• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

松井 優征 『暗殺教室』 8 「チャンスの時間」

Smith 一丁の銃で──機会を得るか命を失うか

記念すべき第 8 巻です!
何のことかと言うと──、潮田 渚が ようやく本来の姿を取り戻したのだ! このブログで しつこく言い続けてきた甲斐が ありました(?)。
そりゃ、カルマを見つめる目も熱くなる(意味深)。

第 8 巻の見どころ

まずは本編が見どころだらけです!
イリーナ・イェラビッチはプロの大人の女性として輝いていたし、不破 優月彼女独自の特性を生かし、赤羽 業は過去の敗北を成長の肥やしにしました。
そして茅野カエデは巨■に恋心が芽生える……か!?

渚の女装──もとい「男装を解除」は言うまでもない(断言)。第 66 話 「女子の時間」のオマケで、「違法薬物」と合わせて潮田の着替え(かわいい)を描き、「ダメ。ゼッタイ。」とセリフを付けて。
女の格好──止められない──あっ・・・(察し)


なんと、桂木 弥子も描かれました!
本編でも さりげなく(棒)宣伝されていた『魔人探偵脳噛ネウロ』のヒロイン本人(現役の女子高校生)が、「私がひたすら 拷問されます」と紹介している……!
今回の潮田にモヤモヤしつつも踏み切れないアナタは、ぜひ安心して『ネウロ』をお楽しみください!(そんな作品だっけ!?)


あと「『ぬ』のハンカチ」ネタにも触れていました!
くわしくは第 64 話 「拘りの時間」の感想をご覧いただくとして、『ボボボーボ・ボーボボ』を「伝説のギャグ漫画」として語っている点が興味深かった。

このブログの感想記事

おわりに

題名は「鉄は熱いうちに打て」から借りました。
──まぁ、「原型あらへんがな!」な感じですが。
チャンス(機会)に関する成句は多い。その中でも これは知っている人が多いでしょうね。あまりにもメジャすぎて、たとえばマンガの決めゼリフには使いにくいけれど。

[2] このページの一番上へ戻る