOMBIE☆GUN』は当然のように連載まで持っていく」と思いつつも、「『REVERSI』は読み切りだけだろう」という脳天気な考えだったらしい。港浦にツッコミを入れられるのも当然の、スカスカな思考です。

ただ、『REVERSI』が連載になるところまで考えていた班長は、相田と吉田だけかもしれません。ほかの班長は、「人気作家の読み切りで売り上げが伸びる」程度の認識だった可能性が高い。

佐々木(元)編集長は、どう考えていたのだろう──。

そう言うだろうと 覚悟してきた

シュージンは「言うだけ番長」で終わらずに、ちゃんと『REVERSI』のネームを用意してあるところが良いですね。上で書いたような亜城木の態度に対する疑問なんて、たんなる言いがかり以下でした。

『REVERSI』が連載として始まるまでは、どうしてもシュージンだけに負担がかかってくる。サイコーは、世界観に合うようなアイテムや人物を考えておくくらいです。

またシュージンがゲッソリしそうだな……。

本当に 週刊 2 本連載 !?

「亜城木夢叶と新妻エイジとでは、立場が違う」

──これは、読者が思っている以上に大きい差だと思う。新妻くんと君達は 違うんだなんて言葉が服部から飛び出すなんて、よっぽどのことです。

エイジの『CROW』は、『+NATURAL』との連載を続けられた上に、伝説的な終わらせ方ができました。それだけの実績があれば、次の作品でも同時掲載が受け入れられる。

新妻エイジも編集者も、「『ZOMBIE☆GUN』に力を入れるために 『+NATURAL』は終わらせようか」と なりそうで不安です。もしかしたら、岩瀬愛子も同じことを考えていたりして……。

ネームの締切は 今週いっぱい

わがままエイジさんと、ご機嫌取り雄二郎くんとの、ほのぼのラヴ・ストーリィが続いています。もう つき合っちゃえよ……!

この地球儀たちは、アマゾン(秘境じゃないほう)や楽天(野球じゃないほう)から送ってきたのかと思っていましたが、わざわざ雄二郎が お店で買ってきたのかも。地球儀のメーカーまでエイジに指定されていたりして。

もうとっくに完成しているネームを、会議には出させない──。これは、エイジが雄二郎に与えた最大級のダメージでしょう。こんな日が来るなんて──。

──って、嫌いなマンガを 終わらせる権限なんて初対面で突きつけられていたから、いまさらですけどね。

連載ネーム提出しない

雄二郎は普通にグチを こぼしているけれど、マンガ家から原稿を取ってこられない姿を見せるのは、かなりマズいと思います。班長なのに……。読者から見たら、彼らしくて好印象ですけどね。

今回の一件は、雄二郎には何の非もありません。いや、エイジも亜城木も、誰も悪くない。

それでも──、「担当の作家が世界一を目指している」ことを、雄二郎が甘く考えていたことは確実です。十分に思い知ったことでしょう。

ほかの人が何を考えていようが、エイジには何の関係もないと思いますケド。

[2] このページの一番上へ戻る