『バクマン。』 160 ページ 「頑張りと 90 万」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 03・04 合併号)

lonely Pooh
(狭い密室も──ひとりだと こんなにも広い)

今回はラヴがコメまくりやがってましたね!

何度も何度も何度でも書きますが、バクマン。』は恋愛マンガです。だから、じつに正しい展開でした。

第三者から見れば「バカバカしいの!」と言われるほど、甘ったるくて切ない恋模様を描くことこそ、この作品の本筋なのです。たぶん、おそらく、九分九厘。

ただ、本来の主人公であるはずのサイコーと亜豆が、恋の主役になる日が遠い──というだけですね。うん、それ、致命的。

また 向かい 合わせに

平丸は高所恐怖症では ないそうです。「なんとかと天才は紙一重」と言うし、「かんとかと煙は高い所が好き」とも聞く。──なるほど、納得しました!

無意識のうちに蒼樹は、観覧車が「好き」という言葉を平丸に言わせている。すでに心の奥底では、告白を受け入れる準備が出来ていたのでしょう。

だんだんと良いムードが出てきましたね!

暑いん ですか?

──それなのに、これだ!

前回を読んだ限りでは、「指輪に頼らずに男らしく告白する」なんて思っていましたが──、やっぱり未練たらたらでした。なにしろ 5000 万の 指輪ですからね。簡単には あきらめられない。

バクマン。 #159-4 「テンポと観覧車」 タイミングと閉園 | 亜細亜ノ蛾

興奮して 眠れなくて

目の前で男性が服を脱いでいるなんて、蒼樹からしたら幼稚園や小学校 以来なのでは?

それにしては、やけに落ち着いている。相手が平丸だからでしょうか。きょうだいのような存在だと感じていそう。──この時点までは。

女性の前で脱ぐのは、平丸も経験がないはずです。遠足よりも興奮することがあるなんて、少年時代には想像できなかった。


とうとう蒼樹に見つかってしまった吉田は、もうとっくに係員から目を付けられていそう。よく警備員室に連れて行かれなかったなぁ……。今回で一番のラッキーマンは、じつは吉田かもしれませんね。

蒼樹に見つけられた瞬間や、今回の最初のコマの吉田は、これまでにないほど大きく目を見開いています。彼は「目が細い」のではなく、普段は「目つきが悪い」だけなのかな。

今のは吉田さん

なんで こんなに大ゴマを使っているんだ! ──と不思議な笑いを感じました。まるで吉田のほうが主役のようです。あるいは、「遊園地のジオラマ」みたいな感じ。

もしも蒼樹が、ラブコメ物でアリガチなヒロインのように「頭の中が ゆるふわ」な人だったら、次のような勘違いをしたことでしょう。

蒼樹:
「(吉田さん── もしかして私のことを!?)」

本格的に吉田も蒼樹を調査するようになって、ますます勘違いが加速したりして。「最近 吉田さんの顔をよく見るけど──やっぱり」とか。

その展開も面白かったけれど、そろそろ平丸と蒼樹は「年貢の納め時」という感じでしたね。

──いや、これからの 2 人の未来に、吉田氏という障害が立ちふさがる かもしれません。どちらかと言えば、蒼樹よりは平丸のほうが吉田と──。

何か お話が

告白の前にズボンを脱いでいるなんて、なんという斬新さ! 「懸垂(けんすい)して告白」した『いちご100%』と良い勝負ですね。

少年マンガでは、普通に思いを打ち明けることは許されない……! (のかな?)

このページの面白味は、小畑健さんの画力がないと成り立ちません。まさに「画力の無駄づかい」ですね!

[2] このページの一番上へ戻る