• 投稿:
  • カテゴリィ:

暗殺教室』 第 131 話 「浸蝕の時間」

Flame Girl 憎しみは相手を焼き──自分の身も焦がす

今週号の巻頭カラー表紙を飾りました!
映画版の公開に合わせた表紙は、手描きイラストと 3D CG の殺せんせーが肩を並べています。帽子のヒモの位置がズレていたり、質感が異なっていたり、それぞれの差違が目立っている。
「映画と原作は違うモノとして楽しんで欲しい」というメッセージ──とは考えすぎでしょうか。

タイトルのカラーは時代劇(?)でした。
神崎 有希子倉橋 陽菜乃速水 凛香が、ごく自然に(棒)悩ましいポーズを取っています!
しかし──、アニメや単行本の宣伝が絶妙な位置にあって隠れている! 雪村あかりレベルの殺意に目覚めそうです!

色めくグロテスク

カラー・ページの あかりが毒々しい!
頭身バランスを(わざと?)崩し、人形のように細すぎる手足・腰つきに描かれています。それは白黒のページでも同じはずなのに、不思議と色がつくとバランスの奇妙さが目立つ。
言ってしまえば、松井優征先生は「とても上手な絵」とは反対の方向ですが、作風には完全に合っている。

さらに、影を利用して(映像で言えば「照明を利用」して)どす黒い表情の あかりが恐ろしい。素っ気ない塗り方が逆に狂気を強調しています。
たとえば、この 1 ページ目を小畑 健さんが描いたら、「きれいな絵だな」で終わった かもしれません。

当事者いわく

同級生たちは「茅野カエデ」の変化に戸惑っています。
正体が分かった あかりのことを「茅野」「カエデちゃん」と呼び続けている。「雪村あかり」と呼ぶことに抵抗があるのでしょう。

一方の あかりはどうか?
あかりが憎んでいるのは、「姉を殺した」殺せんせーだけです。椚ヶ丘中学校や E 組には恨みも何も無いはず。
──そう、あかりにとって E 組の生徒は、殺せんせーを倒すための踏み台でしかない。何の感情も無かったのです。ずっと一緒に勉強してきた仲間を「部外者」と呼ぶ。その態度が証拠です。
あかりの興味は姉のカタキ討ちにしか無い。

寄主は どちら?

戦う あかりは、美しくも悲しかった。
精神が 触手に浸蝕 され始めている あかりは一見すると「暗殺を楽しんでいる」に見える。しかし、茅野カエデが今までに見せた表情とは まったく違う。

あかりは、文字どおりに命を燃やして「炎の触手」を操っています。いや、逆に触手が あかりを操作しているに違いない。
人間の脳に寄生して浸蝕する触手には、意思が あるように感じます。自分の活動範囲を広げるために宿主の壊し続ける存在は、まるで がん細胞みたいだ。
こんな事が… 本当に茅野が やりたかった 暗殺なの?」という渚の疑問は、「茅野カエデ」自身も思ったことでしょう。

食と蝕

タイトルには少しだけ違和感が ありました。
一般的に使われる「浸食」ではなく「浸蝕」の字を使った理由は何だろう? どちらかと言えば、「浸蝕」のほうは「自然災害」の印象が強い。
おそらく、「触手に蝕まれる(むしばまれる)」あかりを表わしているのでしょう。たしかに、「食われる」という感じには見えません。

おわりに

題名は「塩が浸む」から借りました。
この言葉での「塩」とは「苦労、辛苦」の意味です。つまりは、「世間の苦労が身にしみる」という言葉になる。
今回のタイトルの「潮」は、潮田 渚を表わすと ともに、「高まったり静まったりするもの」の意味を含めました。

あかりのなかで感情が揺れ動いている。
最後には「ころして …たすけて」と心のなかで つぶやきました。堀部イトナの推測が当たっているのならば、もう あかりを救う手段は存在しないのか……。

[2] このページの一番上へ戻る