Canon EOS M

CANON EOS M 片手に収まる──収まりきらない夢

キヤノンからミラーレス一眼デジカメが発売されます

「Canon EOS M」(キヤノン イオス エム)は、コンパクト・デジカメ並の小さなボディCANON EOS Kiss X6iと同等の映像素子(APS-C サイズ)最新の技術を詰め込みました!

キヤノン EOS Kiss X6i はタッチ・パネル液晶と新開発 AF で動画撮影も快適! | 亜細亜ノ蛾

EOS M のために設計された標準ズーム・レンズ単焦点レンズも発売されます! ほとんどのカメラ愛好者(オレ含む)はズームで満足してしまいますが、ぜひともこの機会に単焦点の素晴らしさに目覚めてくださいね!

キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ EOS M|概要 キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ EOS M|概要

ここからは、本体とレンズの特徴を紹介していきます。

各サイトの記事

  • 大きな特徴は3点
    • APS-Cサイズのセンサーを搭載した
    • 同時発売のマウントアダプターによりEFレンズが使用できる
    • アクセサリーシューを備え従来のEOS用アクセサリーを共有できる
  • 「EOSシリーズ」のコンセプト「快速・快適・高画質」を継承しながら、小型・軽量化
  • ライブビュー専用機
  • キヤノンでは「ミラーレスEOS」と呼び、EOSの基本コンセプトに“軽快”を加えた
  • 型番の“M”は「ミニ」、「モビリティ」の意
  • EOS Mの本体サイズは108.6×66.5×32.3mm
    • 「EOS Kiss X6i」に比べて特に厚さは59%減の32.3mmと半分以下
    • 重さもEOS Kiss X6iの530gに対し約半分の約262g
  • 撮像素子は有効1,800万画素のAPS-CサイズCMOSセンサー
    • EOS Kiss X6iと同等
  • EOS Kiss X6i同様、撮像素子に位相差AF用センサーを埋め込んでおり、素早いAF動作が可能
    • 最終的なピント合わせには、より高精度とされるコントラストAF
    • 「動画サーボAF」も搭載しており、動く被写体にピントを合わせ続けることができる
  • AF動作
    • 合焦時にピントが固定される「ワンショットAF」(静止画/動画)
    • 被写体にあわせてピントを合わせ続ける「サーボAF」(静止画のみ、予測制御なし)
    • 動画撮影時に被写体へピントを合わせ続ける「動画サーボAF」
    • 「動画サーボAF」と「顔優先+追尾AF」を組み合わせれば、被写体にAFフレームをあわせながら追尾しての動画撮影が可能
  • 動画撮影
    • カメラにステレオマイクを内蔵
    • 録音レベルを最大64段階に調整(ウインドカットも可能)可能
    • 音割れを低減するアッテネーター機能も備える
    • 最大の動画記録サイズは1920×1080ピクセルのフルハイビジョン
  • 撮影機能
    • 「シーンインテリジェントオート」選択時に最大29のシーンをカメラが判別
    • 高速連写と重ね合わせ(4コマ)による手持ち夜景、HDR逆光補正
    • 撮影前/撮影後のいずれでも加工を行えるデジタルフィルター機能「クリエイティブフィルター」
    • 「ふんわり柔らかく」などのイメージを選択するだけで写真の雰囲気を設定できる「表現セレクト」

カラー・バリエーション

やっぱり自分には白色ボディが魅力的です!

同時発売のレンズとアダプタについて

EOS M シリーズ専用のレンズも本体と同時に発売予定です! まずは共通する特徴を見てみましょう。高級感のある仕上げのようですね!

  • いずれのレンズも外装はアルマイト仕上げ
  • ズームリングとフォーカスリングには綾目ローレットを施した
  • マウント部分は金属製
  • フルタイムMFも可能
  • 動画撮影時になめらかなAFが可能でAF駆動音が録音されにくいSTM(ステッピングモーター)を採用

EF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STM

「とりあえずビール」的な定番の標準ズームは、持って置いて損はありません! EOS M ダブル・レンズ・キットで まとめて購入すると得々ですね!

  • 35mm判換算の焦点距離28.8-88mm相当になる標準ズームレンズ
  • シャッター速度換算約4段分の手ブレ補正機構を搭載
  • 最短撮影距離はズーム全域で25cm
  • 最大撮影倍率は望遠端で0.25倍
  • レンズ構成は11群13枚
  • フィルター径は52mm
  • 最大径×全長は60.9×61mm
  • 重量は約210g

EF-M 22mm F2 STM

こちらの最小絞り値 F2 の単焦点レンズは、個人的に大注目です! 超薄型(パンケーキ)タイプのレンズなので付けっぱなしに できるし、ボケ味も楽しめますよ!

ポートレイト撮影に使えば、相手に威圧感を与えずに高画質で写せる上に、背景がボケて良い写真を残せることは間違いありません!

  • 35mm判換算で約35mm相当になるパンケーキタイプの単焦点レンズ
  • 標準ズームレンズでは難しいボケを活かした表現ができる
  • ガラスモールド非球面レンズ1枚を使用し、解像度やコントラストを高めた
  • 最短撮影距離は15cm
  • 最大撮影倍率は約0.21倍
  • STMも採用
  • 絞りは7枚の円形絞り
  • レンズ構成は6群7枚
  • フィルター径は43mm
  • 最大径×全長は60.9×23.7mm
  • 重量は約105g

EF-EOS M

いわゆる「レンズ沼」にズブズブズブリとハマった人も、ご安心ください! このマウント・アダプタを通せば、いままでの EOS レンズが使えますよ!

EOS M の小型ボディに、あえて巨大なCanon EOS L レンズ

  • EOS MでEFおよびEF-Sレンズを使用するためのマウントアダプター
  • CN-E(EFシネマレンズ)を除くすべてのEF、EF-Sレンズが使用可能
  • AFや手ブレ補正機構などEFおよびEF-Sレンズに搭載されたすべての機能が利用できる
  • 着脱可能な三脚座が付属

終わりに

ひと言で言うならば、

キヤノン
「ふっ…… そろそろ本気を出すかな(ゴトッ)」
ユーザ A
「な、何ィーーーッ! いままでヤツは重り(伝統や しがらみ)を付けていたのかッ!?」
ユーザ B
「で、出たァーーーッ! あいつの必殺技(後出しジャンケン)だあーーーッ!」

──という感じのビックリした新製品ですね! (ひと言じゃないし分かりにくいし失礼)

Nikon 1」シリーズを出した時には、「われらがキヤノンなら、コンパクトフル・サイズミラーレスをサラッと出すに違いあるまい……!」なんてヌルい予想をしましたが、今回は出し惜しみをしたようです。

Nikon 1(ニコンワン)V1・J1 はニコン初の小型軽量ミラーレス・カメラ! | 亜細亜ノ蛾

──とイヤミたっぷりなのは、Canon EOS 7Dに惚れ込んでいる自分の嫉妬心だったりする。どんどん時代に取り残されていくなぁ……。でも好き!

[2] このページの一番上へ戻る