• 投稿:
  • カテゴリィ:

『暗殺教室』 第 17 話 「しおりの時間」

Luckiamute Falls たとえ激流に飲まれても──ただただ前へ

今週号は表紙を飾りました中学生がヌルヌルと触手で拘束されている──というレジへ持って行きやすい表紙ですね! (どう見てもエ■ゲ

カラーを最大限に生かした殺せんせーが楽しめました。表紙だと顔は怒りの赤・触手は黄色で、カラーのページでは「七色の表情」、見開きでは全身が黄緑──、

そして極めつけはコミックス第 1 巻の表紙です! ロゴまで変えているなんて、かなり珍しいのでは?

見開きの絵は意味深でした。なぜか生徒の半分くらいはシルエットに なっている──。

当然、潮田 渚茅野 カエデ赤羽 業は目立つようにカラーです。現在、本編で中心になって動いている杉野 友人にも色が付いている。

それにも かかわらず、今回の話で主役の神崎 有希子が見当たりません(潮田の右にいる影?)。これは、まだ神崎が素顔を出す前だから──なのか? (ただたんに、昔に書いたイメージ・イラストだったりして)

それはそれとして この見開きは、サブ・タイトルの「しおり」と渚の「おしり」をかけているんですね! わかりまs

どちらが異常?

限られた時間しか残されていないはずなのに、渚たちは しおりの内容にツッコミを入れています。茅野や神崎だって、縛られながら普通に会話をしている──。

3 年 E 組の「普通じゃない」感じが よく出ていて、頼もしいけれど──不気味でした。大人でも、ここまで落ち着いていられるだろうか?

よく考えてみれば、潮田たちも 2 年生までは「良い子ちゃんエリート共」と同類です。それが 3 年生からは、急に暗殺者になりました。ようするに、「ごく普通の中学生」とは縁遠い毎日を送っている。

──もちろん、「『ふつーのちゅーがくせいって』、なぁに?」は議論の余地があるけれど(少なくとも、渚みたいな『勝手に改』した制服は着ていないと思う)。

トラベル・トラブル・トラウマ

リュウキたち不良に襲われた女性を(回想シーンとは言え)描くとは思いませんでした。痴漢の冤罪(えんざい)を含めて、あり得る状況なのが恐ろしい……。

前回の「台無しの先生」みたいに笑えるイメージ映像を使うのかと油断していたから、よけいに被害者の無残さが出ていました。こんなことを少年誌に描いても良いかというと──、

この演出で正解です!

たとえば、「ステキなブランド物をおフランスへ買いに行くざます」なんて無責任で無知な誘いをする人がいたら、『96 時間』を観せておくことが親切だと思う(2013 年 1 月に公開予定の続編・『96 時間 / リベンジも楽しみ!)。

96 時間 - 空気と光と家族の愛──これだけあれば親父は走れる | 亜細亜ノ蛾

子どもだって、いつかは世の中の狂気を知る必要がある。その「いつか」は、「週刊少年ジャンプ」を読める年齢くらいで十分でしょう。そして大人は、子どもたちが創作の世界から悪い影響を受けすぎないか、注意深く見守る必要があります。

地球一目立つ黒子

「ぐるぐるメガネで丸刈りの不良」や「黒子みたいな顔隠し」はギャグなはずが、殺せんせー登場の場面は異様に格好良かった! 『黒子の手入れ』という新連載を描けそう?

ザコたちは「手入れ」しておいた一方で、リュウキたちは潮田の班員に任せる──という殺せんせーの態度も良かった。先生なら一瞬で片付けられるけれど、それじゃ腹の虫が治まらない。やりすぎだと思ったら止められますしね。

そう言えば、釣りの用語で「外道」という言葉を使います。「雑魚」も合わせてリュウキたちにピッタリですね。

魚の住みかは

明らかに神崎へ向けた下の言葉に感動しました。この場面のイメージに使われた魚が、いかにもな人魚めいた感じではなく、おそらく京都で好まれている「ハモ」という点も おもしろい。ニュルットシテオル

学校や 肩書など 関係ない
清流に棲もうが ドブ川に棲もうが
前に泳げば 魚は美しく 育つのです

もう 1 つ、スレた大人からすると、下の言葉のほうが身に しみました。この言葉は、ありとあらゆる状況で繰り返し思い出すべきですね!

おみやげを買ったのではありません。
思い出と経験を買ったのです。

余談ながら、今回の記事のサブタイトルは、もちろん「水清ければ魚棲まず」から取りました。いつも思うけれど、「水澄めば魚棲まず(みずすめば うおすまず)」のほうが洒落ていると思う。

悪に立ち向かう者たち

しおりを片手に「演説」する渚は、なんだか魔術師みたいでした。なんだか『ヌルー・ポッター』な感じ(?)。ほかの「ジャンプ」マンガだったら、何らかの超能力や魔法を使いそうですね。

カルマは、もっと徹底的に不良どもをやっつけたかったと思う。殺せんせーの怒りを見て、すこしは気が晴れたのかな。──でも、一番 手加減したのは奥田 愛美だったりして。

奥田
「(王水くらい かけるべきだったかな……)」

エンドが始まり

神崎がヤンチャだった時期は一瞬で、しかも かわいらしい理由でしたね。よく見ると分かるように、茶髪かと思ったらウィッグ(かつら)なんですよ! 父親への反抗心を持ちつつも、完全にグレたりは しない。

やっぱり神崎さんは清らかな乙女です……!

──ダンス・ゲーム(しかも高難易度の曲)を楽しむ姿も、ちょっぴり『魔法少女まどか☆マギカ』の佐倉 杏子っぽいし、ますます聖女ですね!

これからの旅

まだまだ旅は始まったばかりです。しかし──、限りなく 頼りになる 先生を今後も暗殺対象として見られるのだろうか? もちろん、全力で先生を暗殺しに行くことが恩返しになる──けれど、もしも、

本当に殺せんせーを倒してしまったら

「ジャンプ」的には あり得ない展開ですが、ついつい悲しい結末を想像してしまいました。──もっと あり得なさそうな「次々に地球外生物が現われて→トーナメント・バトル→強さのインフレ化」よりはマシだけれど。

おわりに

冒頭で縛られている神崎と茅野の表情が素晴らしかった! これから起こる展開に胸がワクワk ──もとい不安で仕方がありません(棒)。

こんなに緊縛感──もとい緊迫感が ある場面なのに、アオリ文は「ラチがあかんざき… !!」って! 担当の編集者は、前回から「台無しの時間」が続いている。

[2] このページの一番上へ戻る