写真家・魚住誠一 × ワコム Intuos5

Happy Caturday to all friends ! 愛情を込めて──赤ちゃんのように扱いたい

魚住さんが どえれぁあモン書いとるがね!

とくに女性のポートレイト写真を撮る人は、下の記事を熟読しましょう! 魚住誠一さんの著書である『おしゃれなポートレイトの撮り方』シリーズや『ポートレートスタイル』に書かれているような、レタッチの極意が無料で読めますよ!

写真家・魚住誠一がワコム「Intuos5」で教える“愛情レタッチ” - デジカメWatch 写真家・魚住誠一がワコム「Intuos5」で教える“愛情レタッチ” - デジカメWatch

そして、ストレスなくレタッチするには、ワコムの超絶品ペンタブレット・Intuos 5と、超定番で使いやすい Adobe Photoshop CS6が必須ですね!

レタッチの要点

上の記事からポイントを抜き出しました。

  • Photoshop の「パッチツール」を利用する
    • 髪の毛を消したりシワを目立たなくする
    • コツは肌色の近い部分ごとに細かく消していくこと
    • 手首の血管が浮いているところも なじませる
    • 本人でも気づかないぐらいのサービスがいい
  • 「覆い焼き」・「ぼかし」ツールを使う
    • サイズを小さめにした覆い焼きツールで白目を白く印象的にする
    • ぼかしツールで白目と黒目の境界線をぼかす(女優のような目)
    • Intuos の筆圧検知で微調整が容易にできる
  • 「ゆがみ」ツールで一段上のレタッチ
    • 二の腕を「少し押し込んであげる」と ほっそりする
    • 顔の輪郭、首、体のラインにも応用が可能

おわりに

実際に Photoshop 上でレタッチを行なった自分には、コツの ありがたみがよく分かります。一つ一つが重要で、それぞれの さじ加減を悟ると、自然で美しい写真に仕上がりますよ! そして写真の撮影も楽しくなる。

じつは、『おしゃれなポートレイトの撮り方』シリーズの初期から、魚住さんの基本的なレタッチ法は変わっていません。つまりは、一度でも会得したら一生使える技ですね!

まずは手を動かしましょう

[2] このページの一番上へ戻る