『バクマン。』 174 ページ 「あり方と終わり方」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 19 号)

Loki and her little tongue cleaning 白黒つけがたい時には──灰色が最良

『CROW』と『REVERSI』は、「マンガ家にとって最良の終わり方」がテーマだったと思います。

──やはり どうしても『DEATH NOTE』の終わらせ方に対する大場つぐみ・小畑健コンビからの解答に見えてしまう。つまりは、不満があったのではないか、と……。

読者としては、どういう形でも良いから続いて欲しい──という気持ちも ありますよね。なんだかんだと文句を言いながらも、いつまでも楽しみたい。そんな勝手な生き物なんです。

あと 8 週で 終われる

シュージンからハッキリと残りの回数を聞いたのは、サイコーは この時が初めてでした。思い入れがあり夢を実現してくれた作品だけに、「10 週前後」と「8 週」とでは受ける印象が大きく違ったでしょう。

『REVERSI』は、シュージンにとっても希望通りの 終わり方が できる初めての作品に なりました。作家冥利に尽きる──けれど、こんなワガママは さすがに最後でしょう。

いや、亜城木のことだから、また次も……。

人間に戻って

てっきり菜保は洗脳されたままかと思ったら、サトルが人間に戻ることを望んでいる。それに「白悪魔」(ヴァイセ)って、「正義の悪魔」だったんじゃなかったっけ? 倒すべきラスボスみたいに描かれている。

亜城木コンビが盛り上がっている一方で、残念ながら自分には『REVERSI』の魅力が半分も伝わってこなかった……。

もう時期を逃しているけれど、『バクマン。』と同時進行で『REVERSI』も連載していると最高に面白かったでしょうね!

もちろん『REVERSI』も大場・小畑コンビが描き、こちらは月刊連載にする。つまりは亜城木と同じ連載の形態です。それなら、前代未聞の「作者自身が別の作品でラストをネタバレ」できたのに。

そう言えば、亜城木夢叶で一番続いている作品は『PCP』に なりました。こちらの作品のほうが好きな自分には、結果的に良かったかな。


シュージンの原作は「人間が描けていない」とか「人物に魅力がない」という印象が強かった(勝手に思い込んでいた)。

ところが『REVERSI』では、主人公が「人間として 死ぬ」ことを追及している。「どう死ぬか」は「どう生きたか」とも つながってきます。

今後のシュージンは、もっと意欲的に人間を描くのでは──と想像しました。得意な「エグイ話」と「SF 調」を合わせた作品を完成させた今、次は ほのぼのした作品が良さそうです。

──でも たぶん、またエグイのでしょうね!

ラストは 31 号

服部が残念がっているように、「ジャンプ」の人気作品が人気のままで終わるのだから、巻頭カラーくらいは取って欲しかった。急に決まったことだから仕方がないのでしょうかね。

それよりも、妙に寂しそうな表情をした服部が気になりました。力を入れてきた作品が終わるのだから、気持ちが沈んで当然だけれど……。

読者も ビックリ するだろうな」という服部のセリフには、なにかのウラがあるようにも感じる。

「REVERSI」 終わるんですか

連載が終わることを聞いたアシスタントの反応が、それぞれの性格を強く出していて おもしろい。

小河は まっ先に収入が減ることを心配しているし(そしてサイコーは気がついてねェし!)、森屋は芸術的かどうかで評価している。

ここでシュージンは「終わることも 内密に お願いします」と釘を刺しています。ただ、急に仕事のペースが遅くなるし、出勤日も減るはずだから、分かる人には分かるでしょうね。


最近は妙に おとなしかった折原が、この場面ではムダに騒いでいます。「折原一力が元気か見守る会」の会員としては、ホッと一安心でした。やはり彼は こうでなくっちゃ!

折原には弟が居るようです。ここで わざわざ出してきたのは──、「加藤奈津実が弟に一目惚れするフラグ」かもしれませんよ!?

加藤と折原が恋人同士になる のでは──と以前は予想していたけれど、この 2 人は「きょうだい」のほうが似合いそう。

黒悪魔 最後は 勝つよな

アンケートでも上位に入っているし、コミックスも売れているけれど、なんだか面白味がないマンガも あります。このブログにも、何度か名前が挙がっていたりして(にっこり)。

ところが『REVERSI』(と『ZOMBIE☆GUN』)は、ちゃんと おもしろくて人気を獲得している。それだけに、たいていの読者は もうすぐ終わるなんて想像していないはずです。

わかんねーよ 亜城木夢叶 だし」って、素晴らしく素直で端的に作家を表わした言葉ですね!

自分が何度も言ってきた「大場先生だから裏をかいてくる」とか「冨樫義博先生だし油断できない」とか「篠原健太先生、もっとお色気を!」に通ずるものがある(ん?)。

いつだって読者は驚かされたい。

[2] このページの一番上へ戻る