SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

Sigma 35mm f/1.4 Sample たんなる日常が──アートに変わる瞬間

シグマの「35mm F1.4 DG HSM」は、最高性能を誇る単焦点の広角レンズです!

35mm F1.4 DG HSM の特長は:

──つまり、ポートレイトの撮影に最強の一本ですよ!

今回は、実際に 35mm F1.4 で撮影した作例と感想を載せました。とくにキット・レンズしか使っていない人には衝撃の写りでしょう! ぜひ、ご参考にして くださいね!

「PHOTO YODOBASHI」の作例

[PY] PHOTO YODOBASHI | ヨドバシカメラ公式オンライン写真マガジン」は、いつも高品質な作例を公開しています。某・カメラ関係の大手サイトでプロが公開している写真よりも、こちらのほうが魅力的に見える!

今回の 35mm F1.4 も、シグマの公式に採用して欲しいくらい素晴らしい! 「サンプル画像」ではなく「作品」として十分に通用します。

[PY] SIGMA 35mm F1.4 DG HSM SHOOTING REPORT | photo.yodobashi.com | [PY] SIGMA 35mm F1.4 DG HSM SHOOTING REPORT | photo.yodobashi.com |

使用した感想も的確で分かりやすい!

  • “Art”ラインと名乗るだけある、凄みを感じる 1 本
  • 絞り開放からともかくシャープ
  • 抜けるようなクリアさと、大口径開放独特の艶っぽい描写が相まって、開放の写りはまさに「美しい」の一言
  • 絞り込めば、更にシャープさは増し、文句のつけようのない描写に到達
  • しかし、このレンズはあえて開放で使いたい、そう思わされるレンズ
  • 開放から非常にクリアで、球面収差などは正直なところ全く感じられません
  • しかも甘さを一切感じさせない見事なシャープさ
  • 光画といわれる「写真」の原点、そう、純粋に光を見るとよいと思うのです。そんな風にアプローチすると、素晴らしい画が撮れます
  • ここまでクオリティの画を紡いでくれるなら、「普通」に撮ればよいのです。逆光で物を見れば美しい、斜光で物を捉えれば存在感が増す、そう、そんな感じですね
  • ボケ味はなめらか。しかし、ペタンと量感を失ったものでは無く、かといって嫌な輪郭も出ない、望ましいもの
  • ハレ・ゴーストの少なさも特筆もので、ともかくかなり意地悪な条件で色々試してみましたが、「もうちょっと出てくれてもいいんじゃない??」といった調子
  • 少し絞っての愉しみも味わえるレンズ
  • キレもクリア感も素晴らしい。絞って線が太ることもありません
  • 従来のレンズ・カメラから一線を画すデザインも魅力
  • 必要最小限のレタリング、マウント付近の磨き加工の入った環(金属です)、面と線を端正に連ねた静かなルックス
  • フード下端部分はゴム状の素材が被せられて手触りの良さが感じられたりと、細部まで実に気の利いたフィニッシュ

「maroの雑記帳」の作例

SIGMA と言えば「maroの雑記帳」と相場が決まっている(※ asiamoth 脳内調査による)。SIGMA SD1 に 35mm F1.4 を付けて、逆光状態でのテスト撮影を公開されています。

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM で逆光 2012/11/27: maroの雑記帳 SIGMA 35mm F1.4 DG HSM で逆光 2012/11/27: maroの雑記帳

太陽を画面に入れて絞り開放で撮影しても、ご覧頂いてお解りの通り、何とか見られる写真になってしまう。フレアは少なく、ゴーストは出ない。逆光性能はいたって良いと言えるレンズである。

「デジカメWatch」の作例

デジカメWatch」では、(ここの新製品レビューにしては珍しく)女性のポートレイト写真が掲載されています! まつげ・まゆ毛の 1 本 1 本が解像しているのに、とろけている肩のボケをご覧ください!

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM - デジカメWatch SIGMA 35mm F1.4 DG HSM - デジカメWatch

  • 最大径×全長は77×94mmとなり重量は665g(いずれも数値はシグマ用)と単焦点レンズとしては大きく、手にするとずしりとした重量感がある
  • レンズ鏡筒のデザインは、これまでのシグマレンズとは一線を画したものとなっており、しっとりとした触感のつや消しブラックの塗装と、手を添える箇所に刻まれたローレットパターンがアクセントとなり手にもよく馴染む
  • 11群13枚のレンズ構成には、蛍石と同等の性質を持つというFLDガラスおよびSLDガラス製レンズが含まれる。これにより倍率色収差と軸上色収差が良好に補正されている
  • このレンズで撮影した画像には収差はほとんど見られない
  • また画面周辺でも光源のにじみが少ないのも特徴
  • 撮影した画像を仔細に確認するとその解像力の高さに驚く。木々の枝や葉の一枚までもくっきりと分離して描写しており、木肌などの質感も非常にリアルだ
  • 人物ポートレートの撮影においても、ピントの合っている箇所の髪の毛やまつげの描写のキレが非常に良い
  • 一方、F1.4という明るい開放絞り値から得られる浅い被写界深度により、35mmという広角レンズであってもとても柔らかなぼけを得ることができる
  • 目元にきっちりとピントを合わせておけば、前後へと広がる印象的なぼけを活かしたシーンを捉えることができる
  • 使い方により、とても個性的な作品を生み出すことができる1本だ

海外のレビュー記事

毎度おなじみ「デジカメinfo」にて、海外サイトのレビューが翻訳されていました。暗い場所でもオート・フォーカスで迷わない点は大きい!

  • 造りはしっかりとしており、キヤノンやニコンの35mmよりもツァイスの35mmにずっと近い
  • キヤノンやニコンよりも重いが、ツァイスよりも軽い
  • AFはまずまず速く、キヤノンの35mmと互角
  • 多くのシグマのレンズが迷い始める暗さでも、AF精度も良好だ
  • (解像テストの結果、)シグマ35mm F1.4はキヤノンEF35mm F1.4のベストの個体と比べて、中央で少し、周辺部で明らかに上回っている
  • 歪曲もシグマの方が若干少なかった

おわりに

まだデータが出そろっていませんが、間違いなくシグマ 35mm F1.4 DG HSM も下のレンズ・ランキングの上位に入るはずです!


さて、公式サイトを見てみると──、

Art | SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | SIGMA GLOBAL VISION Art | SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | SIGMA GLOBAL VISION

  1. 「フラッグシップ」にふさわしい最高性能
  2. 解放値 F1.4 大口径広角レンズの傑作
  3. 高解像、そして美しいボケ描写
  4. 新ラインはすべてが「プレミアム」に
  5. 素材、ユーザビリティ、機能すべてに洗練
  6. 自分仕様に「カスタマイズ」できるレンズ

──ちょっと(かなり)リンゴの香りがするキャプションとページの構成で、「スピリチュアルな何か」を感じますね! だがしかし! 両社とも「信じる者は救われる」のです。

アナタもこのページから購入して お布施しましょう!

[2] このページの一番上へ戻る