『バクマン。』 154 ページ 「週刊と月刊」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 48 号)

fire bird
(死ぬ気で やれば──何でも できる?)

今回の話を一読した直後は、「え? それはないんじゃないんじゃない?」と思いましたね(多い多い)。今までやってきたことを全否定──みたいに感じる。

ところが、何度も何度も読み返してみると──、「この道を切り開くしかないよな」と思い直しました。ちょっと残った不満よりも、この先への期待のほうが大きい。

今週号の「ジャンプ」では、『めだかボックス』と『鏡の国の針栖川』でも同じような読後感が味わえました。どの作品も、これまでの世界を打ち壊す あやうさと、新しい地表を目指すワクワク感がある。

やっぱり「ジャンプ」は おもしろい! そして『バクマン。』も楽しい。その感動を すこしでも伝えられるように、今週も 4 回に分けて感想を書いていきます。

『ZOMBIE☆GUN』の相手は

新妻エイジはマンガに対して妥協がない。だから、ずっと一緒に戦ってきた『PCP』よりも、明らかに 「REVERSI」 の方が 面白い──と言い切っています。

バクマン。』に出てくる登場人物のなかで、エイジは もっとも作者に近い──つまりは「天の使い」と言える存在でしょう。羽が生えてるし(そんな理由!?)。そのエイジが断言したのだから、『REVERSI』の面白さは保証付きです。

作者としても、今後は『PCP』ではなく『REVERSI』を押していく──という宣言のように思いました。

正直ホッとしてます

『PCP』の優先順位が下がることは、誕生の苦労を知っている読者からすると、ちょっと悲しい──。

しかし、作家・亜城木夢叶の将来を考えれば、『PCP』と『REVERSI』の両方を無理なく始められることが最高の結果で間違いないでしょう。

あまりの嬉しさに、サイコーもシュージンも、なぜか少女マンガみたいな顔で喜んでいる。服部が「あこがれの先輩」みたいに見える──か?


服部も、『REVERSI』のほうが『PCP』よりイケる──と思っています。本当の希望は、両作品とも担当することでしょうね。自分も、そう強く願う。

毎度おなじみ、森博嗣さんの著書・『MORI LOG ACADEMY 6』に、下のようなことが書かれていました(p.160)。

何度も会って話をして、熱心なので、では、この人のために作品を書いてあげようか、と思った頃には、もうその担当者がいない、ということが過去に何度もあった。(……)

こういう時にはビジネスライクに、「では、こちらも担当者を替えましょう」と、連載作品やシリーズものの登場人物を入れ替える、なんていうのが良いかもしれない。(……)もっと良いのは、これを機会に、作家を替えていただく、というのが素敵だ。

森さんらしい皮肉たっぷりですが──、ほかの業種からしたら、当然の感覚ですよね。出版業界だけが違う。その異常さに気がつくのは、すっかり ほかの分野に取って代わられたあとかな。もう手遅れかも……。

実績ある ベテランだ

中野班長──もとい、中野副編集長の映像が頭に浮かばなかった……。

自分が大好きな『魔人探偵脳噛ネウロ』を立ち上げた担当者と知って、評価がメキメキ急上昇です! 彼に任せれば安心ですねー。

中野博之 - Wikipedia

衝撃を受けた直後、すぐに打合せへ頭を切り換えるシュージンは、もう立派な作家です。ただ、その仕事熱心さが、今回は逆に空気を悪くしてしまう──という皮肉さが切ない。

僕は あくまでも 「PCP」の 担当

「気配り上手」に「シュージン」と読み仮名を振りたいくらいなのに、ここでは服部の寂しい表情に気がついていません。「絶対零度」と書いて「サイコー」と読む──な彼のほうが察している。

──ちょっと思ったのは、サイコーは「人のマイナス面」に引かれているのでは? シュージンは、プラスに引かれている。作風からするとシュージンは逆に感じますが、エグイ話を書く人ほど普段はマトモだったりします。

冨樫義博先生は、聖人君子のような生活を送っているに違いない!

ここまで 一緒にやってきたん だし

亜城木の仕事場で、珍しくキッチンが描かれました。ナベが置いてあるから、ここで簡単な食事を作ったり、カヤの手作り料理を温め直したりしているのでしょう。

電気式の湯沸かし器が ものすごく便利なので、亜城木に・みんなに おすすめしたい! ガスの火を使うよりも安全だし、すぐに湯が沸きます。保温式のポットと違って、まったくと言って良いほど白い粉(炭酸カルシウム)も付きません。

カヤのおかげで掃除も行き届いているし、ふんいきの良い職場ですよね。サイコーもシュージンもアシスタントと積極的に話しているし、マンガ家志望者には理想的な場所です。

──居心地が良すぎて、出て行けない者も多いけれど。

一方、新妻エイジのところで働くと、どうなるか──。アシスタントが自分から掃除しないと散らかったままだし、食事も買いに行くしかない。寝る場所も狭かった。

なによりも、エイジは人にモノを教える能力が なさそうですよね。「永遠に不滅です」と言っていた某・天才打者みたいな感じ。


「あ・うん」の呼吸で何も言わなくてもコーヒーを入れる間柄って、良いですよね。お互いに、異性のパートナよりも長く一緒にいるから、家族も同然です。

こういう「何気ない場面」を何気なく描いて、それでいて味わい深く見せるのは、かなりのセンスと技量が必要だと思う。派手な見せ場ばかりではなく、こういうシーンも作家は研究してみると、作品がより良くなります。

──と、日常パートが見ていて痛々しい某・スポーツマンガの作者に伝えたいな(いまの「ジャンプ」でスポーツと言えば──。というか、スポーツマンが冬場に何度も雑魚寝するって、あり得ないにも ほどがある)

[2] このページの一番上へ戻る