• 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.334 「完敗」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 10 号)

Mouse and Tigerいつか分かり合える──という幻想

今週号の『HUNTER×HUNTER』はセンタ・カラーです! テレビでアニメも放送中の今、さぞかし楽しげなイラストが見られる──

──などという甘ったるい考えは夢だった。

巻末の作者コメントも不吉です。先週号は巻末コメント・今週号はサブタイトルについて、冨樫先生は疑問を感じ始めているらしい──。ベタすぎるし考えたくないけれど、こんなセリフを想像してしまいます。

冨樫義博:
「もう これで 終わってもいい だから ありったけを」

同じことを「キメラアント編」で何度も思わされたので、あと 100 巻は続くと信じていますけどねッ!

カミサマは どこに

H×H』は一つ一つの描写が分かりやすいけれど、謎めいた難解なセリフが多い。絵で魅了して言葉で悩ませる。困った作品ですね!(笑顔で)

たとえばパリストンが言う「カミサマ」には、わざわざ引用符が付いて片仮名になっています。単純に神のことを指しているのか、それとも誰かの呼称なのか──。

何週間も前に載った「ハンター十ヶ条」の話をサラッと出すところから考えても、一見さん(というか立ち読みで済ませる人)に優しくないマンガですね! ぜひとも そのままの路線を突っ走って欲しいです!

十ヶ条に潜む爆弾

十ヶ条のなかでキケン性の高いルールは、第八条から第十条だと以前の感想で書きました。会長が不在の場合には、副会長が ほぼ全権を握ってしまう。まるで「会長の暗殺を企ててください」と言っているかのようです。

HUNTER×HUNTER #331 「X 日」 この世は閉じられている | 亜細亜ノ蛾

ジンが言っていたハンター十ヶ条の 解釈次第とは、今回のパリストンが臭わせた「閣議の決定を無視して 強制同義」だったのでしょうか。副会長の気分しだいで、いつでも選挙や協会がメチャクチャになる可能性があった。

チードルも、十ヶ条を改善すること自体には賛成しています。どちらかと言えば彼女の意見というよりも、多くのハンターが抱える不満を代弁した──という感じですけどね。

しかし今回の騒動でチードルは、副会長に関するルールをまっ先に変えようと考えたはず。すべては手遅れだけれど──。

皮肉と不安

扉絵のナニカは、ゴンを治してくれる愛すべき存在のはずなのに、まがまがしい「何か」として描いてしまう。彼女の負の面だけを切り出したような恐ろしさです。

全快したゴンの登場も、最高に喜ばしい場面のはずが──、パリストンの策略のせいで台なしになっている。ゴンが来たせいで、レオリオが会長になる道は完全に閉ざされた。

この皮肉がタマラナイ!

ざっくり軽く読んでいる人には「この子、怖いな!」とか「治って良かったね!」で済んでしまう。一方で長く深く読み込んできた者には、別の面を見せてくれるのです。

しかもゴンは、切り落とされた腕のことを覚えていません。あれだけ すさまじい状況を味わったのだから、記憶に障害が起きても不思議ではない。ナニカは身体を治しただけで、心は癒せなかったのでしょう。

この場にキルアが いないことも不安です。もちろん、今もアルカの近くにいるのでしょう。以前に書いたように、今後も ずっとキルアがアルカを守り続けるのであれば、ゴンともお別れです……。

HUNTER×HUNTER #332 「喝采」 当選よりも尊い友だち | 亜細亜ノ蛾

ネズミが描いた絵

いつもは自信たっぷりの笑みを浮かべていたパリストンが、ここでは うつむいて寂しそうな表情でチードルに語っている。ようやく仮面が はがれた副会長の素顔は、まるで頼りなさそうな好青年です。

まさかの「じつはパリストンは いい人」→「和解エンド」が目の前で ちらついたけれど、そんな生ぬるい終わり方ではなく、惨劇が待っているんだろうなぁ……(期待に満ちた目で)。

策士・パリストンは、恐ろしいほど初期の段階から選挙の結末を見ていた! ジンは さらに先を行っていた(ビーンズとの仕込み)けれど、結果だけを見れば副会長の大勝利です。

ただし、ジンがゴンを選挙に利用するなんて読みは、読者から見れば あり得ない。しかしパリストンは、ジンとゴンとの関係を深く知らないのかもしれません。または知っていても、可能性の 1 つとして冷静に考えたのでしょう。

完全に人物が主体の物語を描く──「人物主体派」冨樫義博先生ならではの場面です。話を成り立たせるために人物を動かす「物語主体派」の作家には描けない。

──いちおう書いておくと、この(自分が勝手に考え出した)分類は、作家の優劣とは無関係ですよ!

ストーリィ主体で人物をコマのように動かす作家と言えば、大場つぐみ先生を最初に挙げます。言うまでもなく大好きな作家で、生み出す作品も優れている。大場先生なら、パリストンがジンの思惑を見抜く手助けを、伏線としてハッキリと描いていたと思う。

人並み外れた 2 人

取り巻きたちからパリストンが情報を得ていなかったことは、ものすごく意外でした。完全にジンを敵として 信頼している感情だけで、今回の巨大な絵巻を想い描いている。しかも負け戦も想定内です。

「仲間を信頼する気持ち」という点では、パリストンもジンもゴンたちも同じ──という点も皮肉ですね。

怪者(けもの)であるパリストンも怪物であるジンも、チードルたちが束になったって敵わない!

ただ こうなると、ジンが動かなかったことは大いに不満です。どうして そんなに余裕があるのだろう?

ここで仮に、パリストンが信頼したとおりだったとします。仲間が助けると信じたからこそ、ジンはゴンを放置した。──そうだとしても、何らかの意図でパリストンが手下を使って、ゴンを亡き者にすることも可能だったはず。

パリストンはゴンに手を出さない──とジンは確信していたのでしょうか。しかし実際には、「選挙にゴンを使われる可能性」をパリストンは考えていた。それをキケンだと考えれば、ゴンを消す算段もあったように思う。

──どうもジンとパリストンの思考は読み切れません。考えるだけの材料が足りないからです。ざっと考えても下記の点が不明のままになっている。

  • ジンはパリストンを止める気があるのか
  • パリストンが「キメラアントのマユ」を確保した理由
  • マユから かえった者の戦力
  • ジンとパリストン・「十二支ん」との関係

感動のエンディング?

会議場の全員が、ゴンとジンとの「感動の再会」を期待している。父と子が涙を流して抱き合う、そんな姿を思い浮かべていそうです。しかし──、

意地っ張りなゴンが、このままジンと会うだろうか?

ずっとゴンは闘病生活を送っていた。たしかに自分自身と戦っている。でもそれは、「ジンと会うための努力」では ありません。なによりゴンが自力でジンを見つけたわけでもない。

うまい具合にハg ──ハンゾーがゴンのとなりにいます。ハンター試験でハンゾーに刃を突きつけられても、ゴンの心は折れなかった。

HUNTER×HUNTER 4 巻 「最終試練開始!」 2 - 決闘も運賃も負けない | 亜細亜ノ蛾

それだけ意志の強いゴンが、「あっ ジンがいる!」→「パパー!!(号泣」なんて簡単に再会したら、ハンゾーも ずっこける。──それだけ!?

それにバックレ王であるジンのことだから、もしもゴンが近づいてきたら、すぐに全力で走り出すのでは? そして こんなオチが待っていた──。

ジン:
「オレの全力は 50m を 10 秒フラットだぜ!」
ゴン:
「遅っっっ!!!1」

おわりに

ちょっと 待ったァァァ」──と ひとりぼっちで『ねるとん紅鯨団』を演じたカンザイが笑えました。ぐう」の音も出てるし。

これがほかのマンガだったら、「トラとネズミ♪ なかよく けんかしな♪」となるところですが、ムリだろうなぁ。

あと、カンザイのシルエットがゴンに見えることもツボでした。ここで怒りのゴンさんが向かって行ったら、パリストンは ひとたまりもなかったでしょうね。

そんな ほのぼのとした展開などまったく考えられないような、不吉だらけの状況だけれど……。

[2] このページの一番上へ戻る