• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.326 「開戦」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 51 号)

35mm_scan_15
(実践的なテクニックは──吊り橋理論

選挙戦に出馬している登場人物たちの、本名と姿が一気に公開されて、ネタを拾うのに一苦労です! ──勝手に自分で苦労しているだけなんですけどね。芸能人のマラソンみたいな感じ。

名前だけで名字が不明だった人物のなかでも、断トツでレオリオの本名に驚いた!

2011-12-01T01:56:25+09:00 追記

コメントをいただいて(ありがとうございます!)、いろいろと追記しました。いくらでも行間ならぬ「コマ間」が読めて楽しい!

名は体を表す?

副会長の本名であるパリストン・ヒルの名前は、あきらかにパリス・ヒルトンが元ネタですね。

【今日のトリビア】パリス・ヒルトンは有名なセレブでありながら、流出ビデオが Amazon で普通に売られてるし、なぜか『蝋人形の館』というホラー映画に出演している。

お騒がせな有名人であり、取り巻きやコネが多い点では、パリストンもパリスも一致しています。ファッションのウザ──過剰さも似ているのかな?

パリストンがトリプルハンターであることから、ハンターの世界で最も過大評価されている人物としても同じだったりして。というか、何をしてトリプルに なったんだろう?

パリス・ヒルトン - Wikipedia

ちなみに、パリストン・ヒル - Google 検索を開くと、もしかして: プリストン・ヒルと言われたりして、こんなところまでウザい!!


チードルの名前は、チードル・ヨークシャーという。「チワワ」なのか「プードル」なのか不明だった上に、「ヨークシャー・テリア」まで盛りますか! 「アキタ」とか「シバ」でも渋くてかわ美いかも。

キャッチコピーは あらゆる膿を出しつくします──って、どこから どんな「ウミ」をしぼり出すんですかッ! 「なんでも吸い込む」で おなじみのシズクとコンビを組めば、最強ですッ!(ごくり……)

──とか言うヤツはキモいよね。

旧家の お坊ちゃま?

ついに名字も判明した彼の名は──、レオリオ・パラディナイト! なんという中二なセンスのネーミングでしょうか! 「パラディン + ナイト」という感じで、高貴な印象です。昔は名家だったのかも?

当然のように、まだレオリオは医者に なっていなかった。前回の感想では、彼が会長になれば多くの人を救える──と書いたけれど、やはり彼自身の手で治したいはず。選挙の結果が どうあれ、レオリオは医師の勉強を続けるでしょうね。

HUNTER×HUNTER #325 「参戦」 医師×遺志×意志 | 亜細亜ノ蛾

そのレオリオに怒りの鉄拳を向けられたジン・フリークスは、本当に そのまま攻撃を食らっていた──のかな。これまた前回で書いたけれど、わざとパンチを受けたフリをしているのでは?


幽☆遊☆白書』の桑原和真・『レベル E』の筒井雪隆・そしてレオリオの 3 人で、いつか「いちゃもん合戦」をして欲しい。

──こうやって並べて気がついたけれど、レオリオだけ「意中の相手」がいませんね。あ、クラピカか!?(腐

歴代の猛者ども

ビスケことビスケット・クルーガーは、ストーンハンターとのこと。だから、グリードアイランドで あれだけ苦労して──、ブループラネットという「石ころ 1 個」を手に入れたのか。

ハンター世界で宝石の価値を決めているのは、彼女たちのようなハンターなのかも。「ハンター世界のデビアス」と考えると、ちょっと印象が悪いなぁ。

×印で消されているとは言え、「ハンター協会のお母さん」とビスケが形容されていて気になる。年齢的な話であれば、「お姐さん」といった表記でも良かったはず。本当に子持ちである可能性も出てきたか!?


モラウ・マッカーナーシは、シーハンターとのこと。「海狩人」だとすると、壮大で格好いい! ──けれど、範囲が大きすぎてよく分かりません。海洋生物の保護などが おもな仕事かな?

ハギャ(「ハギャって ゆうなーーーッ!」)もとい、レオルと戦っていた場面を思い返しても、とくにモラウは「水中戦が得意」という感じではなかった。しかし、彼の驚異的な肺活量は、海での活動に生かせるはず。

ふんどしを締めて漁に出るモラウとナックルの姿を想像して、笑えました。本当は、もっと近代的な「ハント」だと思うけれど。

未知数の実力者たち

謎の人物だったイックションペ・カットゥーチャは、もしかして──、いや、違っていたら申し訳ないけれど、加藤茶さんが名前の元ネタ、かな……? 名前がクシャミっぽいけれど、うーん、判断は保留にしますね(某所でよく聞くフレーズ・そう思うなら書くな)。

いやいや、それよりも、イックションペは電脳世界の住人で、本人は依然棄権中──って、そんな人物を認めて良いの? いくら何でも「選挙」なんだから、無効にするべきでしょう。

たとえるならば、アーノルド・シュワルツェネッガーが、『ターミネーター』シリーズの役名である「T-800」として立候補するようなものです。

ここから考えても、名前と同様に「たんなるネタ」として、イックションペは終わりそうな気がする。


新人のレオリオを除けば唯一の星なしハンターが、ルーペ・ハイランドです。それなりに票を集めたから、実力者には違いない。

しかし──、会員のロスト問題に切り込むなんて、死亡フラグまる出しなのでは……。もしも選挙戦に残り続けたら、不思議なことに本人がロストしそう。まだ副会長派の仕業とは確定していないけれど。

かわ美ハンターであるキューティー・ビューティーはシングル・ハンターだから、ルーペよりも格は上なんですよね。失踪者探しのほうが重要なのに……。彼女が副会長の親衛隊長だからかな。

愛憎相関図

ゾルディック家・家族の相関図だけで、いくらでも感想が書けてしまう! 選挙戦のメンバ紹介もそうですが、キャラクタの絵と文字だけで、いろいろと想像させるのが上手ですね。

意外なことに、母親のキキョウとカルトはハート・マーク同士なのか。キキョウが一方的に愛情をそそいでいるのかと思っていました。

カルトがアルカに嫉妬しているのは、キルアの愛情を一身に受けているから? それとも、別の件でしょうかね。本当は 2 人とも「弟」で、アルカのほうが「妹っぽい」から──という説を出しておこう。

カルトが幻影旅団に入団した理由は、しばらく前まで「アルカを救うため」と思われました。ところが今回の相関図によると、カルトはアルカに嫉妬している──。これが正しければ、アルカのためにカルトが動くとも思えない。

そこで、「アルカのお守りという重り(ドヤァ」からキルアを解放するために、カルトは旅団で何かを得ようとしているのではないか──と考えました。

ただし この説は、キルアとアルカの接触と、カルトの入団との順番が逆です。どのみち後付け設定になるにしても、美しくない。

それより何より、この図表の関係には、すべて「──とキルアは考えている」という注釈が 付くはずです。カルトの本心はヤキモチとは違うのかもしれない。本当は、まったく違う理由で幻影旅団に入った可能性もあります。たとえば──。

カルト:
「兄貴を── ミルキ兄さんを肥満から解放する!」

仲が良すぎる兄妹

それにしても、よっぽどキルアはアルカを愛しているのですね。自分と妹とをハートで結ぶのは、ちょっと恥ずかしい。上で書いたように、キルアの脳内で描かれた相関図だと考えると、こちらの顔が赤くなってくる。

そこは「オレが守る!→」・「好き(はぁと)→」という関係で良かったのでは? 下のイラスト集のように、完全なるシスコンですなー。

「キルアルまとめた」/「kuro」の漫画 [pixiv]

関係ないけど、下の「関係図」も おもしろかった。

VIPPERな俺 : 【画像】auのチラシがひどい件

緊迫感の表現

何気ないゴトーの行動から、ここまで読めるキルアがすごい! そしてこれが、「マンガで緊張感を描く」ということです。冨樫先生の力量が画面からヒシヒシと伝わってくる……!

キャラに「汗の記号」さえ描けば、「はいはい、ここはキャラが緊張してるんだな」と読者が読み取ってくれるだろう。──そう考えるのは、甘えたマンガ家です。

ヌルいドラマを見せられても、読者は手に汗をかかない。「大丈夫か このマンガ……」とイヤな汗をかくだけだ。安っぽい「感動的なシーン」も同じ。

『H×H』くらい物語と人物とを繊細に描いた上で、これだけの緊迫した状況が初めて成り立つのです。話も絵も、「マンガ力(りょく)」が極めて高い!

「冨樫先生は原作だけを描けばいいのでは?」という意見を聞くたびに、「分かってないなー」と強く思う。


そんなシリアスな場面だけれど、上目遣いでキルアを見つめるアマネは、自分の目には こう見えました──。

教育実習生・アマネ
「うわ……最近の小学生、かっこよすぎ!?(どきどき」

家族というモノ

アルカのことを「家族」だと考えているのは、ゾルディックのなかではキルアだけだという──。なんとも悲しい家庭です。そう思わっていない、全員の命を守れないからだとしても。

おそらく、ゴトーですら「ご主人様(ゼノ)の貴重で大切な物」と考えている。ただ、キルアには親のような感情を持っているらしいから、「キルア様の大事な家族」とは考えているのかも。執事にとっては どちらでも同じだけれど。

すくなくとも、ゴトーが裏切って、アルカをイルミに差し出すことは ないでしょう。通常は……。だからこそ、裏切られた時の反動が恐ろしい。冨樫マジックにハマっているのかもしれませんよ!

「ヒソカとキルアが交渉する→決裂→バトル開始!」──と前回までは誰もが想像する。いや、作者に思い込まされた。だから、今回の急展開に衝撃を受ける。

激突よりもルール

トラックと自動車を激突させる場面は、『幽☆遊☆白書』や『寄生獣』を思い出しました。迫力があって素晴らしい!

こんな「異常事態」でも、キルアに対する「違反 即帰宅」は解除されていません。もはや、家に帰るどころの話ではないし、イルミも おとなしく帰さないはずなのに。

この場面のゴトーの言動を見れば、キルアに対してはあからさま協力的立場であることが、アマネ(とツボネ)には丸わかりだと思う。でもそれは、最初から知られているかな。

ところで、ツボネ先生だったら、「こんなトラックなんて 放屁でも ありませんことよ……!」と片手で はたき落としそう。イルミに居場所をさぐられないために、用心したのでしょう。さすがや……(そうか?)。

愛ゆえに

キルアだけが大事なイルミは、激突事故も起こしてしまう。どこまで ゆがんだ兄弟愛なんだよ……。

この事故に巻き込ませた理由は、ただたんに車からキルアたちを降ろして、最終的にアルカと引き離すことが目的だと思う。しかし、このずいぶん 過激な衝突でキルアが死ぬ可能性もあったのでは?

──もちろん、事前に電話で警告していたし、「マンガ的に あり得ない」。当然のように、キルア──どころか全員が生き残ると考えて、イルミは計画を練ったと思う。

のぞくのは誰か

それだけ弟の実力──ではなく、「密告者」の情報をイルミは信じている。「のぞき屋」とも称されている「密告者」は、誰だろうか?

アルカのルール絡みの情報を知っていて、イルミに密告するような人物は、キキョウかミルキしかいません。下品な呼び方からして、ミルキでしょうか。

ただ、わざわざ通称で言うところから、一種の念能力かもしれない。──おお、「キルアに何かが仕込まれている説」が再浮上してきたか!?

HUNTER×HUNTER #323 「依頼」 たびたび道連れ 情はなさげ | 亜細亜ノ蛾

あるいは──、キキョウのカメラ・アイが怪しい。ハッキングされているのでは? あまりにも あからさますぎて、逆に誰もがスルーする現象かもしれませんよ。下の動画のように。

Driscoll Middle School Trick Play - YouTube

シルバ:
「ところで キキョウ いつまでマスクをかぶっているんだ?」
キキョウ:
「──はっ! いつの間に!」
シルバ:
「えー」

ひそかなる欲望

今回のサブ・タイトルは「闘る×殺る×ヤる」にしようと思ったけれど、下品だからヤめました。ヒソカの言う「殺る」(やる)は、手のサインから考えて、違う意味だと思う──人が多いに違いない……!

どちらの意味でも、イルミは怒ったはず。

いくらウソつきのヒソカでも、モノローグ(内心)までウソは つかないでしょう。そうだとすると、ゴンにも助かって ほしいという気持ちは、出来れば程度なのか……。

ゴンの実力は、まだまだ「十二支ん」には劣る──とヒソカは考えているからかな。もしくは、狂おしいまでにキルア思いなイルミを止められるか、ヒソカには確証が持てないのかも。

ヒソカが思い描いた玩具たちの中にはゼノもいるけれど、2 人は会ったことがないのでは? 当然、ゼノも強いから標的にするとは思うけれど、ヒソカの性格からして、自分の肌で強さを感じた人物だけを狙いそう。

──と思ったら、同じく対面していないはずのジンもいたから、ただの「イメージ映像」でしょうね。

敵と味方

キルアからすれば、保護する対象にアルカが含まれていなければ、「非・協力的」──ではなく、即座に敵と見なす。そこまで警戒しなければ、この先は もっと危険になるからでしょう。

最後のコマは「何か ビリビリするす !!」状態に なっていて、懐かしい一場面を思い起こさせる──。

HUNTER×HUNTER #303 『痛み』 すべてのカギはコムギ……なのか? | 亜細亜ノ蛾

たぶんキルアは、「そういえば あのハナタレ娘 どうしてるかな」と思い出したり──は、しないのだろうな……。今は そんな余裕もないし、これから先も同じだろう。

その分、自分がコムギのことを覚えておきます……。

表記について

『H×H』の登場人物は、姓と名の間を「横向きの二重線」で区切っている。ウェブ上では「=」(イコール)が使われているけれど、本来はダブルハイフンです。

しかし、ダブルハイフンは機種依存文字なので、環境によっては表示されない。そのため、このブログでは「ジン・フリークス」という風に中黒で区切ります。同じ理由で「丸の中に数字」も避けている。

おわりに

今週号の『めだかボックス』には、悲しいこととして、好きな漫画の 最終回を 読めないことが語られていました。たしかに、それは とてもとても悲しい──。

次の記事を思い出しました。

『ハンター』冨樫先生「被災地復興のためにも出来る限り長く頑張ります」 当分休載はないな!|やらおん!

コムギと同様に、もう この世界のことを知ることが できなくなった人たちは、本当に気の毒だと思う。今から何を言っても遅いし、彼らのなかに知り合いはいない。だから、「彼らの分まで読みます」なんて言えません。だから──、

ただただ、自分自身のためだけに楽しむ。

[2] このページの一番上へ戻る