『バクマン。』 173 ページ 「瞬間と最終巻」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 18 号)

Aug 10, 2009 頼みを聞くかどうかは──アナタしだい

「友情の崩壊は、金の貸し借りから」とから言います(さっき考えた)。親しい友人に お金を貸す時は「帰ってこなくても良い」つもりで渡せ──と以前に母親から言われました。その通りだと思う。

しかし、貸した お金が返ってこないことよりも、もっと深い悲しみが世の中にはあるのです……。

金の切れ目が… - 亜細亜ノ蛾 - ダイアリー

今回の話では、まさかの「借金の お願い」が描かれたけれど──。

シュージンに 頼みが

昨日の感想では、サイコーの態度が男らしくないとか、そろそろ年齢的にアホ毛は厳しいとか──書いたような書かなかったような気がするけれど、この場面のサイコーは格好いいですね!

結婚相手のために新居を購入するなんて、これこそ正しい お金の使い方です! 亜豆も喜ぶでしょうね。

でも『To LOVEる』だったら、サイコーも亜豆の家に住んで、みんなで仲良く親子丼を食べる展開に違いない!


亜豆を 最高の形で 迎えたい」って、「亜豆がサイコーのコスプレをすること?」とか思ったりして。──髪型の再現が大変だ! まずはヘルメットを脱がないとダメですねー。

真面目に 言ってるのか?

作家本人の主張と編集部の都合と、どちらを優先するか──。これは まさに「ニワトリが先か、牧場主の山田さん(仮名・嫁 募集中なう・金持ってんぞー!)が先か問題」である(?)。

ふざけた態度を取ったことが少ない服部の発言でも、瓶子編集長は耳を疑ったでしょうね。「また亜城木くんか……」と思ったはずです。

いまの状態で『REVERSI』を終わらせることと、新妻エイジの『CROW』を最高の状態で完結させたこととは、なにもかも状況が違う。どちらも「作家のワガママ」ではある けれど、『CROW』は文句の付けようがない最後でした。

ところで、『CROW』以上どころか「この世に出たなかで一番おもしろいマンガ」という巨大な目標を掲げて、実際に雄二郎も絶賛していた『ZOMBIE』は、いま どれくらい人気を集めているのでしょうかね? 今後もヒットし続けるのかな。

予想通りの 反応だ

この打ち合わせで服部は、これまでに見たことがないくらいイヤそうな表情をしています。まるで、「聞き分けのない子ども」に嫌気が差しているような顔ですよね。

亜城木コンビは いつもいつも問題を起こすし、編集長からは叱られるし、たしかにストレスが たまるよな──と見事に引っかかりました。

幸せの大半は、「気持ち良く だまされること」です。


『REVERSI』の 第 2 部を描くかどうかという問題は、まるで『DEATH NOTE』の作者でもある大場つぐみさんが、自分自身に問いかけているかのようです。

DEATH NOTE』が 2 部構成になった いきさつなどは、(読んでなきゃモグリな)13 巻のインタビューをご覧くださいね!

いつ終わっても かまわない

そう、まだ『REVERSI』には、 週刊連載のアンケートでもコミックスの売り上げでも『ZOMBIE☆GUN』の上を行く──という大きな目標を達成していません。

だから現時点では、「両方ともエイジに勝つまでは連載を続ける」が正解だと思いました。アニメうんぬんではなく。

しかしシュージンは、第 2 部を作ることは「無理に続ける」と思ってしまっている。一度でも こう考えたら、続ける意欲が なくなるはずです。

恋愛と同じで……。

このまま 突っ走って

「悪魔が人間を悪用するために洗脳する」・「その人間を救うために洗脳する」というアイデアは、いくらでも話を広げられる。やはり第 2 部以降も続ける価値があると思います。

現在の話では「黒悪魔も白悪魔も、ダブル主人公だから出さなければならない」という制限がある。その点を外した話を見せれば、読者も新鮮味があって人気が出るのでは?

また、そうやって人間の心を描いていくことで、亜城木夢叶の作品に欠けていた「登場人物の心を描く」部分を追及できる。


ところが、サイコーも「今の話は 終わらせるべき」だと考えています。その意見はシュージンと同じだけれど──。

ここで残念なことは、もしも第 2 部を始めるとして、「第 1 部以上に面白い話」をシュージンなら書いてくれる──とサイコーが期待していないことでした。

それくらい今の話が盛り上がっているから──とも受け取れるけれど、「シュージンなら書けるはず!」とサイコーには信じて欲しかった。

──それ以前に、「ずっと亜豆美保が演じるヒロインを観ていたい!」という純粋な気持ちはサイコーに ないのかな……。

その欲望は、許されるはず。

[2] このページの一番上へ戻る