• 投稿:
  • カテゴリィ:

走ることについて語るときに僕の語ること』 村上 春樹・著

yellow 走者と作家の境界線は──あるようで ない

村上 春樹氏がマラソン走者として語る一冊です!

喫茶店の経営者として汗水を垂らす毎日だった村上氏が、なぜ小説家になったあと毎日 10km のジョギングで汗を絞りきることになったのか──。
あきらかに「健康な体で小説を書くため」とは思えないほど肉体を酷使する日々で、春樹氏が何を考え・見てきたのか──、が書かれています。

やはり小説家の視点──しかも頭に「一流の」が付く作家の目で見ただけに、ただたんに「何キロメートル走った」だけの記述では終わりません。短編小説集のような物語性が いくつも詰まっている。
軽く読めて深く感動できる──ハルキ小説と同じです!

ハルキ・ファンとしては、ローリング・ストーンズの『ベガーズ・バンケットを聞きながら走っている──といったトリビア的な情報も うれしい!

マラソンの上のマラソン

ウルトラ・マラソンの過酷さは圧倒的でした!
なにしろ 100km 走といえば、フル・マラソン(42.195km 走)を往復して、さらにハーフ・マラソン(21.0975km 走)近くを走る距離です。途中で給水どころか食事休憩をはさむくらいに体力を使う。
自分だったら 4 分の 1 でゾンビ状態になる。

さすがの村上氏も、ウルトラ・マラソンを主軸にして訓練を続けることは考えられないそうです。生活のすべてを走りに捧げる必要がある。
──まぁ、第三者の視点から見ると、春樹さんも十分に「マラソンの神様」を「信仰」していますけどね!

もっと過激なトライアスロンにも村上さんは積極的に参加されています。地道で長い努力──が本番で全部なくなった思わぬ失敗談は、読者の自分まで「え? なぜ……!?」とドキドキしました。
もしも自分なら、すべてを投げ出したくなる……。

アメとムチ

いつものようにハルキ流レトリックも満載です!

学校で僕らが学ぶもっとも重要なことは、「もっとも重要なことは学校では学べない」という真理である。

一方、「小説家として作品を発表する・発表し続けること」についても語られています。上の引用文と よく似ていながら、作家の志望者にはドキッとする言葉が鋭い。

小説家にとってもっとも重要な資質は、言うまでもなく才能である。

──ただし このあとにフォローとして、(村上氏自身を含めて)才能が足りない作家は どうすれば良いのかも書いてあります。むしろ そちらのほうが重要でした。

おわりに

以前からスポーツ・ウェアやシューズが好きだったことと、本作品の影響もあり、書店でランニングの雑誌を何冊かパラパラめくってみる。
すると そこには「毎朝 3 時には起きて出勤前に 15kmは走り(50km だったかも!?)──」・「200km 以上のマラソンは、150km を過ぎたあたりで疲労が限界に──」などと書いてありました。
──ファンタジィの雑誌と間違えたようだ。

[2] このページの一番上へ戻る