• 投稿:
  • カテゴリィ:

松井 優征 『暗殺教室』 13 「進路の時間」

Knife 4 卒業後も──相棒となるか

烏間 惟臣 vs.「死神」戦も大詰めです!
化け物同士の戦いに、イリーナ・イェラビッチも関わってくる。いつものシリアスと笑いの絶妙なバランスに、ラブ・ストーリィも楽しめる話でした。

潮田 渚の母親登場に進路相談・学園祭──と盛りだくさんの 13 巻です!

第 13 巻の見どころ

死神戦は、終わったあとも面白かった!
いちだんと仲が深まったイリーナと烏間は、今後が気になるコンビです。さすが、本作品で一番 2 人きりで描かれたカップルですね! (参照: 『名簿の時間 暗殺教室 公式キャラクターブック』)

シロが言う「死神の正体」も見逃せない。
最終兵器」とは死神のことなのか、それとも別の兵器なのか──。


渚の進路も興味深い。
「現時点では E 組で一番の暗殺者」である潮田だけに、殺し屋という選択肢も あるのでは──と思わせる。それは、「殺せんせーは本当に『暗殺者』を育てたいのか?」というテーマにも繋がります。
しかし、あの母親──潮田 広海が許さないでしょうね。まあ、赤羽カルマが言うように、モロッコ or タイかなぁ……。

カルマの進路は、じつに彼らしい!
いつも「上から目線」なカルマだけに、日本全体を客観視しています。寺坂 竜馬中村 莉桜と一緒に、日本を裏から表から牛耳る姿が見えてくる。


菅谷 創介の人物紹介が格好良い!
まず、紹介文がロックしている! そして、描きおろしのイラストは、まるでラスボスのような貫録です! 本当のボスは【自主規制】なのに……。
E 組の中では勉強の苦手な菅谷ですが、大好きな美術のためならサッサと高校受験──どころか大学受験の分まで終わらせそうです。
モテ男と言えば前原 陽斗ですが、菅谷も かなりの有望株に見える。優しくしてくれそう! でも、ヒモ男に なる確率は、菅谷のほうが高いかもなぁ……。

このブログの感想記事

おわりに

題名は「待てば海路の日和あり」から借りました。
まったく原形が無いし、渚の状況からすると待っていては自分の人生が選べません。やはり、女装した男の娘しか道は無いのか!?(ガタッ


松井優征先生は、本当に狂気の描き方がウマい!
とくに、「普通そうに見える狂人」を描かせたら天下一品です。一目見たときからヤバそうな人よりも、急にクレイジィな表情を出す人間のほうが恐い。
その真骨頂は、しばらく先に登場する──。

[2] このページの一番上へ戻る