Google の入社試験とは?

google office
(どうせなら──オフィスをマネして欲しい)

みんな大好き Google の採用試験には、ユニークな問題が出るそうです。本にも なりました。

99.9% は仮説』の著者・竹内薫 氏が試験問題を まとめて編集されています。「薫日記」も面白いですよ!

IT企業で流行中?

ほかの企業でも、難解な問題が出されるらしい。

べつに Google の専売特許でもないし、おそらく起源でもないのですが、ひねくった問題で個人の能力を見るのは、もう終わりにしたほうが良いと思います。

とくに、上で挙げた BMW の問題では、解答によって採用・不採用を決める──とまで書かれている。

もちろん、「ソースは 2 ちゃんねる」だから、本当ではないと思いますが、うっかりと どこかの人事部の人が本気にしたらと思うと──、夜も ぐっすり快眠です(?)。

さて──、こんなに回りくどい問題を出さずとも、面接に来た人間の能力を、簡潔に・単純に・明解に見抜く方法を紹介します。どれほど会社のことを思っているかも、一つの質問だけで分かりますよ!

その質問とは──。

質問の提案

「弊社では○○○という製品を開発しました。現在は △△△ / 月の生産台数で、□□□ / 月の売り上げです。売り上げを増やすか、あるいはコストを削減するには どうしたらいいですか?

──この質問で、会社へ貢献したい気持ちが分かるはずです。会社のことを考えていないと、アイデアが出ませんからね。いくらでも口から出任せが言える「志望の動機」を聞くより、相手の心が見えてきます。

もちろん、面接の試験で出された解答を そのまま採用する──という意味ではありません。あくまでも試験として問題を出すだけです。

すくなくとも、一流の自動車メーカの面接に来て、「ニワトリが──」と言われるよりは、何倍も有益だと思う。

おわりに

ということで、ややこしいクイズは匿名掲示板か お茶の間で出してもらうとして、人事部長さんは上の試験問題を自由に使ってください! 謝礼は、また ご相談くださいね!!

[2] このページの一番上へ戻る