• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

ジョジョリオン』 volume 3

JoJo finally gets his day その名は──ジョジョ!

ジョジョリオン』第 3 巻の発売日は、来週の水曜日・2012 年 9 月 19 日(水)です! いよいよ大弥(だいや)の胸元と一緒に迫ってきましたッ! 漢(おとこ)なら逃げずに両方ウェルカムだッッ!!!!(?)

発売日の 1 週間前になっても集英社の『ジョジョリオン』 3 公式ページですら表紙の画像が載っていない──という、本編と同じくらいの じらし攻撃に耐えつつ、じっくりと待ちm

「いいや! 限界だ! 押すね!」

──ということで、下のリンクからポチりましょう

同じく 2012/09/19(水)には、舞城 王太郎先生が書いた小説版ジョジョ・『JORGE JOESTAR』も発売されますよ! これは「うれしい不意打ち」ってヤツだッ!(このセリフは『美味しんぼ』のパクリ)

JORGE JOESTAR

恥知らずのパープルヘイズ』・『JOJO'S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN』に続く小説版の『ジョジョ』・「VS JOJO」シリーズの第三弾は──、

ジョナサンの息子「ジョージ・ジョースター」を主人公に、彼が英空軍パイロットになるまでの数奇な物語を、舞城王太郎が描く!!

──とのことで、謎多き男・ジョージが主人公です!

ジョナサン亡き後、カナリア諸島のラ・パルマ島でエリナに育てられたジョージ・ジョースターは、リサリサと愛を誓い、パイロットとして世界大戦の空を駆る。

エリナさんもリサリサ先生も、本編では「年齢的にレベルが高い」場面ばかりでした。とくにエリナは、「う…美しすぎ ます!」な第 1 部よりも、第 3 部での「エリナばあちゃん」の印象が強いのでは?

小説版での活躍を期待します!

JOJOmenon

さらにッ! 2012 年 10 月 5 日には、ムック・『JOJOmenon』も登場しますよ! 「ジョジョえもん」ではなく『ジョジョメノン』なので注意しましょう! (間違えたのオレだけェー?)

『ジョジョの奇妙な冒険』連載25周年を記念して制作する“奇妙な"ムック。
マンガ家、荒木飛呂彦自身が「ジョジョ現象」の秘密を解き明かす。

  • 表紙は荒木飛呂彦自身の“夢"を形にした描き下ろし!
  • 史上最長となるインタビューで荒木飛呂彦が語る“ジョジョの25年"!
  • 荒木&クリエイターとの対談で、ジョジョの魅力に迫る。
  • よしもとばなながジョジョにオマージュを捧げた小説を特別寄稿!
  • そのほかにも“奇妙な"ムックにふさわしいコンテンツを満載。
  • ジョジョ展キービジュアル&ジョジョ擬音語が付録シールに。
  • 伝説の短編をフルカラー再録「岸辺露伴 グッチへ行く」。

執筆中の荒木 飛呂彦先生が下のページで拝見できます。──どこをどう見たら連載 25 周年を迎えたマンガ家なのか……!

SPURから荒木飛呂彦責任編集のムック「ジョジョメノン」、10月5日に発売!/エディターズ ダイアリー/おしゃれプロブログ/ブログ/ファッション、ブランド、モードの情報満載「SPUR.JP」

雑誌 『SPUR』(シュプール)と荒木先生との関連は、下の記事をご参考に どうぞ!

[2] このページの一番上へ戻る