• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.323 「依頼」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 48 号)

... big toy gun
(子どもの遊び──では済まされない現実)

『H×H』の何が良いって、会話が おもしろい!

今回は「室内で座って話しているだけ」という某マンガの得意技を奪ったような──『HUNTER DANCE』みたいな話でした。派手なバトル・シーンがあるわけでも、お色気な場面があるわけでも、魅力的な新キャラが出たわけでも、ない。

読者が よく知っている──そして よくは知らない登場人物が、延々と しゃべっているだけで、どうしようもなくワクワクしてくるのです!

ヒソカに談ずる

奇術師ヒソカと偏愛兄イルミが こんなにも長々と話し合うなんて、初めてのことでした。とくにイルミは、とぎれとぎれの会話しかできないと思っていただけに、論理的な話し方でビックリです。

前回にも思ったけれど、ゾルディック家の人間は、どことなく──『レベル E』の香りがする。とくに、「ミッション失敗」で まっ先に誰が道連れになるかを気がつくところは、あのバカ王子そっくりです。

HUNTER×HUNTER #322 「兄妹」 ブラック・オア・ホワイト | 亜細亜ノ蛾

イルミがヒソカに仕事を依頼した理由は、ヒソカがウソつきであると同時に、他人のウソを見抜く名人だからでしょう。今回の密談でも、イルミの言葉の裏を読み当てています。

幻影旅団のメンバが、わざわざヒソカに「除念師」との交渉を任せたのも、同じ理由だと思う。敵と言っても良いくらいの相手に頼むなんて、フィンクスやマチは不満だったはず。それでも依頼したわけで、いかにヒソカの交渉術が優れているか分かる。

意外と便利に使われるヒソカであった。

重い弟思い

もう一つ意外と言えば、イルミがキルアの気持ちを読み取っていることです。てっきり、「普通の感情」なんて分かろうとも・知ろうともしない人物なのかと思っていただけに、これには驚いた。

ネテロ前会長と「怪物」との事情も、側近とゴンのことも、イルミは知っている。──いくら何でも事情通すぎますよね。

キメラアント討伐隊の内部か、あるいは すぐ近くに、イルミの情報源が いるのでは? ただ、王と護衛軍・討伐隊の全体像を知っている人物は、ごく限られます。となると──。

弟のキルアが可愛いあまり、脳に針を打ち込むようなイルミが、バックアップを用意しなかったのでしょうか。つまりは──、キルアの目や耳などにも「何か」が仕込んであるのかも。

ヒソカを始めとして、おそらく全読者が だまされた「2 人とも」発言は、イカレていて最高でした! イルミは、いい性格しているよなー。かたよった愛情についてヒソカが あきれるなんて、よっぽどのことですね。

重い兄

意外つながりで、ミルキが「良いお兄さん」を演じられるところもビックリです。「家に引きこもっている」と言っても、敷地内に都市くらいの広さがあって大人数が暮らしているから、人と接する機会も多いのでしょうね。

ゾルディックの人間に温かく迎え入れられた観光客は、もっと目が飛び出るくらいに仰天したはず。そして──、本当に目や何やらが飛び出たのだろうなぁ……。

ムーナからは、モタリケと同じニオイがする。

命の価値は

ヤスハの場合は億万長者を願って 67 人・ミルキは暗殺依頼の丸投げして 13 人の犠牲者が出ました。どこから この差は来ているのか──というと、単純に「金額」かもしれません。

前回のテレビ映像を見ると、ヤスハの願いによって現金輸送船から降ってきた お金は、4 億ジェニーでした(不祥事などで消えた金も上乗せしてあると思うけれど)。

犠牲者の数は 67 対 13 で、約 5 倍の差です。ヤスハが手に入れるはずだった 4 億に対して、ゾルディック家へ暗殺を依頼する料金が 8,000 万ジェニー(4 億の 5 分の 1)と考えると、なかなか納得がいく数字でしょう。

今度は 4 億ジェニーを 67 人で割ってみると、およそ 600 万円になる。ちょっと「命・グランバザール」な感じがします(パルコ?)。でも、これはペナルティだからでしょうね。ヤスハ先輩、パねぇッス!

ヤスハ:
「つい…… 魔がさして !!」
イルミ:
「ヤスハ ちょっとジャンプしてみて」
ヤスハ:
「はい……(ガサッガサッ)」
イルミ:
「はい 胸ポケットから金 出してー」

恋の代償

冨樫先生が書いた手書きの文字は、美しいし味があります。フォントにして販売したら かなり売れるかも──しれないけれど、その時間で続きを描いて欲しい。

その手書きされたウチは執事が 恋愛している 時点で 死刑という文字の意味を読み間違えて、「執事と執事との恋愛は禁止」と最初は思っていました。夜のお店みたいだな──と。

読み返してみると、「恋をすること」自体に罰則があるんですよね。だからカスガは(100% 失敗するであろう)ミッションに挑む羽目になった。

でも──、そうなると、敷地内の養成所から どうやって赤ん坊が産まれるんだろう?

──コウノトリが運んでくるとか? いや、冗談ではなく、チードルのような能力者が、どこかから連れ去ってくるのでは……。孤児院養父母という単語も、イルミが言うと不気味に聞こえる。

恋をしなくても、子どもは できるけれど。

母親似・父親似

ゼノは、仕事以外では人を殺した経験が ないそうです。前回の会話から考えて、シルバもムダな殺生は避けたいと思っているらしい。この親子は、容姿もよく似ていますね。

ところが、イルミとミルキは、ためらいなく他人の命を利用しています。おそらく、彼らは母親似なのでしょう。母親も、家族以外の人間には何とも思っていないフシがある。

以上から考えると、シルバの奥さまが身につけている「彼女の本来の力を抑える拘束具」──ことバイザを外すと、イルミやミルキのように真っ黒な目があるに違いない。

たぶんキルアは、父親似でしょうね。正確にはゼノ似かな。家族のなかでは、キルアが一番まともな考え方をしています。だからこそ、あの家に合わず、飛び出した。

ただ、ゼノについては、「自分で言っているだけ」という可能性もあります。この作者のことだからなー。

DQN:
(ドン!)「ってェーなジジイ! どこに目をt
ゼノ:
「──あ ワシ 仕事以外で初めて人を殺めたかも」
シルバ:
「親父の話は 1,000 分の 1 に 聞いておかないとな」

怪しい 2 人

パリストンはチードルのことを「狙っている」のでは──と以前にネタとして書きました。自分の(にごりきった)目には、単純に彼が敵視しているようには見えません。もっとアヤシイ感情が漏れ出している──。

HUNTER×HUNTER #321 「怪者」 けもの×ケモノ×のけもの | 亜細亜ノ蛾

今回の話を読んで、完全にパリストンとチードルはデキていると(勝手に)確信しました!

ただし、パリストンが一方的に思っているわけではない。チードルのほうが、パリストンのことを強く想っている──としか自分の(腐りきった)心には映りませんでした。

だってさー(急に馴れ馴れしく)、パリストンの言葉を聞くチードルは、完全にこんなヤツに……くやしい! でも……(ビクビクッ!) という目の色をしているよね。艶っぽい(ごくり……)。

『ハンター』の何が良いって、チードルに決まってる!

この雑誌が青年誌だったら、絶対に次号あたりで「ホテルの一室で密会するパリストンとチードル、そして──」が出てくるはずです(断言)。

──あ、それ、『DEATH NOTE』で描かれていたか。

投票の行方は

上で書いたようなような話は さておき、明らかに ほかのメンバよりも、チードルはパリストンに執着しています。「何か」があったとしか思えない。

棄権票が増えたことに納得できず、カンザイが怒鳴っている。それも、チードルが荷担して票数を操作しているのではないか──と疑っています。パリストンを会長にするために──。

ところで、「なぜ『十二支ん』たちはパリストンを会長にさせたくないのか」と「会長が替わることでハンター協会に どんな変化があるのか」といった点は、読者にはハッキリとは分かりません。

失踪者が急増していることから、なんとなく「副会長派の人間だけはトップにさせては いけない」という空気が漂っているけれど──、それも「十二支ん」たちが言っているだけです。

会長に求められること

ネテロ前会長も、正しい人格の人だったかどうかは、大いに疑問が残りました。

自分の最大の奥義を繰り出しても まったくの無傷で、なおかつ遠方から一瞬で飛んできた強敵──ネフェルピトーと、未熟なゴンやキルアとを戦わせたら どうなるかは、想像するまでもない。

HUNTER×HUNTER #270『鱗粉乃愛泉』 プフの狂気 | 亜細亜ノ蛾

あの時点でネテロが、「ピトーは絶対にコムギを守る」ことを知る手段は ありません。普通に考えれば、一瞬でゴンは首を刈られて終わりだったはず。

──もちろん、漢(おとこ)が意地を張って戦場にやってきた以上、ネテロも誰も止められない。それは十分に分かった上で、単純に「ネテロは良い人」という認識には首をかしげます。

あらためて考えてみると、プロのハンターになった以上は、誰もが死を覚悟しながら活動していくことになる。そのような状況のなかで、「ハンター協会に できること」って、何だろう……?

ましてや、ハンター協会の会長がハンターたちに できることなんて、何もないように思いました。協会よりも「上の人たち」との つながりができる──というだけなのでは?

そんなことを考えている自分は、この茶番のような選挙戦が──、おもしろい! どうしてだろう? 登場人物が「生きている」からでしょうね。

この作品の何が良いって、キャラが素晴らしい!

この選挙のような「どこへ向かいたいのかが分からない話」を おもしろおかしく描けるなんて、ずば抜けた才能の持ち主だけです。ほかの作家だったら、「十二支ん」の設定や過去を事細かに説明するだけで、数話を費やしそう。

どこから来たアルカ

『ハンター×ハンター』は、アルカが良いよね!

西方の一部の地域で言うところの、「鬼のように可愛い」アルカだったら、荒縄状に されても──うーん。

お兄ちゃん 死んでの場面には意表を突かれました。たんなる「イメージ映像」と思わせる二重トリックが見事です! こんな悪趣味な遊びで喜ぶだけに、やっぱり普通の子供とは違う──ような、大差ないような。

危険なアルカとの面会をシルバが許したのは、キルアが簡単な「おねだり」で済むという算段があったからでしょう。あとは「お願い」だけして帰ってくるだけ──と考えている。

一方で、ヒソカに依頼するだけの猶予があるとイルミが見たのは、キルアが「お願い」を他人に頼むと予想したからでした。──ただ、どうも、キルア・イルミ・選挙の時間軸は、かなり誤差がありそうですけどね。

キルアしか知らない

今回のキルアは、アルカの「お願い」を 2 回も聞いているように見えるのだけれど──、これはカウントされているのでしょうか? だとしたら、イルミ兄ちゃんは「友だち」と旅行を楽しんだだけで終わる。

いや、キルアは早々に「お願い」を済ませて、続けて「尻ぬぐい」までしようと考えているのかも。

今までのところ、「おねだり」と「お願い」は連続することはあっても、「お願い」のあとに「おねだり」は来なかった。しかし──、

キルアだけが知っている「ルール」もある。

もしかすると、キルアは とっくに別の ナニカの正体まで たどり着いているのでは? そこまではムリでも、対処法の目安があるのかもしれない。

また、ほかの人間が「弟」や「坊ちゃん」と呼ぶなか、キルアだけがアルカのことを「妹」と呼んだのは、本当のアルカは女性面で、別の ナニカが男性面──なのかも。

そもそも、年齢に似合わず冷静な思考力を持っているキルアが、イルミの心配するような無茶をして、ゾルディックの人間を巻き添えにするとも思えません。「ナニカに対抗するための、何か」がありそう。

前回によるとアルカは、シルバと その妻には「おねだり」をしたことが ないらしい。このあたりにも、「ルール」と関係があるように思う。しかも、そんな「ルール」が いくつか存在するらしい──。

言ってしまえば「何でもアリの後出しジャンケン」です。「魔法少女ナニカ☆アルカ」とか「みんな冨樫にだまされてる !!」とか思ってしまうけれど──、おもしろい! どうしてこんな話が人間に書けるのか!

作者は神か悪魔か──、いや、犬だった。

[2] このページの一番上へ戻る