• 投稿:
  • カテゴリィ:

『暗殺教室』 第 3 話 「サービスの時間」

I Heart Kinbaku 時として自分を縛り──そして脱出する

連載も 3 回目となると、いよいよ先生と生徒が打ち解けてきたようです。先生を取り囲む生徒──という温かい光景に、北極の氷も溶けてしまいそう。

──まぁ、オチは言うまでもないけれど。

主人公(?)の渚を中心として、生徒たちの個性を描く話が続いていくかと思いきや、すでに物語は次の段階へ進んでいます。このままロケットで つきぬけて消ゆるのか!?

もっと女生徒を──茅野の頭部にある「空冷ターボ」が どうなっているのかを描いて欲しかったな……(※まだ終わってません)。

彼女は手を汚さない

茅野の髪の色は緑色ということに今ごろ気づきました(第 1 話のカラー・ページを参照のこと)。これは水色の髪である潮田渚と近い色です。

そして茅野が積極的に殺せんせーを攻撃した場面は、今まで ほとんど描かれていません。第 1 回目の最初も、うまい具合に茅野の姿が見当たらない。今回も竹槍の材料を持ってくるくらいです。

「長所: 元気で明るい。──以上」と内申書に書かれそうな茅野ですが、こと暗殺に関しては──何やら怪しいニオイがする。

あからさまに怪しい理事長と茅野が繋がっていたら おもしろそうです。あるいは、茅野は殺せんせーの妹とか!? (それ、『○○○の』)

新たなる先生

烏間も最大限に怪しい。

ハンディキャップ暗殺大会」(危険なネーミング)という絶好の機会を目の前にしながら、烏間は暗殺に参加していません。生徒に渡した武器よりも強力な兵器を常備して置いて、このチャンスに全力を込めるべきでしょう。

そもそも、月を永遠に三日月へと変えた化け物が地球にやってきて、わずか 1 か月以内(数日間?)で「先生だけに効果のある武器」を作り上げた──という技術力がありながら、その武器の使用を生徒だけに限定している点が不思議です。

先生が授業をしているスキを突いて、E 組の校舎を防衛省の人間で取り囲み、全方向から対先生用 BB 弾で一斉射撃をすれば、いくら何でも善戦は できると思う。

──それをやると、一週で つきぬけるケド。

帰ってきた生徒

最後の場面に出てきた生徒は、今まで停学中だったらしい。かなり危険な香りがするけれど──しょせんは中学生だしなぁ……。

殺せんせーは、「生徒には手(触手)を出さない」というルールをなぜか守っている。だから、世界中から殺し屋や兵隊を集めて、E 組に編入させれば良いと思う。

──それ、一週で(ry

教師と狂気

狂気の沙汰」を描いているはずなのに、なぜか感動的に思える。これが殺せんせー流の体を張った授業の成果ですね。

単純に見れば「E 組の生徒を一人前にするために やって来た先生」だけれど、それと地球への攻撃が どうやって結び付くのか、さっぱり分かりません。

キッチリと最終回で地球を滅亡させたりして。

おわりに

今回の殺せんせーは とくにギャグ色が強く、3 つの弱点が笑えました。また、急に「ヌルフフフフ」「にゅやッ」という口癖も できています。

スティール・ボール・ラン』のジャイロ・ツェペリが言う「ニョホ」みたいに、いつまでも根付きそうですね!

[2] このページの一番上へ戻る