• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 154 ページ 「週刊と月刊」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 48 号)

Prayer Bear
(迫力が ありすぎる──「お願い」)

あれは明治だったか大正だったか忘れましたが、テレビ番組・『エンタの神様』を楽しんでいました。

いまでは考えられないけれど、お付き合いをしている女性と一緒に、「残念ですからぁーーー!」・「あるかもしれない探検隊♪」「美味~~~い!」といったネタで、毎週のように笑っていたなぁ(まがってる)。

その番組も お付き合いも、今はもうない

「エンタ」で よく聞いたフレーズが、「賛否両論」です。万人に受けるネタなんて あり得ないから、わざわざ断わること自体が賛否両論ですケド。

今回の『バクマン。』も、賛否両論な終わり方でした。

これからの展開しだいでは、今まで以上に面白くなりそうだけれど、それでも、何割かの読者が離れるのでは──。

「必勝ジャンプ」で やることを

「亜城木夢叶と担当・服部の緊急謝罪会見」みたいになっていて笑いました。本人たちは、いても立ってもいられない心境ですけどね。

瓶子編集長の質問は、国会議員の答弁みたいに焦点が あいまいです。亜城木夢叶も服部も、どう答えたらいいか困っている。

ぎくしゃくしたムードの正体は、あまりにも説明不足だからです。誰か説明してやれよ!

そんななか、雄二郎が的確に聞いていて、完全に この場を仕切っていますね。編集長よりも編集長らしい。アフロのくせに、やるなぁ。

本心を 言った方が いい

シュージンは気配り上手な性格だけに、こういう場では自分の気持ちを押し殺してしまう。思っていることと別のことを言っているな──と近くの人間に伝わり、見ていて痛々しい。

カヤへのプロポーズも、シュージンが「空気を読んで」言ってしまったのかな──と思ったりします。前にも同じことを書いたけれど、今月は「終わったことを掘り起こそう月間」なので書きました。何度でも掘り起こすよー!

バクマン。 #66-3 「猿と結婚」 正当な理由と絶対蒼樹さん | 亜細亜ノ蛾

「週刊少年ジャンプ」で やらせて欲しいと

なぜだか、「服部が言いさえすれば即・採用」という場になっています。妙な空気ですが、じつは「ジャンプ」ではアリガチなこと──だったりする。

「ジャンプ」の編集部では、担当者の意思が尊重されるんですよね。良くも悪くも──。そして、ある時には作家の考えよりも優先される。作家は担当者を選べないし。

「REVERSI」を週刊で

いつものように、サイコーは決めの場面で──変顔になっています(左上のコマ)。つられて服部もシュージンもオモロい顔をしている。漢(おとこ)の世界は、格好良さだけでは渡っていけない──!

亜城木夢叶も『REVERSI』に全力を傾けられるし、服部の希望も叶いました。編集部としても、「週刊」と「必勝」の両方に目玉の連載を持てる。誰もが得をする素晴らしい決定ですね!

──『PCP』のファンを除けば……。

自分の好きな作品の作者が、亜城木と同じことを始めたら、どう思うだろう? ちょっと考えてみました。

このブログで感想を書くほど大好きな『バクマン。』・『HUNTER×HUNTER』・『SKET DANCE』であれば、どんな雑誌に行っても追いかけます。『スケダン』はコミックスでしか感想を書いていませんが、それでも連載で楽しみたい。

最近の盛り上げ方が最高な『めだかボックス』も好きです。いつか まとめて感想を書きたいと思っている。しかし──、「それなら単行本で読めばいいや」になるんですよね。

同じように、『PCP』のファン(熱心な愛好家)であれば、「必勝」も買うでしょう。でも、確実に読者の総数は減るはずです。──数か月もすれば、「だったら『PCP』は終了して『REVERSI』に力を入れる」となりそう。

2011-11-13T22:22:08+09:00 追記

コメントを いただいたとおり、作中の人物にしか『REVERSI』の すごさが分かりません。読者には伝わってこない。その点が大いに不満です。

仮に『REVERSI』の原稿が公開されて、「たしかに面白い!」と思えても、『PCP』への思い入れは変わらない。『PCP』を始めるまでの苦労を、十二分に知っているからです。

どうも『REVERSI』は、ほんの思いつきから生まれたような印象が強い。日本人のサガからして、「苦労話込み」で『PCP』を応援したくなります。

たとえば、まだ『DEATH NOTE』が連載中の時期に、『バクマン。』が始まったとする。そして『DEATH NOTE』を掲載する雑誌が変わった──となれば、両方とも面白くても、納得できない気持ちは残るでしょう。

もしかして、大場つぐみさんからしたら、「ジャンプ」を離れた作家や、離れるしかないほど追い込んだ編集部に対して、批判の意味を込めているのでは? どちらにしても危険な描写だし、読んでいて気分が悪くなりそうだけれど……。

そういう暗い方向に考えるよりは、「おもしろいアイデアが浮かんだら なんとしても形にしたいよね」という作家の願望を具現化した──と思っておきましょう。きっと、そうだ。

[2] このページの一番上へ戻る