『バクマン。』 160 ページ 「頑張りと 90 万」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 03・04 合併号)

Coffee Love (FI-20473)
(カップの中に──見つけたモノとは)

今回は「蒼樹紅が可愛らしかった」の一言で終わる回でしたね! このブログでダラダラと書いている駄文なんて、すべて蛇足にすぎません。──けれども、全部 読んでね(にっこり)。

ドキドキしてキュートな蒼樹と言えば、シュージンと秘密の交流をしていたころを思い出します。あの時点でトゲが すっかりなくなっていました。初期バージョンの蒼樹は、いったい何だったんだ。

バクマン。 #61-1 「同盟と同級」 ヤキモチとパートナ | 亜細亜ノ蛾

岩瀬愛子の胸も ときめかせていたシュージンは、本当に罪作りな男ですね! 以前の岩瀬はピカピカに光っていたよなぁ……。

バクマン。 #98-3 「握手と手直し」 絶対負けない! と不動の 4 位 | 亜細亜ノ蛾

シュージンが『DEATH NOTE』の主人公・夜神月みたいな人格であれば、カヤも蒼樹も岩瀬も相手にしていたでしょう。そして 3 人とも幸せに──できなかっただろうなぁ……。

これで 1 周

まさかの観覧車 3 周目です。アツアツのまま回り続けたら、バターになってしまいそう。2 人ともモジモジとして、どちらがヒロインなのか分かりませんね。

プロポーズされた日を女性は一生 覚えていますが、男性は すぐに忘れてしまう。でも、1 日に 3 回も観覧車に揺られた思い出は、平丸も蒼樹も忘れられません。

昔の蒼樹がウソみたいに、ツンツンしている姿も かわいらしい! ツン要素は 0.1mg も入ってないですケド。

吉田氏の 所へ

せっかく最高のムードなのに、早く 降りたい! は台無しですよね。さらに ふんいき打ち壊しのネタがあります。

この場面を見ると分かるように、平丸とのスキンシップの濃厚さで言えば、まだまだ「蒼樹 <<< (越えられない壁) <<<<< 吉田」なんですよ!

これは──油断をしていたら、まさかの(当然の?) NTR エンドがあるでェ……!

いや、冗談を抜きにしても、吉田のことを親以上の 人だと平丸はハッキリ言っています。『HUNTER×HUNTER』の『ドキドキ 2 択クイズ』でもあったように、親は唯一無二の存在だけれど、恋人はまた作ればいい。

つまりは、吉田のほうが蒼樹よりも上ということです。

この問題を もうすこし深く掘り下げてみる。「蒼樹が存在しない世界」と「吉田が存在しない世界」を想像してみましょう。平丸にとって耐えがたい世界は、どちらでしょうか。

──おそらく吉田が いない世界だと思う。吉田がいたからこそ、平丸は大成功した。一方、マンガ家として大成してしまえば、恋人は いくらでも作れたはずです。というか、恋人探しも吉田が仕切る。

婚約ですか

小杉があり得ない !! と叫んでいる。これは意味が分かりません。平丸と蒼樹のことを、小杉は そんなに知らないはずですよね。新年会のほかには面識すらないのでは?

ちょっと配役ミスというか、ここはいつもの「デリカシィ・ゼロ男」こと港浦に言わせるべきでしたね。彼が言うのであれば、どんな暴言も 5 月の朝日のように すがすがしく受け入れられる──わけがない。


すっかり小杉と港浦コンビは「司会進行役」が板に付いてきました。個人的には、ここに山久が加わって欲しい。

蒼樹が一人前のマンガ家になれたのは、山久の力──が何分の一かは生かされている。もっと活躍しないかな。

そうそう、上のコマを見ると、山久まで一緒に驚いています。え! こんな重要なことを、蒼樹は山久に伝えていなかったのですか!?やっぱり、いまだに生理的に嫌だと蒼樹は思っているのかな……。

バクマン。 #60-1 「男性と女性」 偏った恋愛観とミス東応大 | 亜細亜ノ蛾


上の「60 ページ」の感想でも書いているように、昔は「福田真太×蒼樹紅エンド」になると思っていました。ただ、この 2 人だと、両方とも意地っ張りで芯が強すぎて、うまくいかなかった可能性が高い。

やはり、蒼樹がリードして平丸が尻に敷かれる──という付き合い方のほうが、バランスが良いでしょう。

そう言えば一回目の告白の時も、みんなから応援されていましたね。その時から「蒼樹が上」という結末は読めていたけれど、まさか「告白相手の蒼樹から告白の応援をされる」とは思わなかった。そんなの、誰にも読めません。

バクマン。 #114-4 「恋路と歩道橋」 一瞬と 100 回以上 | 亜細亜ノ蛾

編集部は 今その話題で

サイコーとシュージンも、平丸たちのことは知らなかった。平丸との親交も それほど深くなかったですよね。それを言い出したら、亜城木夢叶と仕事以外の話をする人なんて、ほとんどいませんケド。

冷たい 2 人組は さておき、せめて蒼樹はカヤに言うかと思っていました。しかし、その報告も なかったらしい。

これだけ婚約のことを誰も知らないと、吉田が勝手に言いふらしているだけに思えます。正式に発表するまでは黙っていて欲しい──と蒼樹は思っているのでは?


コミックスの初版が 30 万部で、重版も確実というのは、かなり幸先の良いスタートですね! いつかは 100 万部──なんてシュージンは控えめに計算していますが、すぐに達成するでしょう。

それでも、初版の発行部数が 390 万部! の『ONE PIECE』とは比べものにならない。すごいよなー、数字だけは……。

マンガ「ワンピース」曲がり角? 最新刊「部数記録」なのに「面白くない」の声相次ぐ : J-CASTニュース

上の記事を読むと、前のページで刷りすぎて 余ったとかが 1 番カッコ悪いと言われているのは、もしかして……!?

幸せすぎて

吉田が心配するべきだったのは、平丸が蒼樹に振られることよりも、いまの幸福な平丸でした。

「ネガティブな感情になりさえすれば面白いマンガのネタが出る」という平丸の特殊能力は、作家なら誰でも うらやむでしょう。しかし、幸せになった平丸は、もう能力を使えないのでは?

ただ、『バクマン。』で もっとも才能に恵まれた平丸のことだから、スランプにも ならないと予想しました。仮にマンガが描けなくなっても、ちょっと蒼樹が しかるだけで復帰すると思う。


ある程度はダイエットに成功した中井は、まだまだ「ぽっちゃり体形」とも言いにくい容姿です。吉田が目標に挙げている 40kgの減量が完了したら、中肉中背くらいになるのかな。

でもそれ、中井さんじゃないような……。

[2] このページの一番上へ戻る