『バクマン。』 161 ページ 「息継ぎとパーティー」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 05・06 合併号)

2010-10-27_011309_Canon EOS 7D_28-75mm
(名前よりも──思い出に価値がある)

文字どおりに腹一杯の食事を楽しんでいるエイジに比べて、まわりの大人たちは頭一杯に お金もうけのことを考えています。

おもわず「大人って……」と言いたくなる場面ですよね。子どものように純真なエイジと、金に汚い社会人との対比が痛々しい──とか。

その考えは間違いです。

そもそも この会場は、「優秀なマンガ作品には賞金を与えましょう」という手塚賞のために用意されている。お金の話が飛び交って当然です。

よく考えるまでもなく、お金は大事だよ。

ちなみに自分は「お金大好き!」なゼニゼニ亡者です。なので、アニメ制作会社の社員たちを見て、「もっと上手に誘えよ……」と思いました。たとえば、雄二郎よりも先に、美味しい料理を持ってくれば良いのに。

本当のトップに なれるのか?

取り巻きに囲まれている新妻エイジを見て、さすがにサイコーも不安を感じています。勢いに乗っているエイジを見ると、あらためて その強大さを感じる。

さりげなくシュージンを登場させたところが良かった! ここまで心が折れずにサイコーが走り続けてこられたのは、となりにシュージンがいたからです。

DEATH NOTE』風に言えば、「二人ならエイジに並べる 二人ならエイジを超せる」。


エイジとのネームバリューの 差を埋めようと、サイコーもシュージンも意気込んでいます。これだけ歴然とした差を見せられて、それでも やる気が出るのは すごいよなー。

2 本同時の連載を続けている「ジャンプ」の現役作家なんて ごく少数だから、話題性から言えば亜城木夢叶に もっと注目が集まっても良いはずですけどね。

服部さんには 言わずに

エイジが ご飯を食べている場面は、こういったパーティ会場くらいです。いつも仕事場では、何を食べているんだろう? 栄養の管理なんて絶対にしていないよなぁ……。

サイコーがエイジの仕事場にいたころ、アシスタントたちは好きな場所で ご飯を買っていました。あり余るほど お金を持っている今では、いつも出前を取っているのかもしれませんね。

ふと思ったけれど、毎日の ご飯を届けてくれる年間契約のサービスが あっても不思議ではありません。週や月の単位で栄養バランスを考えて、毎回 違った食事が届く。介護が必要な老人だけではなく、作家にも喜ばれそう!


コミケ効果で下の記事が大人気です!

女子高校生コスプレイヤ! えなこさん・五木昶さん・かぐねさん | 亜細亜ノ蛾

上で紹介した五木昶(いつき あきら)さんは、「お久し BLEACH」のことを「絶対流行んないわ~(笑)」とブログで書かれていて苦笑いしました。たぶん、『バクマン。』とは無関係な発言でしょうね。

*お久しぶりーち(`・ω・´)シャキーン*|*あきら・昶ぶろぐ*

でも 負けま せん

エイジの格好からすると そう見えないけれど、ものすごく格好いい場面です! 「男の戦い」という感じがする。こういう人を試すような発言がエイジには多いですね。

──いや、「あなたには これで伝わるはず」という相手を選んだ話し方がエイジの特徴です。

だからサイコーとの会話は、いつも短い言葉で終わる。雄二郎には こと細かに説明が必要になるから、今回みたいにウザがることも多いはず

やっぱり 来て 良かったな

ライバルから「がんばってください!」と言われるほどの屈辱はありません。たとえ相手が どんな大先生であろうとも、それだけは言われたくない。

絶対に 負けませんから」と言ってくれる好敵手がいることは、なんて幸せなんだろう。

とくに作家は孤独な戦いになることが多い。こうやって面と向かって宣戦布告されたことは、最高の名誉である上に、最大の やる気にもつながります。

「○○は亜城木くんの励みになる」という材料を、以前から服部は探していました。いまごろ その理由が理解できたかも(うわ……私の理解力なさすぎ!?)。

[2] このページの一番上へ戻る