• 投稿:
  • カテゴリィ:

久保帯人先生とGカップ

matsumoto rangiku
(とても G では──おさまらない?)

「週刊少年ジャンプ」2012 年 01 号 p.216 で、久保帯人先生が(マンガと同様に)おもしろいギャグを書かれています。しかし、悲しいくらいに取り上げられないので、ここに全文を引用しましょう。

去年は山程の G カップを拝めると言われて引き受けたのですが、なんかギャグマンガを山程読まされてコメントして終わりだったので、今年こそは何としても G カップを拝みたいと思っています。皆さんよろしくお願いします!

いやー、久保帯人先生の Twitter と同じくらい微笑ましいですねー。イラストレータ・すめらぎ琥珀先生とのツイート合戦も味わい深かった。

@tite_kubo Gカップ(ガタッWed Jun 08 13:41:48 via TweetDeck

@sumeragitec 今夜はGカップをいたぶるんだぜ…!Wed Jun 08 15:02:20 via Echofon

いち読者としては、「そんなことより、もっと松本乱菊を出して!」と叫びたい。

「G カップ」とは

久保先生が拝みたくなかったほうの「G カップ」は、下のページで見られます。

漫画賞|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com

絵が描けなくても、原作が書けなくても、ギャグだけで勝負する。──よく考えると、ハードルが低いようでいて、かなり難易度は高いですね。たいていのギャグマンガは、絵の勢いだけで笑わせようとするので。

いぬまるだしっ』のことかーーーっ!!!

(いちおう書いておくと、『いぬまるだしっ』は構成力で笑わせる力があるので、この例はギャグです。本当に勢いだけの作品は──伏せておこう)

おわりに

このブログでは、「バトル・マンガとしては不満がある作品」の例に『BLEACH』の名を挙げている。だって、「戦って」いないから。

ただ、いまの「ジャンプ」マンガで戦いをキチンと描いているマンガは、『HUNTER×HUNTER』くらいです。名前すら挙げる気にもならない作品が多い──と言うことですね。

“HUNTER×HUNTER” カテゴリィの記事 | 亜細亜ノ蛾

ということで、自分が『BLEACH』を好きであることは伝わったと思います(?)。

この作品の見るべき点は、バトルではなく日常シーンだと思う。黒崎一護と同級生たちとの「漫才」を見ているほうが、よっぽど面白かった!

久保先生の描くギャグマンガを読みたいです。できれば「週刊少年ジャンプ」で。ということは、『BLEACH』を──。

[2] このページの一番上へ戻る