• 投稿:
  • カテゴリィ:

暗殺教室』 第 117 話 「珍客の時間」

Mont Blanc Faux Cupcakes かわいい顔をして──甘いだけじゃない

椚ヶ丘学園祭は、いわば同窓会と化しました!
前回のリュウキユウジを初めとして、まさか出るとは思わなかった脇役キャラたちが押し寄せてきます。人の命を湯水のように使うわりには、(生き残った)登場人物を大事に使う松井優征先生らしいですね!
にぎやかで、懐かしく、そして殺伐とした山の上の店です。──よくよく思い返してみると、大体が殺せんせーか E 組の生徒に恨みがある面々だよな……。

才能の生かし方

渚は、男心をくすぐるツボを熟知しすぎています!
女子(?)中学生に「見えないとこで こっそり食べよう」なんて言われたら、色々期待して当然ですよ! しかも、なにげに難易度の高い「女の子座りぺたん座り)」まで習得している……!
トドメは、うわべとか ごまかしの 造り笑顔を見抜くユウジと向かい合って、女の子だと思わせ続けたところです!
これこそ渚の「いやらしい 環境が育てた 望まぬ才能」ですが、レベルが高すぎる!


潮田の母親・広海とは大違いです。
広海は、男性だけではなく人の心をつかめていません。いつも自分の都合と理想を押しつける姿は、まるでオレを見ているようで痛々しかった……。

渚は、そんな母親を反面教師にして育ちました。
今回のように ひとりの男を本気でホレさせるだけの魅力は、ある意味では母から学んだのですね。親に感謝!(日本のヒップホップ?)
──魅了する対象(性別)が間違っていそうですケド。

ボンボンの使い所

法田ユウジの正体に驚きました!
たしかに、「金持ってる ボンボン」「食いっぷりも 良い」「料理の写真を撮っている」というヒントは盛り込まれている。それでも、有名なグルメブロガーだとは想像も しなかった。

ユウジひとりが どれだけ渚のために つぎ込もうとしても、料理だけでは限界があります。それこそコスプレ撮影会デートまで行かないとムリでした。
なんのためにユウジを登場させたのか──と考えたら、前回の時点でボンヤリとは予想が つきましたね。
またもや作者に やられた!(満面の笑みで)

恋の結末

ユウジの戦いはこれからだ!(打ち切りフラグ)
彼が言う「自分が アホらしく 思えてきた」とは、「女装した(男の娘の)渚に恋をしていたこと」では ありません! 親の七光に対する後ろめたさを恥じたのでした。

そう、ユウジは「客」だけに、「チン」程度では恋をあきらめませんよ! 渚との恋を成就させることで、真に「人生観が 変わりました」と言えるでしょう!
金さえあれば、同性で結婚できる国へ移住も可能です!

暗殺者の集い

レッドアイの再登場にもビックリしました!
死神の手加減によって)ロヴロが一命を取り留めたから、十分に想定の範囲内でしたが──。
E 組に集まった ほかの殺し屋たちと同様に、「殺せんせーの暗殺をあきらめた組」だから、物語的に不要ではある。そのため、レッドアイは「(命を)なかったこと」に されても不思議では なかった。

おわりに

金持ちが売りのブロガは、少年誌では珍しい発想です!
筒井 康隆原作の(それとも深田 恭子主演で有名な?)『富豪刑事』に似た設定で、「(大)金を使うこと」自体に なぜか罪悪感を感じる庶民の感覚を逆手に取っている。
富豪刑事』にしてもユウジにしても、甘やかされた 小遣いだって 自分の武器だと開き直って皆の役に立てようとする意志が大切ですね!

底辺の人たちとは生まれも育ちも脳も違うのです……。


題名は「魚と客は3日経つと鼻につく」から借りました。
英語圏の ことわざらしいですが、詳しい説明は調べていません。でも、一読するだけで意味は分かりますよね! 「客 ことわざ」で検索して鼻──もとい目に付いたので引用しました。
そして、ちょうど現在の『食戟のソーマ』の題材ともビミョ~に重なっている。

[2] このページの一番上へ戻る