• 投稿:
  • カテゴリィ:

暗殺教室』 第 95 話 「間違う時間」

In Memory of Missy 誠意ある気持ちを──素足で踏みつぶす

早くも また人気投票か?
──と思わせるほど殺せんせーが一人で興奮しまくる冒頭でした。ムダに暑苦しいけれど、作中では残暑も過ぎ去った 10 月なんですよね。これから蒸し暑くなる現実世界からすると うらやましい……。

熱さも軽く受け流す

どこか皆 落ち着かない 様子の理由が面白かった。
いや、地球の危機なので笑い事ではありませんが──、「ヌルヌルした超生物が増殖して囲まれている状況」それ自体は慣れてしまっている。将来の E 組の生徒たちは、たいていのことでは驚きませんね。

女心と秋の空と触手

イリーナ・イェラビッチが かわいかった!
見た目どおりにビッ■で痴■──ではなく、真剣に恋した相手には純情というギャップが良い。その恋心が報われる日は遠そうだけれど、なんとか「カタブツ」を柔らかく包み込んで欲しいです(性的な意味で──はなく)。

なにより、殺せんせーがグッジョブでした!
イリーナと烏間 惟臣との仲をさりげなく深めさせようと しています。そもそも今回、生徒たちにプレゼントを贈ろうと烏間が考えたのも、殺せんせーの影響に違いない。

開拓精神の真相

みなさん、岡島 大河の策略に お気づきだろうか?
「街なかでフリーランニングをする危険性」という話の流れだったし、リーダを気取って岡島は先頭を走っていたから、生徒(と読者)は疑いもしなかったけれど──。

ヒント: 女子がスカートでジャンプ

もしも次回があれば、岡島は最後尾に決まっている!
エロい事じゃ ないでしょーね」と警戒していた片岡メグは、さすがに鋭い!

怒りと悔しさ

生徒に激怒する殺せんせーは第 1 話 以来です。
そんなに怒るほど、生徒たちが身につけた 力に酔い弱い者の 立場に立って 考えることを 忘れ、弱者を傷つけることを殺せんせーは許さない。

──暗殺者の才能を発揮した潮田 渚には喜んだのに。

そもそも「自分自身を暗殺させる指導」という大いなる矛盾を最初から抱えた作品です。それだけに、この「強く なりすぎた力の使い方」はキッチリと描いて欲しい。
次回の「テストより 優先すべき 勉強」に その答えが あるのかな?

かつてない謝罪

イイ感じだったのに、最後でブチこわしです!
国家機密どころか作中では地球最大の秘密である「百億円の 賞金首」が自分から顔をさらしちゃったよ!
旭日旗を身にまとってキムチを踏みつぶしながら『さーせんしたー!(でへべろー☆』と謝罪する」みたいな台無し感です!

これって──松方さんが、次回には社会的にサヨナラしてない……よね……?(代わりにクマの ぬいぐるみがベッドに置いてある)

おわりに

題名は「弘法にも筆の誤り」から借りました。
り」と「り」は間違いやすい(誤変換しやすい)言葉です。タイトルは「中学生が不得意な謝罪をした」という意味だけれど、合っているかどうか微妙な線を狙いました。
あと、「弘法筆の誤り」と記憶していたので、まず そこから誤っていましたね。

[2] このページの一番上へ戻る