• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

暗殺教室』 第 47 話 「ビジョンの時間」

NYC - AMNH: American Bison and Pronghorn Antelope 彼らなら──勝利が見えていそう

前回のラストは驚きましたが、今回は それ以上です!
ぬるぬるしたヌルい話が続いてきたけれど、ここで作者が牙をむいた──と思わせる展開でした。

タイトルの「ビジョン」も興味深い。
スポーツ・マンガやバトルもので語られるような「勝利論」でした。『暗殺教室』も「友情・努力・勝利」が三本柱の作品──なのかなぁ……。

さらなる改造と調整

堀部イトナは、殺せんせーと同じ触手の力を持っていました。そのため、先生と同じ弱点で攻撃されると弱い。

暗殺教室 第 31 話 「苦戦の時間」 兄思う心にまさる兄心 | 亜細亜ノ蛾

殺せんせーの最大の弱点である「水」を前回の襲来時に利用しなかったのは、作者が まだ決めていなかった(それだ!)──のではなく、イトナにも影響が及ぶからでしょう。
イトナの触手が 変わったから、水も弱点ではなくなっている──と考えられる。それ以前に、殺せんせーの場合は「全身が水に弱い」けれども、イトナは「髪が ふやける」程度で終わるのでは?

イトナの目が変わったことも気になる。
いままでもイトナは、マッハ 20 で動く殺せんせーを見逃さなかった。さらに上の眼力を手に入れたのだろうか。
シロが髪型の件には触れているのに、目には言及しなかった点も あやしい。例の「対 殺せんせーイカサマ光線」を目から出して、動きを止められるとか!?

イトナの人柄

いまだにイトナの性格が つかめません。
以前に赤羽カルマに絡んだ時や、今回の寺坂 竜馬に話した「ビジョン」からすると、強くなること・勝つことだけに興味が あるらしい。だからシロの調教にも無言で耐えている──のかな(調整中の画像 早よ!)。

でも、それだけの人格だったら、わざわざカルマや寺坂に ちょっかいを出しません。「かまってちゃん」ならぬ「かまいたガール」に見えます(またもや少女説!?)。

暗殺教室 第 29 話 「転校生の時間・二時間目」 晴校雨殺 | 亜細亜ノ蛾

薬の効能

またもや都合の良い薬品が登場です!
教室内に散布したスプレー缶は、触手生物の 感覚を鈍らす 効果があるとのこと。

前回の寺坂は、最後にプールにも薬剤をまいていました。上記の缶と同様に生徒たちには影響がないようだし、放流で流れてしまったと思うけれど、まく意味は あったのかな?
それとも まだ水中には薬が残っていて、殺せんせーが防護服を着て飛び込んでも無効化にする──という可能性が高い。

本性をさらすシロ

シロの外道さにビックリです!
てっきり殺せんせーだけに攻撃を仕掛けるかと思っていたら、あっさりと生徒を巻き添えにする。
100 億円もあれば、遺族への賠償も余裕ということか……。
いや、そもそも すべて寺坂の犯行に見せかけるのかも。イトナを作り出す技術力と財力があれば、中学三年生など手玉に取れる。

すべて計算した上での計画という可能性はあります。
殺せんせーが助ければ被害者は出ないし、そして必ず助けるだろう──と。
かつてのカルマが、自分の身を投げ出して殺せんせーを試した時と、少しだけ状況が似ている。犠牲にする対象が自分か他人かで、意味は大きく異なるけれど。
殺せんせーの命を奪うには生徒の命が必要なのか……。

暗殺教室 第 6 話 「二択の時間」 空に浮かぶクモのよう | 亜細亜ノ蛾

級友を思う者

今回も潮田 渚はナレーション役でした。
あれだけ同級生たちから嫌われている寺坂を気にかけているところは、いつも優しい渚らしい。

胸騒ぎの せいか、最後のプールに渚は いなかった。
この点は伏線のように思えます。殺せんせーが大ピンチに陥ったところを渚が助ける──とか?
ただ描いていないだけで、次回は溺れていたりして。

今日のビッチ先生

最近のイリーナ・イェラビッチは、お色気もギャグも封印されています。
烏間 惟臣とイチャイチャ・ラブラブの夫婦マンザイでも職員室でヤっている(意味深)のかと思ったら、ごく普通に E 組の教室で弁当を食べている。烏間から追い出されたのかな。
同じカップの飲み物が いくつか置いてあるところを見ると、ビッチ先生が みんなのためにスープを作ってきたのでしょうか。苦手だった接近戦の暗殺術も克服したイリーナだから、何か国もの家庭料理が作れそう。
(近い)将来は(烏間の)イイお嫁さんに なりそう!

おわりに

まだ「シロは美少女説」を捨てていません!
「触手に水をあげて育てているシロ」(育つのか!?)のデフォルメ絵をよく見ると、シロは内股で立っている。
また、寺坂の肩に手を置いたり手を握ったりという動作も、なんだか女性っぽい。
これからも疑い続けます!


題名は「鹿を逐う猟師は山を見ず」から借りました。
「師」は殺せんせーだと すぐ分かる。でも、「仲間」とはクラスメイトなのかシロたちなのか、あいまいなところが気に入っています。

[2] このページの一番上へ戻る