新米婦警キルコさん』 第 19 話 「キルコだらけの突入作戦!!」

Trick gum 子どもだましも──時には有効

いよいよジン・スミスとの最終決戦が目前です!
今回は前哨戦といった感じで、「B 級映画ノリ」な ゆる~い緊張感が楽しかった。
展開される作戦も、『カイジ』のように一歩間違えば命を落とすなかでの超・心理戦──なんかではなく、ゴリ押し中のゴリ押しです。

そう! これで良いんだよ!
変にテコを入れて必要以上に お色気を投入したり、ヘタにバトル・マンガへ路線変更せずに、あくまでも『新米婦警キルコさん』としての おもしろさを探究しています。
あとは、もっと人気が出てくれば、なぁ……。

今回の残念さん

HUNTER×HUNTER』の一場面みたいな頭脳戦を思わせる展開──は前半だけでした。
撃鉄 知秋残念な胸部──もとい残念すぎる作戦には驚きです。やはり彼女は「流島レベル」でした。

まともな人間が警戒に当たっていたら、不審な人物を見かけただけで即・射撃するはずです。変装をしている分だけ、隠れたり逃げる時間が遅くなる。
それでもキルコとバレットだったら、「シロウト」相手に射撃されても余裕で かわすでしょう。しかし、ハルと知秋は穴だらけになる。さすがに元・ファントム隊員の 2 人でも、全員が無事では済まないと思う。

キルコさんの魅力

同僚の顔を立てる点も音無キルコの魅力です!
ムチャな作戦でも素直に聞いて、しかも任務を成功させる。さすがは実力派なキルコですね!
──変装していなかったら、もっとスムーズに終わっただろうけれど。

「キルコの着ぐるみを着たキルコ」は、「ミクダヨーの中から初音ミクが出てくる」的な不気味さ──もとい かわいらしさです!

ミクダヨーさん
「中の人などいない!」

今回の小ネタ

船に乗り込む前のケルベロくんに注目です!
まるでマーライオンのように美しく──吐いている。離れ小島に飛ばされたけれど、ハルは島育ちじゃないから、ボートは苦手なんですね。
その後のキルコの変装も含めて、今のところハル先輩は何一つ役に立っていないが、次回で大活躍するのかな……。


1 ページ目も小ネタが仕込んであります。
メイが挿しだしたガムをライくんが取ろうとして、指をはさまれている。
これは、「パッチン ガム」というオモチャですね! イマドキの子どもは知らないだろうから、逆に引っかかりやすいのかな。
よし! オレも街に出て試しt(タイホ

おわりに

バレットのキルコ・コスプレも笑った!
いつもなら知秋の作戦を止めそうなバレットまで変装しているのは、たんに「キルコと一体化」(意味深)したかっただけなのでは? 最近では一番ノリノリな彼でした。
小ネタ的には、「ピチピチのシャツを脱いだら、なぜかスーツ」というマンガ的お約束も美味しい! シャツを脱ぐんじゃなくて、ジャケットを着るだけで良いのに!


今週の「ジャンプ」では、『キルコさん』の直前に「グッズプレゼント 当選者発表」ページが載っていました。
そのカット・イラストは全裸の女子 2 人ですよ!
この記事の冒頭で「テコ入れとか不要やから(震え声」なんて書いたけれど──、ありがとう! 花田智也さん!
このイラストが目を引いて、全読者の 1% くらいは「『キルコ』も読もうか」と思ったら良いな。それでも 3 万人近くだし。

[2] このページの一番上へ戻る