• 投稿:
  • カテゴリィ:

劇場版 『HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)』

Neo Blythe “Meowsy Wowsy” Final Design すべては彼女のため──本当に?

H×H』ファン必見の劇場アニメですよ!
「ヨークシンのオークション編(幻影旅団編)」よりも後・「グリードアイランド編」の前を描いています。とくに物語の中心人物であるクラピカキルア幻影旅団のファンは大いに楽しめるはず!
クラピカ追憶編」の場面もチラッと出てきました!

クラピカの緋の眼が奪われた? どうやってだよ!」「ウボォーギンやパクノダも出演? はぁ!?」
──と「週刊少年ジャンプ」で情報を見るたびに幻滅してたし、アニメ版の『HUNTER×HUNTER』は初めてです。ところが納得できる展開で観て良かった!
少年の繊細な心を描く しんみりしたシーン派手なバトルのメリハリが良く、「冨樫 義博作品らしさ」を感じます

劇場版オリジナルのオモカゲ(声: 藤木直人)とレツ平野綾)も良かった! とくにレツの演技が『H×H』世界に なじんでいましたね。

「劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)」公式サイト 「劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)」公式サイト

人形師か人形か

人形師のレツは、もうひとりのキルアみたいでした。
「きょうだいに縛られている」点と「人形」のキーワードは、そのままキルア・ゾルディック伊瀬茉莉也)を表わしています。
レツもキルアも、「本当を生きたい」と強く望んでいる。これが本作品のテーマでした。
本編のキルアは このあと、ゴンと行動をともにして良い方向へ変わっていきます。一方のクラピカは、単独行動が多くて自分自身が鎖に縛られている。レオリオが一緒にいてあげる(意味深)べきですね!

後半のレツはロリータ・ファッションが かわいい!
しかし、ここでアリガチな「急に女の子口調」と ならなかった点を評価します! 最後のほうで「妹」としてのレツを見せる展開までは、「少年として旅を続けてきたレツ」に徹している。

ビスケ
「この子 あたしとカブってるわさ」
キルア
「……どこがだよ バb (吹き飛ばされ中)

彼女のオモカゲ

ウボォーギン大塚明夫パクノダ朴路美)・パイロ川島海荷)・まさかの陰獣まで復活して、最初は違和感どころじゃなかった。
しかし、オモカゲの能力を知って一安心です。クロロコルトピの能力を足した感じですね。 作り出された人形は本人の劣化版だけれど、同時に何体も操れる点は強い。オモカゲ自身が修業を積めば最強を目指せそう。でも、彼にとっては無意味だ。

人形師でありながら人形でもある」構図は、レツだけではなくオモカゲにも当てはまります。妹を操っているようでいて、兄も彼女に縛り付けられていた。
この「スレイブとマスタの逆転劇」は自分の大好物なので、『H×H』本編でも味わいたい!
──けれども、イルミ・ゾルディック松風雅也)は自我が確立されまくっているからムリだよなぁ……。ゾルディック家の人間がサラッと もう 1 人くらいは増えそうだけど。

いつもの面々

ゴン・フリークス(声: 潘めぐみ)は少ない出番ながらも、本編と同様に美味しいところを持っていきました! あいかわらずムチャをやっていて、しかも仲間に話さないからヒヤヒヤする。

クラピカ沢城みゆき)は、友だちの ありがたみを「幻影旅団編」で身にしみて知りました。そして失う悲しさも──。
そのため、劇場版でもレオリオ藤原啓治)たちを素直に頼っています。いつものナマイキな口調すら出なかったけれど、緋の眼を奪われて弱気になっていたのかな。

幻影旅団の面影

幻影旅団のなかでは、ノブナガ・ハザマ内田直哉)が目立っていました。原作ではドジな面が強調されていたからか、映画では格好いい場面ばかりです。ノブナガ専用の BGM が流れるし。
ノブナガとウボォーとの対決(!)では、長年コンビを組んできた相手ならではのセリフが味わい深い!
「ウボォーは足手まといと組むと強くなる」なんてフランクリンシズクが以前に話していました。でもじつは、ノブナガも「超破壊拳(ビッグバンインパクト)」の弱点を守っていたに違いない!
また、ノブナガの念能力は「タイマン専用」と思われていたけれど、マチ前田玲奈)の念糸があれば解決です。この ふたりが組んでいた理由も分かりますね!

ヒソカ浪川大輔)対クロロ・ルシルフル宮野真守)はアッサリ終わってしまいました。人形だから仕方がない。
ただ、100 万人限定の『HUNTER×HUNTER No.0』によると、クロロが幻影旅団の団長になった経緯などは本編で描くかもしれない)そうです! 期待して待っていよう!

おわりに

原作ファン」とは なんでしょうか?

自分は「原作至上主義」・「原作厨」であるため、「どのメディアでも原作と同じ内容」を望みませんメディアが違えばコンテンツを変えて当然と思っています。
「劇場版アニメ」という限られた時間のなかで、本作品はアニメ作品として良くできていました。
それに、ちゃんと「冨樫している」。たとえばキルアだけは「足音を殺して歩いている」し、緩急の付け方も上手です。

劇場版 『DEATH NOTE』 / 『the Last name原作の良さを生かして別の物語を作り上げていました
やはり違う舞台では、違う世界が観たい。

[2] このページの一番上へ戻る