• 投稿:
  • カテゴリィ:

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』 No.25 「突入」

If God Will Send His Angels 見ずとも見える──それが愛

いよいよ王と討伐隊の待つ宮殿へ突入!

──するまでに前半を丸ごと費やした上に、後半も数秒間の場面しか描かれていません。でも、その分だけ おもしろさが凝縮されています!

ミリ秒単位で状況が変わり、それぞれの心理も揺れ動くなかで、なぜか一心不乱に踊り狂う者もいたりして──。

No.266 「万が一」

今回も、過去の感想に加筆していきます。

HUNTER×HUNTER #266『万が一』 ユピーの「正体」 | 亜細亜ノ蛾

前回で止めた絵・今回は動きのある絵を出して、超高速の迫力を見せました。映画と違って「本当の動き」が ない分だけ、マンガは強調して見せたい点を作者が自由に決められる。本当に冨樫先生はマンガの達人です!

小説の場合は絵すらないから、登場人物の心情を細かく描くことで、読者の心理を操作できる。最近の『H×H』に増えてきたナレーションは、小説でいうと「地の文」(セリフ以外の文章)の役割を果たしています。

──ただし、ナレーションは絵を手抜きするため──ではないということを強調したい。本作品のナレーションを飛ばして絵だけ目で追っても、十分に状況が つかめます。ほかの作品でも試すと おもしろいでしょう。


一見すると「暴走」したように見えるゴンが、じつは討伐隊のなかで一番状況を冷静に見ていた──という描写が素晴らしい!

出番もセリフも少なくなり、存在感がシュート並(失礼)だった最近のゴンは、やっぱり思考の瞬発力が ずば抜けています。ゴンの お尻──もとい背中を見て、シュートが男惚れする気持ちも分かりますね!

No.267 「発動」

HUNTER×HUNTER #267『発動』 二つの絶望、なぜドラ問題 | 亜細亜ノ蛾

一瞬の判断が明暗を分けて、それが誇張抜きで人類の滅亡にも繋がる──。という状況で、「天上不知唯我独損」(ハコワレ)の「発動」で出現したポットクリンの緊張感のなさが楽しかった。

「ハコワレ」は相手にオーラを貸す念能力です。これを文字どおりに受け取ると、相手をトバす分だけのオーラがナックルに必要になる。そうなると、ナックルの実力以上の敵には使えない──。

ということでゴンは、ナックルから本当にオーラを借りたのではなく、「力が漲る──気がした」ということだと思っておきましょう。


いまだに「なぜ『龍星群』(ドラゴンダイヴ)を使ったのか問題」が気になります。

まず、討伐隊の何人かが犠牲になる可能性も ありました。普段の彼らであれば(イカルゴ以外は)余裕で避けられるだろうけど、護衛軍との戦闘に集中していたら、龍を食らう確率が万が一よりは上がる。

そして、結果的に王と護衛軍は分断されたけれど、完全に偶然でしかない。もしもコムギが王宮に来ていなければ、王は玉座の間にいて護衛軍もすぐ近くにいる。小龍ごときは、王なら指 1 本で はじき飛ばせたかもしれません。

これくらいだったら、ネテロとゼノも普通に「4 次元マンション」の出口から侵入して、ゼノは「龍頭戯画」(ドラゴンヘッド)のなかでも強力な「牙突」(ドラゴンランス)で攻撃したほうが良かったと思います。

──もちろん、そんなことは 4 年以上経った今だから冷静に書けることだし、ドラマが生まれません。


迎賓の間に王がいた理由は、モラウの予想どおり「コムギ 余は お前のことが(以下自粛」と真中に這いながら来た──のでは絶対ない

最初から王がコムギと一緒にいたのであれば、コムギには龍が当たらないように、王は最大限の注意を払って行動するはずだからです。

──ん? でも、そんな余裕がない状況だったのかな……。妙にコムギがキレイに見えるし。つまり(以下自粛

あと、迎賓の間へ跳躍している最中と、窓から覗いている時のピトーは、高橋留美子キャラみたいで かわいかった!

No.268 「王。」

HUNTER×HUNTER #268『王。』 ピトーが歓喜する理由 | 亜細亜ノ蛾

下の文は、人間の愛情や道徳について書いてある──と読めます。すくなくとも、悪い意味には取れませんよね。二人の死線を 横切った王が攻撃しなかった理由も、コムギの件に対する礼儀です。

一個の生命に 対する慈愛溢れる 振る舞い

これを侵しては そもそもの 大儀を失い 人ですらなくなる

ところが、今回の作戦が「アリの駆除」や「討伐」ではなく、良い意味でも悪い意味でも「人が行なう戦争」なのだ──と上記の文は示している。

細かいことを言えば、この場面にふさわしい言葉は「大儀」(大きな儀式)ではなく「大義」(大切な道)だとも思う。

ただし、ハンター協会の代表としてネテロが「キメラアントの駆除」を請け負う場面(ずっと先の展開)を見ると、「手間のかかる面倒なこと」という意味の「大儀」がピッタリではある。ゼノが龍を放ったのも仕事です。


そんなことよりも、「王って まゆ毛あったんだ!?」ということのほうが、重要で驚きだったりして。

メルエム
帽子も取れるぞ(スポッ」

えー。


生まれて初めて王から頼み事をされて、ピトーは歓喜で満ち 震えている。自分の目には、本当の意味で王への忠誠心がピトーに芽生えた瞬間──と見えました。

「2 階以上に上がるな」という王の命も無視して、王を守りに走ることもない。──とてもユピーは「個に頓着がなく だが 無我故の強さを持つ」ようには見えません!

また、「階段の下から急にヒトが現われた」のに、王の近くにも賊が出現する・空中から敵がやってくる──といった可能性も考えない。

──ユピーって、本当に「単細胞」ですね。そう言えば目玉の集合がアメーバみたいだし。

No.269 「逆境○」

連載時には今回が「貸し」というタイトルでした。

HUNTER×HUNTER #269『貸し』 ひたすら格好いいキルア | 亜細亜ノ蛾

身体が不自由になるほど・逆境になるほど強くなる──という性質は、『シグルイ』の登場人物に多く見られる特徴です。ナレーションのクレイジィさも似ているし、おそらく冨樫先生も好きな作品でしょう。


キルアの行動は、本人も認めているように間違いです。

フラッタに化けているイカルゴなら、兵隊蟻も素通りできた可能性が高い。さらに、頭部を破壊した後で両腕も切り落とすのはオーバー・キルすぎる!


イカルゴの能力名は、『死体と遊ぶな子どもたち』という映画のタイトルと「リビング・デッド・ドールズ」という人形のシリーズから引用したようです。誤植ではなかったですね。

No.270 「貸し」

この回も、連載の時は別の題名でした。

HUNTER×HUNTER #270『鱗粉乃愛泉』 プフの狂気 | 亜細亜ノ蛾

プフの 忠誠心は、嫉妬心と結び付いている。突入の前にプフが恐れていた王に芽生えて いるものとは、コムギへの愛情でしょう。

平常心を失った「プフ・ダンス」をモラウが冷静に見ていたと考えると、あまりにもシュールで笑えます。しかし、これはプフの頭の中で踊っていただけなのかな。

全力を出せば「監獄ロック」(スモーキージェイル)を破れるかもしれないのに、試しもせずに「鱗粉乃愛泉」(スピリチュアル メッセージ)を即座にプフは出している。腕力に自信がないのか、それとも念能力に自信があるのか──。

モラウとプフという「衣服が似ている 2 人」の戦いは、次の巻に持ち越しです!


イカルゴは男前で格好いい!

「貸し」だぞ !! ──は男同士の熱い・厚い友情を感じます。絵だけ見ればギャグ丸出しなのに。

ここでイカルゴが「ありがとな」などと礼を言っていたら、逆効果で台なしになっていました。キルアが以前に言っていたとおり「ツレがツレを助けることは当然だから礼は不要」だし、現在は重大な任務中です。

そこで「貸し借り」の話に変換することによって、キルアの罪悪感は ぬぐい去られた。「貸し」を作ったのは助けられたイカルゴのほうなのか、失態を演じたキルアのほうなのか──、微妙なところも深みが あります。

おわりに

2012 年の 1 月 1 日に第 1 巻・第 1 話のから感想を書き始めて、やっと ここまで来られました!

HUNTER×HUNTER 1 巻 「出発の日」 1 - 少年よ、大海へ挑め | 亜細亜ノ蛾

第 26 巻以降の感想は すでに公開しています。

あとは連載の再開を待つだけだッ!

いままでも・これからも、ずっとずっと冨樫義博先生の手のひらで転がり続ける人生です──。

[2] このページの一番上へ戻る