• 投稿:
  • カテゴリィ:

松井 優征 『暗殺教室』 9 「衝撃の時間」

Untitled この風景が──来年も見られますように

ついに潮田 渚が、あの必殺技を使う……!
そんな完全にバトル・マンガ展開から第 9 巻は始まります! もともと「地球を滅ぼす超生物を倒せ!」な「中二病的バトル物」として連載開始しましたが(!?)、とうとうアリガチな展開に堕するのか……。
──といった心配は無用でした! もはやギャグすれすれな「能力バトル」に流れることなく、あくまで『暗殺教室』らしくラスボスとの戦いを描いています!

第 9 巻の見どころ

この巻は、渚から始まり竹林 考太郎に終わりました。

その合間に、いくつもの恋愛が花を咲かせ──ないままツボミに戻っています。とくに、イリーナ・イェラビッチの「殺白(ころはく)」は、普段の彼女こそ演技と思わせる悲惨さでしたね……。

一番ビックリしたのは、巻末のクイズです!
第 5 巻から第 8 巻までの 4 連クイズで前原 陽斗を「殺っちまった」犯人を明かしていますが──、彼女の犯行とは驚きました! 自分は前巻の問題が解けなかったから、まさに「衝撃」の回答ですよ!
なるほど、もう一度 読み返してみれば、第 74 話 「怖い時間」で彼女は前原とペアを組んでいるし、第 79 話 「支配者の時間・2 時間目」で(竹林の?)イメージでは真正面から前原に抱きついている(ように見えた)。
たぶん、自分がボンヤリと読んで(彼女自身と同様に)恋心に気がつかなかっただけで、クラスの みんなには周知の事実なのでしょうね。前巻までにも、彼女と前原が接近している場面が あるのかも。


個人的に「押し暗(殺者)」な不破 優月も良かった!
コミックス描き下ろしのプロフィールを見て、不破に少年誌・青年誌を見せた場合の反応に萌えます! いったい彼女は青年誌のナニを見たのか、小一時間×24 くらい問い詰めたい!(はあはあ)
──まぁ、「大学生くらいの初恋で あっさりと男慣れして急激にレベル・アップ」しそうなタイプですけどね(偏見)。

このブログの感想記事

おわりに

題名は「足下から鳥が立つ」から借りました。
「──雉(きじ)が立つ」とも言うようですね。現代ではキジを見る機会が少ないから、こちらのほうが衝撃的でしょう。ただ、「キジって何?」という人も多そう。

第 76 話 「衝撃の時間」の「衝撃」には、E 組を抜ける生徒も含まれている。しかし、自分は(ようやく本名が明かされた)ロヴロ・ブロフスキと「死神」との接触のほうがショックを受けました。
殺せんせーの隣にも死神は立つのか──?

[2] このページの一番上へ戻る