Panasonic LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S. H-HS12035

恋 恋する一瞬も──美しく写し取る

パナソニックの LUMIX G シリーズ用レンズ・「Panasonic LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8」が発売されます!

35mm 判換算焦点距離24-70mm という一番使いやすい焦点距離の上、全域で F2.8 の明るさであり、このクラスでは世界最小・最軽量のレンズですよ!

以前に Panasonic LUMIX GX1DMC-GF5 用の写りが良いレンズを紹介しました。今回の 12-35mm F2.8 も間違いなく ここに加わるはずです!

オリンパス OM-D E-M5・E-P3・E-PL3 パナソニック GX1・GF5 用の推薦レンズ! | 亜細亜ノ蛾

すでに海外のサイトでは 12-35mm F2.8 のレビュー記事が公開されていました。どのような特徴と特色を持っているか見てみましょう!

LUMIX G X VARIO 12-35mm|交換レンズ|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic LUMIX G X VARIO 12-35mm|交換レンズ|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic

海外レビューサイトの記事

毎日毎日・何回もチェックするのが当然の「デジカメinfo」で海外のレビューを翻訳されています。

  • 軽量コンパクトにもかかわらず、このレンズは非常にしっかりとした造りだ。鏡筒はガンメタ仕上げのハイクオリティなプラスチックで、マウントは金属製。F2.8の明るさだが重さは305グラムしかなく、GF3などのコンパクトなボディともよくなじむ。防塵防滴を採用しており、過酷な環境にも対応する。
  • 手ブレ補正は、35mmで1/10秒でシャープな画像が得られ、おおまかに言ってシャッター3段分の効果がある。目一杯気を付けて撮影するなら、35mmで1/5秒でさえ可能だ。
  • 解像力は12mmでは、中央はすでに素晴らしい値(excellent)で、四隅はまずまずの値(fairly good)。F4に絞ると中央はズバ抜けた値(outstanding)になり、四隅も良好な値(good)になる。
  • 逆光耐性の問題はなく、光源を入れて撮影した場合でさえ高いコントラストを維持している。
  • 良い点: 素晴らしい解像力(特に中央)、歪曲が少ない、防塵防滴、高速なAF、F値2.8一定、手ブレ補正、コンパクトなサイズ。
  • 悪い点: 高価なのはプロスペックのF2.8ズームでは普通のことだが、手が届かないユーザーも多いかもしれない。
  • このレンズはズーム全域で一貫して非常にシャープだ。絞り開放では四隅がわずかに甘いものの、非常にシャープで、F4に絞ると隅々までシャープになる。
  • AFはとても静かで非常に速い。フィルター取付枠は回転しないので、偏光フィルターの使用は容易。
  • このレンズは全体的に素晴らしい性能で、加えて手ブレ補正と防塵防滴が自慢だ。GX1ユーザーのアップグレード用として魅力的。

小型で軽量なのに鏡筒の作りが良くて、プロ・カメラマンの愛機としても使える信頼度ですね!

価格が落ちてきた GX1 と組み合わせたい!

Panasonic LUMIX G シリーズの記事

おわりに

いつも思うのですが──、無機質な英数字の並んだ型番だけではなく、カメラやレンズに愛称を付けるのは いかがでしょうか? 今回のレンズのように長い名前では、タイトルに すべて載せて紹介しにくいです。

たとえば、憎むべき怨敵──もとい競争相手であるソニーの「AIBO」に対抗して、パナソニックの作った愛玩ロボットが、

「DOGGIX G X INU-CHANG 266-1600/1.5 D.O.G. PET-001D」

──などという名称だったら売れると思いますか?

かつてのパナソニックは「画王」・「録画王」というテレビとビデオのシリーズを登場させて、現在でも「VIERA」を出している。

パナソニックのテレビブランドの変遷 - Wikipedia

カメラとレンズの世界でも、パナソニックのマイクロフォーサーズ機は、ほかのメーカを圧倒する独自性を持っています。それならば、「型番が当たり前」な常識も打ち破って欲しい!

[2] このページの一番上へ戻る