新米婦警キルコさん』 第 21 話 「お義父さんにご挨拶!!」

_MG_8771 渡せなかった花と思いを──天に向けて

なんと、キルコの母親と父親が登場しました!
以前にも回想シーンで両親らしき存在は語られましたが、あの時は「ゆるキャラ」なイメージ映像です。今回は、はっきりとした本人の映像で描かれました。

個人的には「突然の回想」は嫌いです。
ほとんどが急に思いついた「設定の後付け」だし、「ページ数を稼ぐ」目的が見え見えで、読者の人気が集まったキャラを出して「グッズを売る」手段を臭わせるってばよ! あえて作品名は書きませんが。

しかし、今回の『キルコさん』は楽しかった!
ちゃんと意味がある回想の場面だし、主役の過去を掘り下げつつも脇役にも感情移入させる!
この作品を好きで良かったな──という回です。

安定のゲスさ

安鍵 春樹がゲスなクズ野郎のままで良かった!
「決める時には決める」主人公は、『SKET DANCE』や『銀魂』に任せておけば良い。
それに、「じつは警官らしい一面がハルにもある」という場面は、すでに出てきました(※後述)。
同じネタを繰り返すことが「伝統芸」になっているマンガとは違うんだってばよ! ……だと……!?ドン!!!!

それでいて一線を越えない点も好印象でした。
タマルは本当に揉んでいた(この作品では初めての描写!)のに、ハルは「やばいと思ったが、性欲を抑えきれなかった」──とは ならなかった。
男性は死を悟るとアレがナニする(『シグルイ』を参考のこと)のだから、ファントム隊長の必殺技を目の前にして暴走しても不思議ではありません。
ところが、キルコの肩より下をハルは触れていない。
──「ファントムよりもキルコのほうが危険」だと本能的に感じ取ったのかも。しかし、キルコに対してハルは一度もセクハラ行為をしていないことは事実です!

あと、けっこう本気で命を取りに行っているファントム隊長の攻撃を、ハルは一度も食らっていない。
「ギャグ・マンガだから」と言えば終わりだけれど、「回避能力だけは ずば抜けているハル」という伏線なのかも!?
その伏線、生かせる回はあるのかな……。

キルコ視点で見る

一方、キルコ側から見ればファントムとの間にハルがいて、「大好きな先輩に守られている」ような体勢に なっています!
白兵戦が専門の彼女は、意表を突かれる戦法を戦場で数々見てきたでしょう。だから、「キルコを人質に取った」と思わせて、けっきょくは彼女を守るためのハルの作戦だった──と彼女は思ったに違いない!

そんな尊敬するハル先輩に、肩を抱かれたまま(※重要!)「直接的な行為」を公言されました!
直前に「(ハルの家に)嫁ぐ時」を想像して照れていたぐらいだから、イヤな思いはしなかったはずです。
ウェディング・ドレスを着てハルの隣に並び「お義父さん」に祝福される姿が、キルコの脳内には浮かんでいたに違いありません!
下の「おわりに」で書いた想像が当たりそうかも?

新米婦警キルコさん 第 18 話 - ザコい先輩に女子力ゴリ押し! | 亜細亜ノ蛾

御役御免のバレット

「キルコの お父さん役」は、以前はバレットでした。
しかし、やはり育ての親ならファントム隊長には勝てません。バレットは「キルコの お兄さん」くらいかな。
このままハルはキルコと くっつくしか道はない(確定)けれど、義理の父と兄が毎日のように押し掛けて「教育的指導」していきそうだな……。

見えない顔

以前、美倉 カンナをハルが交通事故から救いました。
ほぼ唯一、ハルが警察官らしい活躍をしたあの時にも、カンナの顔は読者に見ていない。今回のキルコも、ハルが離れるまで表情が確認できません。
ほとんどのコマで同じ顔をしていない「百面相マンガ」なのに、なぜでしょうか?

新米婦警キルコさん 第 3 話 - 子どもにも人気で女子力 10 倍! | 亜細亜ノ蛾

カンナもキルコも、男性に触られることは不慣れです。
ポンコツ警官として下に見る態度(カンナ)や先輩としての好意(キルコ)があり、突然の状況による戸惑いもある。

そんな何もかもが入り交じった表情は、「絵にも描けない」でしょう。そのため、読者に想像させる余地を残した──と見ました。
もしも描くとしたら きっと、キルコの場合は いつもの「>◇<」という顔になるだけです。それだと、せっかくの「シリアス風でゲスな決めゼリフ」が台なしになったかも。

キルコの両親

ファントム隊長の過去話が切ない……!
NTR」の 3 文字で済ませるには、ちょっと悲しすぎますね。

回想に出てきた(おそらく)キルコの母親は、前後の会話から「音無トウコ」が本名でしょう。
「サイクロくん」こと「タマル」は、「田丸」という名字なのかな? トウコをわざわざ「日本人」と呼んでいるから、タマルは外国人かもしれません。ナイフに刻んである「CYCLOPS」が彼の名字だったりして。
いずれにせよ、トウコとは婚約者のままで、結婚の前にタマルは亡くなったから、「音無」キルコなのでしょうね。

新米婦警キルコさん 第 10 話 - TV アニメ化で女子力共感! | 亜細亜ノ蛾

ファントム隊長の元?

正装で戦う片目の姿なファントムは、『KOF』シリーズのルガール・バーンシュタインを思い出しました。しかし──。
このブログの感想で書き忘れたけれど、今年の お正月企画で、「ジャンプ」の「海賊マーク」を絡めたネタを各マンガで描いています。『キルコさん』では、「隻眼の海賊」は「キルコの お父さん」という設定のネタでした。
──ファントムの元ネタは あの海賊なのかも!?

キルコさんの魅力

師匠思い・父親思いな点も音無キルコの魅力です!

キルコの父親・タマルのことは、すべてファントムからキルコは聞いたのでしょう。いまでも父親のことを好きなキルコを見れば、タマルを良い人間だったとファントムは語っていたと分かる。
恋のライバルだった人間のことを、その娘に対して良いように話すことは、なかなか むずかしいと思う。それだけファントムにとってもタマルは大事な戦友(とも)だったのですね!

師匠・ファントムは老後の世話まですると以前に言い、今回は あらためて「大好き」とキルコは伝えています。
キルコの まっすぐな目と心が美しい!

今回の小ネタ

必殺技の溜め」を作った場面で、前回よりも大胆にキルコが露出している!(ごくり……)
──例によって、「眼帯が丸見え」なだけですケド。

新米婦警キルコさん 第 20 話 - 遊びも本気で女子力訓練! | 亜細亜ノ蛾

タマルの左目は不明だけれど、トウコには両目も まゆ毛もありました。
つまり、キルコに眼帯が必要なのは、遺伝ではないでしょう。まゆ毛ごと戦争で失ったのかな……。
というか──、『めだかボックス』の某キャラと同じで、キルコも「え? キャラ付けですけど?」とか言いながら眼帯を外して、あっさりと両目を見せたりして。

おわりに

新人作家のネタ殺し王子」こと『SKET DANCE』先輩と、またもや「嫁ぐコント」ネタで微妙にカブっていましたー。
楽しく感想を書いているぐらいだから、個人的に『スケダン』に恨みなんて あるわけがない。でも、五寸釘とワラ人形を夜な夜な持ち出したくなる新人マンガ家さんは多いんじゃないかな……。それくらい、ネタが多彩すぎる!
それは さておき──。


今回の話でも、じつに『新米婦警キルコさん』らしさが出ていて おもしろかった!
もっと「『ジャンプ』らしくバトル・マンガ路線」にも変えられたし、もっと「『ジャンプ』らしくラブコメ路線」にも できたはずです。
でも、それは作風と合いません。
このまま作者らしさを出し続けて、『めだかボックス』と一緒に「終わる終わる」と言われながら 50 巻くらい長引いて欲しい!

[2] このページの一番上へ戻る