• 投稿:
  • カテゴリィ:

『暗殺教室』 第 9 話 「大人の時間」

Week 9: Bam! Bloomers! 悲しいほどに──所変われば品変わる

ついにイリーナ・イェラビッチの魔の手が殺せんせーに迫る! ワナに かかった先生の生死は!? 「勝ったッ! 第 1 部完!」──か!!!?

──などと書いてみたけれど、棒読みしますよねー。あまりにもアカラサマな今回の題名を知るまでもなく、展開は見え見えでした。もちろん、期待どおりに!

しかし! 真に驚くべきことが あったのです──!

MIDARA な時間

前回、イリーナと潮田 渚FUSHIDARA な関係に なりました。E 組の生徒は男女問わずにビッチねえさんを嫌っているけれど、「あんなこと」を体験したのだから、渚だけは──と思ったら、かなり恐がっている。

どう見ても同性からキスされた反応にしか思えません!

そして、上に書いた「驚くべきこと」とは、ラスト付近で渚が「殺せんせー !! おっぱいは?」と声をかけている場面です。「ビッチ」なら まだ人間の人格を(ノミのフン程度には)尊重しているけれど、おっぱいて!

渚にも「ある」から胸部について軽く言えたのでは!?

悪のニオイ

今回も殺せんせーは、余裕で暗殺者をお仕置き──もとい「手入れ」したのでした。それにしては、「ガハッ」とか言って血(らしきモノ)を吐いていたけれど。

先生は違和感を嗅覚で察したのだけれど、とくに「鉛弾のニオイ」には言及していません。銃で撃ってくることは分かったようですが、もしも対先生用の素材が弾に使われていたら──重傷を負っていたのでは?

第 1 話の「手榴弾を首にさげて自爆」が最高に優秀な作戦でしたね。対先生用の BB 弾にニオイがするかどうか不明だけれど、あの自爆なら火薬臭で だませそう。

念入りな手入れ

お待ちかねのヌルヌルと触手で手入れの時間は、予想どおりに「くわしくは『少年ジャンプ NETONETO』で!」でした(※そんな雑誌ありません)。

──が、豊満なバディを誇るイリーナを触手で「早替え させられて」いる事実は ゆらぎませんよ! 昭和の香りが するブルマわざとピチピチなサイズで用意したことも見逃せない!

ホンマに(松井優征)先生は、悪い 大人やでェ……! 一生ついていきます!

おわりに

今回の大失敗に めげず、イリーナは何度も殺せんせーに挑戦するらしい。言うまでもなく、そのたびにヤラレるのだろうなぁ……(いいぞ、もっとヤレ!)。

イリーナは、完全にドロンジョ様の立ち位置ですね! 仲間の男も、『ヤッターマン』の敵役であるボヤッキーたちと微妙~に似ている。

そう言えば、自分が初めて女性を意識した人物こそドロンジョ様でした。何でかなーと思ったら、Wikipedia に衝撃的なこと(「ポロリ」)が書いてある。昔は──良かったなぁ……。

ヤッターマン - Wikipedia


あと、「きのこ派」の渚が「たけのこ派」のネット住民から攻撃されないか心配です! ──そう言う自分はアルフォート派。

[2] このページの一番上へ戻る