PENTAX K-30

PENTAX-K30-IMGP2049 K のレベルは──斜め上を行く

ペンタックスから新しいデジタル一眼レフ・カメラが登場しました! その名は PENTAX K-30 です!

本体は防塵・防滴仕様に なっていて、雨天時や野外での撮影でもガンガン外に連れ出せますよ!

手ブレ補正機能は本体に内蔵されているため、とっさのシャッタ・チャンスでもブレずに写せるし、暗い場所の撮影でもバッチリです!

さらに、ファインダの視野率は 約 100% な点も素晴らしい! ファインダで見たままの範囲が写せるため、「こんなもの写した覚えないぞ?」という不満も減らせる上に、広々とした視界で撮影が できますよ!

PENTAX K-30 は、上級者向けの PENTAX K-5 と初心者向けの PENTAX K-r との中間に位置する「デジイチ」です。ミラーレス・カメラの PENTAX K-01 もあるし、何とも悩ましい!

K-30|PENTAX RICOH IMAGING K-30|PENTAX RICOH IMAGING

カラー・バリエーション

自分は白色のボディが魅力的に見えました!

デジカメ Watch の記事

エルゴノミクスに考慮したというデザインのボディを採用。塗装も含めて、高級スポーツカーをイメージしたとしている。K-5よりも大きなグリップで握りやすさを高めたほか、背面にディンプルのある指掛かりを設けるなどホールド性を向上させた。

ボディの81カ所にシーリングを施し、防塵防滴および-10度までの耐寒性能を実現した。ファインダーは視野率約100%、倍率約0.92倍のガラスプリズムファインダー。ファインダースクリーンは「分割」や「スケール」といった別売スクリーンに交換もできる。

撮像素子はAPS-Cサイズ相当、有効1,628万画素のCMOSセンサー。「K-01」と同じものだという。画像処理エンジンは「PRIME M」を搭載。PRIME MもK-01と同じだが、高感度ノイズはK-01より少ないとしている。感度はISO100~12800。PRIME Mを搭載したことでフルHDで30fpsの撮影が可能になった。

下の記事でも書いたとおり、K-01 のセンサは 高性能です! さらに高感度での撮影にも強くなっているのは うれしいですね!

ペンタックス K-01 は一眼レフのレンズが使えるミラーレス! 画質も良好! | 亜細亜ノ蛾

まず特徴的なのはその外観で、これまでのペンタックスはおろか、他社も含めたデジタル一眼レフカメラでも珍しいデザインだ。(……)

近年は丸みを帯びた外観のデジタル一眼レフカメラが多い中、全体にエッジを強調した“尖ったデザイン”が目を引く。(……)

中でも目を奪われるのはペンタ部で、一部の自動車などで見られる“逆スラントノーズ”を思わせる形状になっている。PENTAXのロゴも下を向いているという大胆なものだ。(……)ボディとしての高さは視野率約100%のためのペンタプリズムを搭載しながらもK-rの97mmに対して96.5mmに抑えている。(……)

K-30はエルゴノミクスに配慮したデザインとしており、ホールド性にはこだわったという。グリップは従来よりもより手や指の形に添った曲線になりしっかり握れる印象を持った。グリップの前方下側にあるディンプルも指の固定に一役買っているようだ。

ところどころに細かい工夫が凝らしてあって、握りやすいグリップ扱いやすいボタンで快適に撮影できそうです!

[2] このページの一番上へ戻る