『バクマン。』 171 ページ 「マイクと台本」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 16 号)

great-egret-morro-strand_l_cs3 夢見る鳥よ──今こそ飛び立て

ゲゲゲの鬼太郎』みたいな顔をしながら、カヤは的確なことを指摘していました。いつもながら彼女はズバッと真実を見抜きますね! 「もう新妻じゃないほうのエイジ」みたいな感じ(?)。

カヤが言うように、たいへん上手だけれど──聞いていて飽きてくる演技や歌も あります。相手を感動させる声とは、なにが違うのだろう……?

自分は、『魔法少女まどか☆マギカ』の とくに 11 話を聞いて、声優の──というよりも「人間の声そのもの」の力強さと恐ろしさを思い知りました。

魔法少女まどか☆マギカ 第 11 話 - 最後まで残る思い | 亜細亜ノ蛾

もっとも人間の心を震えさせる音は、人間の声です。

精一杯演じますので

田中美管(たなか みかん)は、「プリンセス・ミカン」と勝手に命名しました。サービス精神が旺盛で愛くるしい美管は、演技も上手です。「今人気急上昇中」だから、まだ新人なのかな?

美管の おかげで、『REVERSI』のヒロイン役は「水鳥菜保」(みなどり なほ)だと分かりました。かなり重要な情報なのに、初めて明かされた──よね?

水鳥(みずどり)は、人知れず水面下で必死に足を動かしている。亜豆にピッタリの役ですね!


おまいらの星・石沢秀光センパイは──ネットで見ているだけでした。もう ここまで話が進んでしまったら、彼には何もできない。せめて「全声優の解説役」くらいはして欲しかった。

ナナ姫」こと大月奈々観(おおつき ななみ)の言葉は、あの「アズキュンナイト」の放送を聞いた人であれば、完全に宣戦布告だと分かりますね。自信満々の彼女ですが──。

今のは反感買うだろ

われらがナナ姫は、演技すら描かれずに出番が終わってしまいましたね。噛ませ犬どころか、なにも「かまして」くれなかった(二重の意味で)。

次回あたりで「次は負けませんわ!(ツン」とか言ってる大月の姿が見えるぞ……。


郷田夫人」なんて呼ばれ方をする声優は、実際に存在するのだろうか。そもそも「夫人」という言葉は、「まず夫ありき」な感じがして嫌いです。

「○○の子」も同様にイヤだけれど──海外では「ジュニア」なんて本名を付けたりするし、日本でも「△代目□□」なんて名乗ったりする。自分自分が けっこう変わった名前だからか、どうも誰かの借り物みたいな名前にはモヤモヤします。


亜豆の所属する声優事務所の社長が悩んでいた問題──「結婚というハードル」なんて、すでに飛び越した実力派・郷田が居ました。この事実は、亜豆にとっては良い兆候でしょう。

そんな郷田の演技も気に入らないのか、今度は植田まさしキャラみたいな表情で、カヤはセンベイをかじっている。カヤさん、センベイは──けっこう「来ます」よ……(おなかにタプンと)。

私が 受かるのを

亜豆は ずっとサイコーを待っていた。いつまででも待っているつもりだったとは思うけれど──すこしばかり長すぎましたね。さらに今度は亜豆がサイコーを待たせる番です。

まるで天の川に両断された男女のよう──。

なんとなく思いつきで書いたけれど、もともと七夕の伝説は「結婚生活が幸せすぎて働かなくなった夫婦への罰」から始まったことを考えると、なんだか意味深ですね……。

七夕 - Wikipedia

台本忘れて

何多良幹羅(なたら かんら)は、さすがに 1 番人気の声優だけあって、経験も実力も あるのでしょう。亜豆が置いていった「キレイな台本」の異様さに気がついている。

たぶん、亜豆がどれだけ前から菜保役に打ち込んでいたか──『REVERSI』の原作を深く読み込んだのか、この台本だけで何多良は察したでしょうね。だからといって、彼女も力を抜かないはずです。それが亜豆への敬意にもなる。


声優・亜豆美保は、待ちに待った戦いの聖地へ たどり着いた。「孤独な数字である 7」番を背負っている。あとは、彼女の演技に票を入れてくれることを祈るだけだ。

7は孤独な数字 - みずぴー日記

──という緊迫した場面なのに、「キレイな」と「郷田夫人」とのイメージで、「きれいなジャイアン」を思い出しました。台なしだ!

「きこりの泉」からきれいなジャイアンが出現するムービー - GIGAZINE

[2] このページの一番上へ戻る