新米婦警キルコさん』 第 13 話 「密着! キルコさん 24 時!!」

Hiyaaah ! 愛と青春の──蹴り

ようやくキルコさんがテレビに出演です
──って このネタは以前にやりましたねー。

新米婦警キルコさん 第 10 話 - TV アニメ化で女子力共感! | 亜細亜ノ蛾

キルコさんは、作中でテレビ出演を果たしました。
同時に、彼女の過去が少しだけ明かされています。──明かされるほどに謎だらけの人生ですけどね……。

真・キルコさんの年齢

前回の感想にキルコさんは 20 歳と書きました。

新米婦警キルコさん 第 12 話 - 戦場を見つけて女子力一人前! | 亜細亜ノ蛾

──すンませんでしたー! 今回はハッキリと音無キルコさん (19) って書いてありましたね!(「キルコ・バージョン 19」という可能性あり)
このくらいの年齢の女性は、「妙齢」というくらいだから、1 年の違いを妙に気にします(そういう意味だっけ!?) 気をつけなければ、現実世界ならトンファブレードで両断されてしまう!
自分の女友だちも、今月で 29 歳から MISOJI に なりました。何か月も前から そのことを話題にしていたけれど、別に何も変わらないけどなぁ……。まるで この世の終わりみたいに考えていて、女子力高い。

キルコさんの魅力

女として化ける時には化ける点もキルコの魅力です!
──いや、今回の「顔 どうした!!?」は、気合の化粧で厚塗りしすぎて「化け物的な意味で化けている」ネタでした。しかし、自分の目には美しく写り、ドキッとする。
衝撃の「水着回」でゴテゴテーな格好をしていたキルコも、安鍵 春樹たちはガッカリしていたけれど、初々しくて良い感じでした。

新米婦警キルコさん 第 7 話 - ミスコン出場で女子力ゴテゴテ! | 亜細亜ノ蛾

この作品は、キルコの かわいさで持っています。
作者も楽しんでキルコを書いているな──という空気が誌面から伝わってくる(実際は締切に追われてボロボロかもしれないけど)。どのコマを見てもキルコが生き生きと描かれています。
とくに今回の「あなたの特集を 組ませて 頂けないでしょうか?」と言われているキルコは、しっかりと鼻筋が通っていてキリッとした表情が美しい! 直後の「タマネギ部隊顔(by.『パタリロ!』)」も楽しかった。

しかし、それだけに、「本当にイケてないキルコ」を描いて幅を出すことが今後の課題──と思ったけれど、それは あまり見たくないよなぁ……。


マーシャルマスターであり、神殺し(ジバ・ブノハン)と呼ばれ、戦女神(ヴァルキュリア)と崇められ、しかも眼帯を付けている。
──キルコは「中二病でも婦警がしたい!」ですね!

今回の小ネタ

スタッフ・ロールに注目です!
密着! ウワサの新米婦警 キルコさん 24 時!」のエンディングで、いろんな時間帯のキルコが出てくる。よく見てみると──、
眼帯を外している寝起きの顔まで映されています! 回想シーンではなくて、現在のキルコで眼帯なしは初めて登場しました(──のはず だよね?)。
さらに右端では、スカートのファスナに触れている。
──これは、キルコが着替えている場面も撮影していたのでは!? いくら「24 時」(本来なら「24 時間」だよな)だからといって、密着取材しすぎィ!
まったく、うらやましい許せませんね! こらー。


小ネタと言えば、扉絵も良かった!
AKB48 みたいな格好(よく知らない)の「流島シスターズ」が かわいらしい! この路線で音無キルコ撃鉄 知秋美倉カンナがテレビにデビューして欲しいです! (誰が一番の お姉さんなんだろう?)
──そんな機会あるのかなぁ……(連載的な意味で)。

そして扉絵の背景を見て見ましょう。
みると、おなじみの「流島デパート」や「NAGASHI MART」の ほかに、「ハモトップ」がスポンサに付いています。
──もうピンと来ましたよね?
そう、これは「ソフマップ補正」で有名な お店の「ソフマップ」が元ネタでしょう。どうせなら知秋に「神崎立ち」をして欲しかった……!
(──と書いたけれど、それなら「ハモマップ」って名前にするよなぁ……。「ミニストップ」とか別のパロディなのかも?)

おわりに

作者の平方 昌宏氏は すごい!
シリアスな内容を描きながらギャグとして見せる手法や、ちょっと感動的なスパイスの効かせ方は、「ジャンプ」のベテラン作家にも負けていません。回想シーンばかり・死体が語ってばかりな某マンガの 128 倍は おもしろい。

──それなのに、なぜ この順位なのか……。
それでも、安直なテコ入れに走らない点は評価したい。あくまでもキルコたちのキャラを生かして盛り上げようとしています。
──『クロス・マネジ』の あからさまな「もっと あざとく(カンペ)」も好きですけどね!

[2] このページの一番上へ戻る