新米婦警キルコさん』 第 5 話 「キルコ、拗ねる!!」

鱧と松茸をええ感じにした飲み物です。 豊かな味を──丸ごと味わう

菓子パンは超・高カロリィです!
食事の時間がない時や緊急時には非常食としては優秀ですが、手っ取り早く太りたい人の御用達とも言えるくらいの凶悪さを誇る──。

そんな女子力 10 倍メロンパン」をドカ喰いするキルコが恐ろしい扉絵でした。ひっそりと置かれている「ケルベロくん ストラップ」も物悲しい。
ただ、普段のキルコの機動力からすると、これくらいエネルギィは必要でしょうね。「週刊少年ジャンプ」のバトル・マンガに出てくる主人公も、毎日 牛の丸焼きくらい食べていないと不自然かも。

キルコさんの魅力

素直さが音無キルコの特長です!
今回の話は、一見すると「プレゼントをもらったのに喜ばないキルコ」と見えてしまうため、「素直じゃない」と思われそうでした。
しかし、撃鉄 知秋に対して過剰に反応しているだけで、いつもキルコは実直です。その裏表のなさは、いつか悪事に利用されそうで不安だけれど……。
(今週号の『ONE PIECE』にも「頼まれると弱い女性」が登場する。キルコも彼女も、お願いしたら なんでもヤッてくれそうだよなぁ……。【謎の時間経過】──ふぅ。)

贈り物を受け取った瞬間のキルコは、とても うれしそうにしています。とくにケーキの時が すごかった! 目が大きくて顔の半分くらいある
いつものようにコマごとに表情がコロコロと変わるキルコが楽しかった。くちびるを噛みしめすぎて血を流すほど悔しがっている顔すら cawaii!

先輩から服を贈られるなんて、戦場娘なキルコの人生からは考えられなかったはずです。「でへへへ」顔もキュート! それに戦地では更衣室なんて ないから、うっかりと その場で着替えそうでしたね!
キルコさん(作者)は いったい、オレから何リットル絞り出す気だよ──! (※感動の涙を)


ロリ幼女時代のキルコさんも、顔から はみ出るくらいに目がデカい! しかも、このころから まつ毛がビシッと生えています。完全に地毛だったのか──!
この回想シーンは「かわいらしい容姿と殺伐としたセリフとのギャップ」で笑わせるギャグですが、完全に女子力のほうが上回ってます!
そりゃ、バレット・ホークもメロメロに なりますね。今回のバレットは「元カレ」みたいな感じでした。たぶん、キルコは「戦友」としか見ていないけれども。

撃鉄 知秋の謎

過剰反応と言えば、知秋も当てはまります。
女子力ーーッ !!」な私服で出勤してきた場面は謎すぎました。たしかに似合っていて かわいいけれど、エリートの「メガクル美女」が勤務で着る服じゃないよなぁ。キルコに対抗しただけでは?

──と思った人(オレ)は読み込み不足です!
そもそも知秋とバレットは、銃火器密輸取引容疑の 2 人組を捕まえるために来ました。この平和(?)な町で警官の服装では目立ちすぎる。潜入調査のために私服だったのでしょう。
隣にバレットがいたら台無しだけどな!

美倉カンナの活躍

カンナも女子力高めです!
初登場の時は生意気で「女王」な感じのカンナでした。キルコのためにアドバイスするなんて、あのころは考えられませんね! どんどん打ち解けてきて、ハル以上に頼れます。
前回では「新しくて強い」対象に心を引かれていたことも、子どもらしくて良かった。──それが悲劇を生んだけれど……。

新米婦警キルコさん 第 3 話 - 子どもにも人気で女子力 10 倍! | 亜細亜ノ蛾

今回の小ネタ

なんといっても「流島鱧 ラーメン」の破壊力が すさまじかった! 小ネタの粋(とドンブリ)をはみ出しています!
ハモと言えば『美味しんぼ』で秋の味覚として登場する高級食材なのに、丸ごと 1 匹を入れるなんて贅沢すぎる! 「鱧ラーメン」自体は存在するけれど、これほど豪快な一杯は見たことがありません。

Googleイメージ検索: 鱧 ラーメン

キルコはラーメンをハモごと丸呑みしていたけれど、ゆっくりとヌルヌルすする姿を見たかった(ごくり……)。
ただし、ハモはダシのために入れていて、筒井 巻十郎署長のように本来は残すのでしょうね。
それにしても、「女子力 10 倍メロンパン」・「女子力 10 倍豆乳」と投入して(どやぁ)、いきなりハモへ飛ぶとは思わなかった。

流島分署がある鱧川は、文字どおりにハモの棲む川が特徴なのか──と思ったけれど、ハモは海の生物ですね。
「鱧川」について調べると、「本作品は『輪廻のラグランジェ』に影響を受けているのでは」という説が ありました。こちらの作品は鴨川(かもがわ)が舞台です。

トップ絵ギャラリーNo.017 新米婦警キルコさんが某鴨川アニメの影響を受けたようです

おわりに

いろいろと迷走しながらも、最後は警官本来の仕事に戻るという熱い展開でした! ──その間、捜査は まったくしていないけれど。
そしてスイーツのガマンや女子力対決よりも、「警官の お仕事で勝つ」ことこそが、一番キルコの苦手なことなのでは……。

[2] このページの一番上へ戻る