• 投稿:
  • カテゴリィ:

『暗殺教室』 第 14 話 「テストの時間」

Éclair Koinobori (Bleu et Rose), Fauchon Paris, Shinjuku Takashimaya まな板の上の鯉でも──カロリィが強敵

やっぱりバトル編が来たか!?(ガタッ)

──と思わせる演出が楽しい回でした。しかし、受験生にとっては かなりリアルな表現に見えたのでは? 今回の話を笑って読める人は、もうすっかりテストのことなんて忘れた大人か、試験を放棄した子どもだけだったりして。

テスト用紙という「二次元の世界」では、「現実味のない話」が展開されている。──なるほど、ファンタジィなゲームと よく似ていますね!

カオスちゃんねる : あ、こいつ数学、算数のたかし君だな、と思った時

試験は怪物

テストの問題が正体不明の モンスターに見える──。

これは、問題文を理解できないことが原因です。そう、数学でも理科でも、国語──日本語の読み書きという基本が重要になる。

殺せんせーから受け取った「第二の刃」を使って、スラスラと問題を解体していく潮田 渚たちの姿は心地好かった!

進研ゼミのマンガや『ドラゴン桜』のように問題文そのものを出さなくても、ちゃんと問題に立ち向かった『暗殺教室』は素晴らしい!

日本語を書く能力

社会に出てからは「日本語を書けること」が重要です。魅力的な文章が書けるだけで お金を稼げる。報告書や企画書にも文章力が必要だし、副業でブログを書いても収入を得られます。

どうせ嫌儲()の人たちも、「(電車や車で)身動きを取れないように拘束」されたり、「自分の首を(ネクタイで)絞め」たりしながら、「遊ぶ金 欲しさ」に働いているはず(もっとタチが悪いのは「嫌儲でニート」)。

みなさんは、「嫌儲」とかいう おバカさんに ならないように気をつけましょうね! よーく考えなくても お金は大事だし、楽しく稼いだほうが幸せです!

理事長も怪物

正攻法でテストに挑んだ E 組に対して、理事長の浅野はズルい手を使いました。──進学校の教育方針からするとギリギリ許される──という ところがイヤらしい。

ただ、理事長自らが 教壇に立つことで、ようやく E 組の 50 位入りを阻止できた──とも受け取れます。いまの E 組には、そこまでの学力が付いている(※ただし寺坂 竜馬を除く?)。

最後の場面では心を新たにした先生と生徒に なごんだけれど──、期末テストでは理事長たちの妨害行為がよりヒドくなりそうです。どんな手を使ってくるのか──。

イリーナ先生スライムに襲われたり、茅野制服が紙製に なったり、赤羽 カルマが【自主規制】になったり──、そんな To LOVEるを仕掛けてくるかも!?

おわりに

──というわけで、土曜日に「ジャンプ」が発売されていたことを忘れていましたー! あまりにも悔しいから、来年・2013 年も含めて、月曜日が休みの日をすべてチェックしておきましたよ……。


「ジャンプ」の週刊連載では、担当の編集者によるアオリ文が楽しい! 今回の「で KILL (きる)まで殺(や)る、それが勉強 !!」は とくに秀逸でした。

コミックス版 『暗殺教室では、おそらくハシラの文はカットされているでしょうね。特集ページを作って まとめてくれると良いなぁ……。

[2] このページの一番上へ戻る