• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

暗殺教室』 第 48 話 「実行の時間」

sharkana ただ美味しい──それだけでいい

堀部イトナは誰よりも強くなることにしか興味がない。
普通だと この手のキャラは、ハンディキャップを嫌い、相手と同等か それ以下の状態で戦うことを望む。

ところがイトナは、シロの策略で普段よりも極端に弱体化した殺せんせーとでも、どっちが強いか改めて決めようとします。
まるで『ジョジョの奇妙な冒険』に出てくるカーズのように「勝てばよかろうなのだァァァァッ!!」な考え方をしている。
敵キャラにありがちな油断も慢心も ありません(バナナを食べているのは栄養の補給と考えよう)。
だから強いし、恐ろしい……!

戦闘中なのに、敵と味方が楽しく昔話に花を咲かせている某・マンガとは大違いだってばよ

マッハでは実行できないこと

現役女子中学生柔らかな肉体ぬめぬめした触手優しく拘束する……だと……!?
最初に助けられた女子は、目が特徴的な不破 優月だと思われます。
着地したコマで髪の毛が逆立っていて、なんだか 80 年代の■リなアニメに出てくる女の子みたい。よく見ると、彼女も茅野カエデと良い勝負をする上半身ですね!(どの部位が?)

隣にいる男子は磯貝 悠馬かな?
まるでトラブる上等! な「無人島で 2 人きり」に見える一場面でした。
そんな場合じゃないけれど。

最大の急所

殺せんせーの急所は「心臓」らしい。
人間と同じ位置にあって同じ役割とは限りませんが、頭部や触手が普段から無防備である以上は、胴体の真ん中にあると見て間違いないでしょう。イトナも胴体に攻撃を集中している。

そう言えば、いままで殺せんせーの急所は不明でした。
「対 殺せんせー用素材」を短期間で開発した超・優秀な日本政府なのに、なぜかバクゼンと「BB 弾で撃ったりナイフで切れば勝てる──かなぁ……」みたいな情報しか E 組の生徒に伝わらない。不思議な話です。

それなのに、シロは何でも知っている。
もともとは人間だった殺せんせーが今の姿になった経緯も、シロは熟知していそうです。いったい何者なのだろう?
そして、もしもイトナが「超・生物を倒せる超々・生物」になったときに、そんな危険な生き物を世界の首脳たちは生かしておくだろうか?

自分の するべきこと

寺坂 竜馬は、最後まで格好悪いままです。
しかし、自分が弱いことを認めて、頭の良い奴に操られる運命を真正面から受け入れました。赤羽カルマの言うとおりに動くなんて、元・ガキ大将には かなりの勇気が必要だったでしょう。

作中では「E 組の生徒には未来がない」といった描写です。
しかし、そもそも椚ヶ丘中学校に入れた時点で、トップから数えた方が早いくらい優等生だったはず。寺坂だって、勉強ができたから入学できました。

まだまだ中学三年生で、もう将来の生き方を決めつけるには早すぎます。もっと いろんな人生経験を積んで、自分の頭で 何したいか 考えたら良いでしょうね。
来年以降も地球が存在していたらの話だけれど……。

おわりに

"胸騒ぎ"の せいか、最後のプールに渚は いなかった と前回の感想で書いたけれど、1 コマ目から見せつけるように潮田 渚が溺れています。何の伏線でもなかったのか……。

暗殺教室 第 47 話 「ビジョンの時間」 師を追う龍は仲間を見ず | 亜細亜ノ蛾


ぽっちゃりが売りの さんや、(元?)不良グループの吉田 大成は、ほかの生徒に比べて助け方が ぞんざいに思えるけれど、きっ、気のせいですよね……。


今日の題名は「悪事千里を行く」から取りました。
現代の日本では、「悪事」の部分が「著名人のスキャンダル」で置き換えられそうです。誰が結婚したとか離婚したとか浮気したとか、ドーデモイーようなクソクダラネーことがツイッターのタイム・ラインで 1,000 リツイートされて ひた走っている。

寄生獣』のミギー
心に余裕(ヒマ)が ある生物 なんと すばらしい!! ──かなぁ……」

[2] このページの一番上へ戻る