『バクマン。』 ラストページ 「夢と現実」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 21・22 合併号)

Ferrari 458 Spider 足に星を履く──真紅の蜘蛛

バクマン。』は今回で最後です。

──って、えええぇぇぇーーー!!!? 華々しいセンタ・カラーに「真城だけに真っ白な礼服ってか www」と万死に値するようなギャグなどを含めて、いつものようにテキトーな感想を書こうと のんきに思っていたのに……。

あと、記事のタイトルで最終回であることが完全にネタバレですね(てへぺろ☆)。コミックス派の人が見ていないことを祈るしかありません。なむなむ!

ついに この日が来た

われらが「サイコー」こと真城最高は、なぜか「クモ」に乗って登場です(※)。一世一代の大仕事のために気合いが入っていますね! このページは、ぜひとも巻頭カラーで見たかった!

このフェラーリは、てっきり平丸一也から借りたのかと思ったら、とくに言及されていません。それに平丸の車はポルシェでした。

レンタカーという可能性もあるけれど──、せっかく お姫様を迎えに北王子様が、「借り物の馬」というのも情けない。おそらく自分で手に入れたのでしょうね。

あんなにしっくりくる人は

サイコーは最高に意地っ張りだけれど、見栄っ張りでは ありません。普段の服装で分かりますよね。インクで汚れた普段着が戦闘服です。

そんなサイコーが、プロポーズのためとはいえ高級車で出迎えるなんてらしくありません。この真赤なフェラーリの「スパイダー」(※: 蜘蛛)は、川口たろうの遺志を継ぐ意味があったらしい。

おじさんが下のような車を夢見ていなくて良かったね!

痛車ここに極まる! 車体価格2600万以上 「フェラーリ F430スパイダー」の痛車が秋葉に登場!!:【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)


個人的には、たとえ どんなに尊敬する人であろうとも、他人の人生をなぞるような生き方には疑問が あります。川口たろうも、そこまでコピペしなくても──と天国で思っていそう。

亜城木夢叶は「ジャンプ」で 1 番の作家になり、サイコーは意中の人と結婚できる。それだけで十分でしょう。

──そうか、この川口たろうの意志が残した日記は、サイコーにとっての「デスノート」だったのか。だからサイコーは、おじさんが書いたとおりに動いてしまった。

ということで、『DEATH NOTE 2』マダー?

始まったよ お姉

せっかく夢が実現した瞬間なのだから、サイコーも家で観れば──とも思う。でも、真新しい高級車の運転席で観るのも、なかなかゴージャスで良いかも。

次の放送からは、サイコーと亜豆の 2 人で ゆっくりと楽しめますね! 読者は その姿を見られないけれど……。コミックスの加筆に期待します!


最終回にも亜豆の母親・美雪が登場して良かった!

そもそも、物語の発端は美雪です。もしも川口たろう──真城信弘と春野美雪が出会わなかったら、サイコーが本気でマンガ家を目指さなかった可能性も高い。

しかし、この現実世界と同じで、作品の世界にも「もしも」は ないのです──とか言いながら、『真・バクマン。』マダー?

亜豆との夢が 叶う

亜豆が近くにいると挙動不審になっていた学生時代のサイコーにとって、『REVERSI』の主人公であるサトルのようにクールな人間は、理想の姿なのかもしれませんね。

でもサイコーには、サトルに勝っている部分がある。

『REVERSI』のアニメ化が決定し、「菜保」役が決まった段階で、すでに亜豆との約束は果たしていました。それなのに、あくまでも声優・亜豆美保がセリフを話した瞬間をサイコーは待っている。

──どんだけ辛抱強いねん!


亜豆が良い表情をしています。本格的に夢が叶った瞬間は、さまざまな思いがこみ上げてきたでしょう。ここまでが長かった──ようでいて、あっという間でしたね。

でも、なんだか感極まって震えている亜豆が、なんだか おもしろかった。「ブルブル亜豆美保」という商品が できそうな感じ(?)。

恋の 方程式も

どうやら亜豆は、「菜保」のセリフを話した時にサイコーが迎えに来ると考えていたようです。自分もそう思っていました。──と言うか、そういう約束だった、ような……。

アニメは録画して、あとで一緒に観れば良いじゃん!

最後の最後まで女心が分からないサイコーなのでした。これから じっくり学ぶことになるでしょうね。その前に、亜豆が あきらめるかな。

[2] このページの一番上へ戻る