• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『ドラゴン・タトゥーの女』 (The Girl with the Dragon Tattoo)

Dragon Fly ドラゴンは飛び去っても──代わりがいる

タイトルから想像できるように、ブルース・リーの幻の遺作をリメイクしたアクション映画です! 監督はクエンティン・タランティーノで、お得意の多弁すぎるトークと、残虐すぎるバイオレンスが見どころでした。

しがない探偵の元へ、謎の女が仕事を依頼しに来る。彼女に刻まれたタトゥ──そこに隠された秘宝の謎とは? やがて襲い来る悪の組織との闘い! 国中を巻き込んだ紛争の末に、衝撃の結末が! それは──、

──ここまでの話は全部ウソでした!

本当は、自分が大好きなデヴィッド・フィンチャー監督の映画です。彼の作品のなかで一番ふんいきが近いのは、『セブン』や『ゾディアック』でしょう。間違っても『ベンジャミン・バトン』のように ほのぼの路線ではありません。

自分は まったく内容を知らずに劇場へ足へ運んで、「ダニエル・クレイグが主演だし、お気楽なスタイリッシュ・アクション映画だろう」──とノンキに観ていたから、いろんな場面でアゴが外れそうになりました。

ストーリィは「40 年前に失踪した少女の真相を暴く」というミステリィ的な内容ですが、じつは主題は そこにはありません。

この映画の大半は、ヒロインを演じるルーニー・マーラが かわいい! ──という成分で構成されています。だから いっそう、アレな場面で息苦しくなる……。

これから『ドラゴン・タトゥーの女』を観る人は、あまり情報を仕入れずに劇場で観てください。とくに女性の方は、信頼できるパートナと一緒に行きましょう

映画が終わったあとで「誰と一緒に観たかったか」を考えると、ちょっとした「人生の棚卸し」というか友だち選びの手助けになるかも。

猟奇的すぎる彼女

リスベット・サランデルは、タイトルにもなっているドラゴンのタトゥーを入れているヒロインです。傷つきやすくも凶悪なリスベットを、ルーニー・マーラが完全に演じきりました。

彼女の演技だけでも見る価値がある!

ルーニー・マーラであれば、自分の座右の書・『銃夢』の主人公であるガリィも演じられるはずです。リスベットもガリィも、少女の多感さ野獣の凶暴さを合わせ持っている。

劇中で語られるリスベットの年齢ですら「え、そんなに上?」と思ったけれど、Wikipedia に載っているルーニーの写真は もっと幼く見える! 10 歳くらいサバを読めますよね。

ルーニー・マーラ - Wikipedia


──でも、てっきり「全身に刺青だらけ!」とか、最低でも「背中一面に龍の紋々!」(もんもん)があると思っていました。「ちょっとオシャレにドラゴンちゃん入れちゃいました(てへぺろ☆」という感じだったなぁ。

ただし、「体にタトゥを入れる」という痛みは、存分に味わえました……。オシャレ感覚でハードな世界に入門したい かわいこちゃんは、まず本作品を観たほうが良いですね。それからでも遅くない。

カジノの二の舞い

ドラえもん』の主人公は、のび太です。──という文脈からすると、『ドラゴン・タトゥーの女』の主人公はミカエル・ブルムクヴィストでしょう。それくらい、ヒロインに食われていましたね。二重の意味で(お下品!)。

ミカエル役のダニエル・クレイグは、良くも悪くも「いつもどおりの演技」を見せてくれました。安定しているけれど、そこには驚きがない。

今回の探偵役は、ジェームズ・ボンド(007)のような強い男ではなく、『レイヤー・ケーキ』の主人公に近い。ただ、『カジノ・ロワイヤル』を思わせる場面は ありましたが……。

クレイグの私生活からすると、「女性は大の苦手です!」──というタイプでは ありませんよね。今回の映画でも「役得!」などと思っていたりして。うらやましい!

ダニエル・クレイグ - Wikipedia


探偵の相棒と言えば犬が定番です。ところが『ドラゴン・タトゥーの女』では、かわいらしい猫が出てきました。彼(彼女?)が画面に出てくると、自分だけではなくミカエルも顔がゆるんでいる。それだけに──、

猫好きにはタマラナイ場面が後半に出てきます……。

あの「コテージの外に置かれたモノ」の場面は、リスベットの行動に不快感を抱いた人は居ませんか? あれは証拠として記録に残す意味と、犯行の手口から犯人を割り出す目的があった──と思います。

しかし説明不足で、あまりにも たんたんと「プロとしての仕事」をこなす彼女が冷たく見える。そこが狙いなのかもしれませんね。

あと、ヘンリックのように自分は豪邸に住みながら、遠方から わざわざ呼んだ客を寒々としたコテージに住まわせるような薄情者ばかりの島で、どうして猫がまるまると太っていたのか──。そこが最大のミステリィです!

偉人の歌

音楽の担当に大好きなトレント・レズナーが入っていて うれしかった。彼とカレン・O が手がけたオープニングの曲と、なまめかしい映像がエクセレントです!

The GIrl With the Dragon Tattoo Opening Title Sequence - David Fincher Movie (2011) HD - YouTube

この曲は、レッド・ツェッペリンが歌った『移民の歌』のカヴァです。70 年代にしては前衛的な曲ですね。今回のカヴァは、正直「『マトリックス』っぽい」と思った。

Immigrant Song - Led Zeppelin - YouTube

文字どおり「弁護士のくず」

リスベットの後見人──の風上にも置けないニルス・ビュルマン弁護士を演じたヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン(すごい名前)も良かった。

いや、もちろんニルス弁護士に対しては、「よくもオレのリスベットたんをーーーッ!」という感情が 98 割ですよ。しかし、そう思わせるヨリックの演技が素晴らしい。エレベータで涙ぐむ場面が一番好きで、なぜか同情しそうになった。

いま彼の名前・Yorick van Wageningen を Google イメージ検索で探すと、けっこうハンサムに見えるプロフィール画像が目立つ。でも、DVD が出るころには「あの場面」で埋め尽くされるのだろうなぁ──と今からワクテカしています。

正直者ノオト

ニルスの配役を見て確信したのですが、デヴィッド・フィンチャー監督はミステリィには向いていない。サスペンス(ドキドキハラハラ)は一流だけれど、ミステリィ(犯人は誰だ?)は苦手だと思う。

なぜなら、一目で犯人が丸わかりです!

依頼人のヘンリック・ヴァンゲルクリストファー・プラマー)を始めとして、ディルク・フルーデ弁護士(スティーヴン・バーコフ)やマルティン・ヴァンゲルステラン・スカルスガルド)やアニタ・ヴァンゲルジョエリー・リチャードソン)──と怪しい人物が次々に出てくる。

しかし、ハリエット・ヴァンゲルモア・ガーペンダル)の「殺害事件」に関わった犯人は、初登場のシーンからして怪しすぎました。照明の加減で、どう見ても悪人にしか見えない。あれは失敗だったと思う。

デヴィッド・フィンチャー監督は、配役が正直すぎる

セブン』が最高に面白い理由も、犯人捜しではないですからね。個人的には好きになれなかった『ゾディアック』も、じつに「分かりやすい犯人」を持ってきていた。

ドラゴン・オブ・ザ・リング?

下のサイトを見つけて、「早くも続編の予告編が!」──と勘違いしました。同じ人が 1 人や 2 人や 1,024 万人はいるに違いない。

映画「ミレニアム 2 火と戯れる女/ 3 眠れる女と狂卓の騎士」オフィシャルサイト

本映画は『ミレニアム 1 ドラゴン・タトゥーの女』という小説が原作です。3 部作の 1 作目だったのですね。──タイトルだけを見ると、どう考えてもファンタジィ作品だよなぁ……。そこが伏線なのでしょうか。

ミレニアム』 3 部作は先にスウェーデンで映画化されていて、ヒロインであるリスベット役のノオミ・ラパスは演技を絶賛されたそうです。今回の映画はアメリカ版のリメイクでした。これは ぜひとも見比べたい!

Wikipedia によると、クレイグは2010年7月に3部作全てでブルムクヴィスト役を演じる契約を結んだとのこと。リスベットもルーニー・マーラに続けて演じて欲しい!

余談

今回のサブタイトルも、ゲーテからの借り物です。下の名言を逆に裏返しました。

高尚なる男性は、女性の忠告によっていっそう高尚になる。

「愚かな男は女性への忠告で さらに愚かになる」──としたかったのですが、(この映画のように)長すぎる。それに、ニルスにしか当てはまらない。犯人にも、リスベットに忠告や■■して欲しかった──とかは思っていませんよ。

ミカエルに冷酷な説教をたれる犯人が面白かった! 『セブン』でも平常心で語る犯人が良かったし、この「悪人かく語りき」は「フィンチャー節」(ぶし)として定番化して欲しいです。

おわりに

リスベットがミカエルにゼロ距離まで急接近! する場面は唐突すぎて、彼女が彼のどこを気に入ったのかが、最初は分かりませんでした。愛人を作っているし。

ただミカエルは、すくなくとも女性に暴力を振るう男ではない。それに、娘のペニラジョセフィン・スプランド)を大事にしている。彼の紳士的な態度を見て、リスベットは彼を好きになったのでしょうね。

だからこそ、最後の場面が悲しい……。


「金と権力を持った男はロクな事をしない」──これが本作品の一貫したテーマでした。最後の最後に「金を手に入れたロクでもない男」が 1 人増えるところが、なんとも皮肉で切ない……。

そう、「ハリエット事件」の解決後は蛇足とも感じたのですが、この切なさを描くための場面でした。あのラストは「それは ないわー ミカエルないわー」ですよね!

この作品のタイトルは、『かわいそうなドラゴン・タトゥーの女』がピッタリだと思う。

ということで次回は、『火と戯れる女の報復 ~アタシを捨てた男にタトゥー~・ドキッ! 湯けむり旅情編・(ミカエルのナニが)ポロリもあるよ!』をご期待し──ないでください!

[2] このページの一番上へ戻る