• 投稿:
  • カテゴリィ:

Windows 8

All the troubles lie on his shoulder 古きをたずねて──新しすぎを知る

うぃんどうず・えいとの はつばいまぢか ですねー。

──と やる気ゼロで始まりましたが、どうも「Windows 8 は素晴らしい!」という声が(お金の臭いと無関係では)聞こえてきません。不満ばかりが目立ちます。

どれほど Win8 がヒドイのか──は下のほうに まとめました(2ch からは引用していません)。製品が発売されたら、もっと不平不満が増えるでしょうね。

ISP のサポート・センタを辞めて良かった……。

ということで、「現時点では」という枕詞を付けると Windows 7 搭載パソコンを購入するほうが お得ですよ! いま Win7 マシンを買うと、Win8 へは 1,200 円で更新できます

Windows 7購入でWindows 8が1,200円、キャンペーン開始 / DSP版やプリインストールPCが対象

シニアの視点から見る

お年寄り向けに使いやすいウェブ・サイトの調査が専門のマミオンで、シニア向けの Win8 レビューが掲載されていました。ぜひ お読みください。

アプリケーションの終わり方がわからない
シニアの方々に、今のアプリを終えるのに、
的のないところにマウスカーソルを持っていき、さらに”スタート”を押すという
二段階の操作をお願いできるだろうか…。

一貫性のない操作体系
操作体系が2つ混在するということです。
メトロUIに対応したアプリと、そうでないアプリの2種類があり、
それぞれ見た目やクリック時の挙動、閉じる方法なども違います。
これ、初心者にどうやって説明すればいいんでしょう…。

メトロUIとデスクトップUIを行ったり来たり
結局、ほとんどのユーザーは
メトロUIだけ、デスクトップUIだけではパソコンの利用を完結することができず、
どうしてもその2つを行ったり来たりすることになります。
初心者にとっては、今まではデスクトップUIの操作だけを覚えればよかったものが、
さらにメトロUIのお作法も学ぶ必要があるということです。

これは──ひどいぞ……。

老年層の方々は もちろんのこと、「パソコンは たまに MP3 を落と──もとい、調べ物に使う程度です(棒」というライト・ユーザ(気取り)にもハードルが高すぎる操作感ですね!

担当者すら使いこなせない

──いや、マイクロソフトの社員ですら、Win8 の「メトロ・スタイル」を使いこなすことは むずかしいようです。

マイクロソフトの開発者向けイベント「Windows Developer Day」では、基調講演にもかかわらず、同社担当者が何度かチャームの呼び出しをやり直す姿が見られた。基調講演のリハーサルは入念に行なわれるはずだが、それでも操作ミスをするのは設計が間違っているとしか思えない。

やれやれ。

慣れるまでの辛抱?

パソコン関連の客商売で生計を立てている人は、目の前が真っ暗になってきましたよね。前にいた会社の社員は、定時──どころか日付の変更前に帰れるのかな……。

ただ、「Metro UI」(メトロ・ユーアイ)という新しいスタイルに挑戦しているのだから、今までの操作感覚から変わることは当然です。このカラフルでシンプルな画面は好きなんですけどね。

すべては慣れで解決できるでしょう。──人間のほうがコンピュータに合わせること自体、とてつもなく間違っているけれど。

おすすめは Windows 7

やはり、今のところは Win7 のほうが安定していますね。Windows Vista から導入された「Aero」(エアロ)を無効にすると、より以前の UI に近づきます。

下のページは Vista での調査ですが、Aero が有効でも無効でも、CPU への負荷だけを見ると あまり変わらないらしい。自分が慣れたほうを選べば良いと思います。

AeroはON ,OFFのどちらがパフォーマンスが高いのか?(Vista)--ツール・ド・PC

そう、この「好きな UI スタイルを選ぶ」ことが Windows 8 でも確実に できるのかな……。

いま人気のパソコン

この記事の上下に さりげなく張ってあるコンピュータは、売れている Windows 7 搭載パソコンです! 一昔前と比べると、ものすごく安くて高性能になったなぁ……(自分のパソコンは 2006 年に購入の Pentium 4 搭載機)。

Amazon: デスクトップ・パソコンのベストセラー

Amazon: ノート・パソコンのベストセラー

[2] このページの一番上へ戻る